ユニトラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Nゲージ用ユニトラック。手前が現行の製品、奥は1998年以前の製品

ユニトラックUNITRACK )は、鉄道模型線路システムである。

本項では姉妹版のユニトラムおよびユニトラックコンパクトについても記述する。

概要[編集]

KATOブランドで発売される関水金属鉄道模型線路である。構造は、線路の下の土台部分が一体となった「道床つき」で、あらかじめ曲線半径や円弧の角度、直線の長さが決まっている「組み立て式」が採用されている。Nゲージ用とHOゲージ用の2種類が存在する。

線路同士の接続は『ユニジョイナー』と呼ばれる専用の継手が使用されるため、『ユニジョイナー式線路』とも呼称される。ユニジョイナーは関水金属以外では、ドイツのティリヒから発売されているTTゲージ用線路にも採用されている。

歴史[編集]

  • 1980年 - 日本で発売後、アメリカ合衆国イギリスなどでも発売された。発売当初は、Nゲージ用のみで、道床が茶色であった。
  • 1988年 - 道床を灰色に変更し、HOゲージ用の線路も発売された。このリニューアルが評価され、翌1989年にユニトラックはグッドデザイン賞を受賞した。
  • 1998年 - Nゲージ、HOゲージの各種発売形態の見直しに伴い再度リニューアルされ、道床が塗装から多色成形に変更され、それにともない色調も変更された。
  • 2011年 - ユニトラックの路面バージョンとして「ユニトラム」が発売開始された。
  • 2012年 - ユニトラムにある小半径のカーブレールをユニトラックにフィートバックする形で、「ユニトラックコンパクト」との商品名で、ユニトラックでも小半径のカーブレールが発売開始となった。この小半径のカーブレールはR117、R150、R183の3種類がある。

特徴[編集]

  • 基本的な直線レールの長さは124mm。これはKATOが最初に発売したNゲージ鉄道模型国鉄オハ31系客車の車体長を基準としている。標準複線間隔はユニトラックでは33mmであり、道床が大きいこともあって列車のすれ違いに迫力を持たせている。またユニトラムの標準複線間隔は25mmとし、より実感的な軌道中心間隔を実現させている。
  • 取り外し可能なユニジョイナーは電気的、機械的に確実に接続する。
  • 世界初採用の道床完全内装ポイントマシン。
  • コネクターによる制御機器との確実な接続。
  • 多色成形による道床のバラスト表現(1998年製造分から)。
  • 米国マイクロ・トレインズ社規格のアンカプラー線路(連結器自動開放セクション)をラインナップ。
  • デジタルコマンドコントロール(DCC)に対応。

関連項目[編集]