Nゲージマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nゲージマガジン
Ngauge Magazine
愛称・略称 Nマガ、NM
ジャンル 鉄道模型誌
刊行頻度 年2回(夏・冬)刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 機芸出版社
雑誌名コード 06456
刊行期間 1984年 - 2015年
特記事項 前身のPLAY MODELは1978年創刊、雑誌名コードも同じ

Nゲージマガジン(エヌゲージマガジン)は、機芸出版社から1984年から2015年まで発行されていた日本鉄道模型雑誌。1978年より刊行された前身のPLAY MODEL(プレイモデル)についても本項で扱う。

概要[編集]

機芸出版社の発行する鉄道模型雑誌『鉄道模型趣味』の増刊という形で、1984年から2015年まで毎年7月と12月に発行されていた。判形は『鉄道模型趣味』本誌より横幅の広いAB判である。『PLAY MODEL(プレイモデル)』時代も年2回刊であったが、判形は『鉄道模型趣味』本誌と同一であった。

歴史[編集]

1978年夏より、機芸出版社はNゲージ鉄道模型に特化した『PLAY MODEL(プレイモデル)』を年2回、夏と冬に『鉄道模型趣味』の増刊として発行していた。同誌は1983年までに全12号が発行されたが、1984年にリニューアルされ、『鉄道模型趣味』より独立した雑誌の『Nゲージマガジン』として判形を改めた。

鉄道模型趣味2015年12月号に、2015年12月10日発売の64号を以って休刊との告知がされ、そのまま休刊した。

内容[編集]

TMSコンペティション(車両工作)やレイアウトコンペティションに出品された作品の制作記を中心に収録するほか、工作のヒント、実物の鉄道施設の紹介なども掲載している。末期にはレイアウト製作記事が多かった。

絶版となった旧号については、再録集成したものが『Nゲージマニュアル』(単行本)として9号まで刊行されていた。 『PLAY MODEL』については、『NゲージBOOK』1-3号にまとめられている。

類似雑誌[編集]

これら2誌と比較し、Nゲージ鉄道模型に特化した雑誌としては、当誌が最も発行期間が長かった。

関連項目[編集]