カプセルコーポレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホイポイカプセルから転送)
移動先: 案内検索
ドラゴンボール > ドラゴンボールの登場人物 > カプセルコーポレーション

カプセルコーポレーション (Capsule Corporation) は、漫画『ドラゴンボール』、またはその派生作品に登場する架空の企業。本項では、同社の主力商品であるホイポイカプセル (Hoipoi Capsule) も併せて記述する。

概要[編集]

ブルマの父・ブリーフ博士を社長とする、西の都に本社を持つ世界有数の大企業。その社名が示すように、あらゆるものを小さなカプセルに収納出来るホイポイカプセル(後述)が主な商品。またホイポイカプセル以外にも反重力装置やジェットの力で浮遊するエアカーなど乗り物の浮遊技術に対する特許を持っており、それらが莫大な利益をもたらしている[1]。ブリーフ博士はホイポイカプセルという革命的商品の発明を機に、カプセルコーポレーションを設立した[2]

カプセル自体がブリーフ博士の発明によるもので、カプセル表面ならびに収納済みカプセルの中から出てきた自社製品には、会社のロゴマークである、丸の中にアルファベットのC[3]を二重に重ねたようなマークが記されており、ライセンス表示とみられる。自社製品の中でも人気が高いのが、浮遊する車であるエアカーやエアバイク、飛行機、潜水艇などの乗り物であり、開発、製造、販売まで手がけている。基本設計はブリーフ博士自らが行っており、地球における乗り物生産台数のシェアは、エイジ750年の時点で、カプセルコーポレーションが40%で1位、軍事用の乗り物を生産するレッドリボン軍が16%で2位を占めていたが、エイジ778年には、カプセルコーポレーションが全世界の半分近い48%ものシェアを占めるようになった[4]。また、電化製品や衣料ブランドの分野でも多くのファンを有している[2]

アニメ『ドラゴンボールGT』では、会長職をブルマが引き継ぎ、ブルマの息子・トランクスが社長を引き継いでいる。ただしトランクスは社長という立場をいささか窮屈に感じているようで、業務を秘書や部下に任せてどこかへいってしまうことも多い。ベジータ曰く「ブルマ一人でもどうにかなる」らしく、トランクスが究極のドラゴンボール探しに行っている間は実質ブルマが経営していた。

カプセルコーポレーション本社[編集]

『ドラゴンボールGT』に登場。所在地は西の都。円筒状になった上がドーム状になっており、さらに上が塔状の形をしたデザインのビルになっている。玄関前の庭はリムジン型のエアカーが空から降り立てるようになっており、ビルの最上階は社長室になっている。大勢の社員が働いており、社長が帰る際には社員が玄関に整列して出迎える。若い女子社員も多く、重役の中には頭にターバンを巻いた者もいる。

ホイポイカプセル[編集]

物を粒子状に変換し、数センチ程度のカプセル内に収容できる道具。ブリーフ博士によって開発された、カプセルコーポレーションの主力商品であり、時が経つにつれてカプセルと呼ばれるようになった。世界の常識を変えた世紀の発明品と呼ばれ、全世界に多大な影響を与えることになった。その利便性から砂漠地帯や寒冷地など世界各地で使われており、作中でも、敵であったピラフ一味や、レッドリボン軍などでも使用されている。

カプセルにはボタンが一つ付いており、これを押してカプセルを投げると、数秒後に収容されていたものが実体化する。実体化の際には収納されたものに応じたスペースが必要なため、作中でもブルマがカプセルを使う際、孫悟空に下がるように言い聞かせていた。初めてカプセルの実体化を見た悟空は、ブルマを「妖術使い」と表現している。

実体化した物に備えられたスイッチを押す事で、またカプセルに戻して持ち運ぶことができる。作中では専用ケースにカプセルを複数まとめていることが多かった。一度格納すると実体化させるまで何が入っているのか分からないため、カプセルには識別用に番号を付けていることもある。カプセルの種類にも複数あり、「Mサイズ」のものには2階建の巨大なハウスワゴンが入っていた。家や乗り物などをカプセルに戻す際、中に人間などが残っていたらどうなるかは不明だが、実体化直後の家の中に植木が置かれている描写があるので、植物はカプセルに格納できる模様。

中に入っているものによって価格が違い、スタンダードな4人乗りエアカーなら、エアカー128万ゼニー+カプセル代金20万ゼニーの、合計148万ゼニーとなる。カプセルコーポレーションの代理店に持ち込めば、大抵のものはカプセルにしてもらうことが可能。ただし、家などといったシステムを組み込むのに手間のかかるものは、値段が通常より割高になる[5]。ブルマは家のカプセルだけで50万ゼニーすると語っていた[6]

収納されている物[編集]

カプセルに格納されているものは、飛行機(ヘリコプター、戦闘機等)・車両(自動車、戦車、エアカー、オートバイ等)・船舶(ボート・潜水艦等)・宇宙船タイムマシンなどの乗り物や、カプセルハウスと呼ばれる半球状の家(各種電化製品付き)、ロボット、刀や銃などの武器、冷蔵庫やコールドスリープカプセルのような電化製品など様々である。

バイクや家など、あらかじめ収納されたものが主だが、空のカプセルもあり、水などを入れることも可能。ブリーフ博士はこれの中に大量のHな本を入れて隠し持っていたが、ブルマにばれて全て破かれている。

着想[編集]

元々作者の鳥山が冒険物を描くに当たって、色々と荷物等を描くのは面倒だ、かといって何も無いところからいきなり道具が出てくるのは不自然過ぎるといったことから考え出された。鳥山自身も気に入っており、『ドラゴンボール』に登場する道具で一番欲しいのはホイポイカプセルだと語っている[7]

『ドラゴンボール』開始前に鳥山が描いた読切作品『トンプー大冒険』では、ホイポイカプセルの先駆けとなる「いろいろカプセル」が登場する。これはカプセルをレトルト食品の様にお湯に入れることで実体化する[8]

関連人物[編集]

ブルマの家系は全員、下着に関する名前となっている。ブルマトランクスタイツも参照。

ブリーフ
声 - 八奈見乗児(無印、Z、改21話 - 98話、映画第7、11、18作)、田中亮一(改123話 - 127話、映画第19作、超)
カプセルコーポレーションの社長で、ブルマの父。西の都大学理工学部卒。同大学院理工学研究科博士課程修了。専攻は物理化学[9]。世界最高クラスの科学者と言われており、西の都で知らない人はいないほどの大変な大金持ち。ホイポイカプセルも彼の発明品である。他にもナメック星へ向かうための宇宙船や重力装置など多くの改造や開発や人造人間16号の修理などを行い、陰ながら悟空たちを支える。
大の動物好きでもあり、背中には飼っている黒猫・タマがくっついていることが多い。自宅の1階を庭にし、捨てられていた犬・猫・恐竜などを拾ってきて多数飼っている。
自身の実力・権威・財力を鼻にかけるようなことはなく、穏やかな性格。天然ボケの傾向があり、悟空を連れて来た警察官のことを悟空だと誤認したり、宇宙船内に取り付けるスピーカーの位置にこだわったりすることも。スケベな一面もあり、ホイポイカプセルに大量のアダルト系の本を隠していた。一方で科学者としての矜持も持ち合わせており、才能を悪用していたドクター・ゲロに対し「この才能をもっといいほうに…」と苦言を呈している。
名前の由来は下着のブリーフ[10]
ブルマの母
声 - 向井真理子(無印、Z46話 - 118話)、川浪葉子(Z124話 - 246話、改、映画第18作)、江森浩子(Z137話 - 167話、映画第11作、超)
ブルマの母で、ブリーフの夫人。娘と正反対の穏やかな性格で、天然ボケ。世界の危機に際してもマイペースでおっとりしている。また、相手が誰であろうと「ちゃん」を付けて呼ぶ。一方でいい男に目がないところは娘と似ており、成長して逞しくなった悟空を見てデートを申し込んだり、アニメではベジータをトレンディと評して(広い額が個性的と評したこともある)それぞれを唖然とさせることもあった。アニメでは悟飯が彼女のことを苦手と発言している。
風貌も穏やかで、常に目が笑っているが、原作・アニメともにワンカットのみ、目を丸くする描写がある[11]。容姿が非常に若々しく、初登場から魔人ブウ編に至るまで全く老けていない。ブリーフとともに『神と神』の時点での年齢は少なくとも70歳以上だが、それを感じさせない見た目をしている[12]
名前は設定されておらず、「もし名前を付けるなら『パンチー』にしただろう」と鳥山は語っており[10]、スピンオフ作品『ドラゴンボールSD』ではこの名前が採用されている[13]
ブラ
声 - 鶴ひろみ[14]
ブルマとベジータの娘でトランクスの妹。容姿はブルマ似で、おしゃまな性格。原作では最終回近くに登場。エイジ780年生まれ[9]でパンより1歳年下。
『GT』では9歳でパンより背が高く、耳にイヤリングをしており、露出度の高い服装で登場。大人の男にナンパされている場面もある。髭を生やしたベジータに直々「全然似合ってない」と発言するなど、物事をはっきりと伝える性格。ベジータは息子のトランクスには厳しいが、娘のブラには頭が上がらない模様である。
『超』では第77話でブルマの胎内に宿っていることが明かされ、第83話で誕生。名はブルマが付けた。出産の際は、ウイスの杖から放たれる特殊な光によって手術の手間が省かれた。
兄のトランクス同様、サイヤ人と地球人のハーフだが、具体的な強さに関しては不明。しかし、鳥山いわく「強いと思いますよ」[15]とのこと。また、正式な戦闘シーンはないものの、ベビーに「サイヤ人のはしくれ」と目を付けられたり、ベビーに洗脳された時には舞空術を使い、ベジータに寄生したベビーに自分のサイヤパワーを与えるなど、サイヤ人としての片鱗を見せる場面がいくつか存在する。
悟空が心臓病で死去した次元においては、父のベジータがトランクス誕生後間もなく戦死したため、誕生していない。
名前の由来は「ブラジャー」から[10]

脚注[編集]

  1. ^ 作中でも、トランクスを指して孫悟天の「世界一のお金持ち」という台詞がある。
  2. ^ a b 渡辺彰則編「世界にはばたくカプセルコーポレーション」 『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、 202-203頁。
  3. ^ 視力検査のマークに近い外観。
  4. ^ 「世界にはばたくカプセルコーポレーション」『ドラゴンボール大全集7巻』集英社、1996年、202-203頁。
  5. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「マンガ「DRAGON BALL」の真実 トリヤマはこう考えていたよスペシャル part2」『DRAGON BALL 超エキサイティングガイド キャラクター編』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2009年4月8日、ISBN 978-4-08-874804-7、93頁。
  6. ^ ウサギ団の町でブルマが発言。
  7. ^ 渡辺彰則編 「鳥山明が選ぶ究極のベスト」『DRAGON BALL大全集 4巻』集英社、1995年10月9日、ISBN 4-08-782754-2、146頁。
  8. ^ カプセルに戻す方法は不明。
  9. ^ a b 渡辺彰則編「HUMAN RACIAL DICTIONARY キャラクター事典」『ドラゴンボール大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、ISBN 4-08-782757-7、51-122頁。
  10. ^ a b c ジャンプ・コミック出版編集部編「capsule column 5 キャラ名の由来を知りたい!」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2004年5月5日、ISBN 4-08-873702-4、158-159頁。
  11. ^ セル編で出かけようとするブルマに声をかけたところ「(未来から来た)大きい方のトランクスに会って来る」という答えが返ってきたため、「はあ?」と目を丸くして驚いている。
  12. ^ 「寺P『ジャコ』のすべてを探る!!」『Vジャンプ』2013年12月号、集英社、455頁。
  13. ^ オオイシナホ、鳥山明「第16話 探そうぜ! ドラゴンボール」『ドラゴンボールSD 2巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年4月9日、ISBN 978-4-08-880020-2、119頁。
  14. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「天下一声優陣 其之二 ブルマ役 鶴ひろみ」『テレビアニメ完全カイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、ISBN 4-08-873705-9、158-161頁。
  15. ^ ジャンプ・コミック出版編集部編「鳥山先生に聞いちゃいました! DBキャラ編」『ドラゴンボール完全版公式ガイド Dragonball FOREVER 人造人間編〜魔人ブウ編 ALL BOUTS & CHARACTERS』153頁下段。