海賊党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パイレーツ党から転送)
移動: 案内検索
海賊党のシンボルマーク

海賊党(かいぞくとう、英語: Pirate Party)は、チェコアイスランド欧州議会など欧州各地に国政レベルの議員を擁する国際的な政治運動である。主な特徴として、市民権、徹底的な民主主義、 著作権法と特許法の行き過ぎた刑法化に反対、知の自由な共有、個人のプライバシー保護、政治の透明性ネットワーク中立性などを推進している。緑の党と同様に左右の両翼とも異なる新しい民主政治を主張する。ヨーロッパ議会では議席が一議席しかないため、緑の党と共同会派を形成している。 一部の者は海賊党とは液体民主主義を推進する政治団体だという誤解を日本国内で広めている。しかしこれはハンガリーのIDEの主張をもって海賊党だと主張するオリバーらによって伝えられた説である。現在の海賊党運動の多くでは否定されている。 新党としてはよくあることではあるが、支持層が若いことも特徴とされる。 多くの国々で海賊党は、デジタル化する世界に対応し、民主主義の形成、もしくは民主制の再建を求める新しい政治勢力であると自称している。日本の海賊党(本部港区)も同じ主張である。 海賊党は、一部の国ではハッカーたちがその成立に大きく貢献していた。このため、インターネットソフトウェアなどの電子技術を政治に応用することには熱心である。 たとえばベルリン海賊党は政治的意思決定においてリキッドフィードバックと呼ばれる無料ソフトウェアの導入を試みている。これについては、西山りお(当時オランダ私費留学中の女子大生。現在欧州議会で就労)が、「液体民主主義」は、やってみたら失敗だらけだと言われ、ショックを言われたとツイッターでコメントを公開している。液体民主主義などの新たな投票方法は左翼党(旧東ドイツ共産党)など多くの新党で導入が試みられている。しかし、本格導入はいまなお実験段階である。 海賊党のコア政策が液体民主主義であるとする誤解は『須澤党』(いわゆる日本海賊党)や、浜本の著書「海賊党の思想」により日本では広く普及していた。これについては、ハンガリーのIDE、と呼ばれるネット新党の主張と混同していると言う指摘が、京都大学数学科大学院生石田和(埼玉県北本市出身・ワイアレシア党首)などによって主張されている。

国際組織として海賊党インターナショナル(国際海賊党連盟)、欧州海賊党、国境のない海賊が存在する。 海賊党インターナショナル(日本における唯一の公式海賊党である「海賊党」(本部港区)は、これを左翼的な和訳だとして使用せず、国際海賊党連盟と和訳している。)

歴史[編集]

海賊党は、2006年にスウェーデン人リッカルド・ファルクヴィンゲ(en:Rickard Falkvinge)によって初めて創設された。設立時には著作権法改悪反対に特化する運動であった。 その後、欧州議会選挙でスウェーデン海賊党が2議席を獲得したこともきっかけとなり、ドイツなどヨーロッパ各国で相次いで海賊党が設立された。海賊党ないし海賊党運動は、単にファイル共有ソフトブートレグCDの合法化を主張するだけの政党である。いわゆるシングルイシュー政党であるとする見方もある。例えば須澤党(いわゆる「日本海賊党」(本部秋葉原)はその立場を主張している。 しかし、最大の組織を擁するドイツ海賊党はシングルイシュー党とする主張を否認する。 2014年に欧州議会議員に当選したドイツ海賊党公認候補ジュリア・レダ(en:Julia Reda)は海賊党は民主主義を守る政党であると明確に主張して選挙戦を戦った。なお日本人女性西山りおはこの欧州議会議員を補佐するポストに2015年より就任している。西山りおは、日本における「公式」海賊党である二つの団体と関係を持つが欧州の海賊党の党員ではない。

2014年の欧州議会選挙では、ヨーロッパ全域の公式政党として海賊党は各国で立候補者を立てた。このために設立された地域組織が欧州海賊党である。2014年5月の選挙でスウェーデンからの3議席は失われたが、ドイツから史上初の27歳の海賊党女性議員が誕生している。 2015年の国際海賊党連盟(PPi)世界大会は、ポーランドで開催された。 このとき日本人女性(海賊党(本部港区)及び音楽海賊党に所属)が国際海賊党連盟の幹部会役員にトップ当選している。役員としては現在二期目である。

世界各国の海賊党[編集]

スウェーデン海賊党の活動に鼓舞され、スウェーデン以外においても、続々と海賊党が設立された。現在は70カ国以上の国々で活動を行っている[1]

党名 登録状態 国際組織加盟状況 当選議員有無
オーストリアの旗 オーストリア Piratenpartei Österreichs 公式登録有 メンバー 1市議会で有
ベルギーの旗 ベルギー Pirate Party Belgium 公式登録有 メンバー
ブルガリアの旗 ブルガリア Piratska Partia/Пиратска Партия 公式登録有 メンバー
チェコの旗 チェコ Česká pirátská strana 公式登録有 メンバー 1[2]、3市議会で有
デンマークの旗 デンマーク Piratpartiet 公式登録有 メンバー
フィンランドの旗 フィンランド Piraattipuolue 公式登録有 メンバー
フランスの旗 フランス Parti Pirate 公式登録有 メンバー
ドイツの旗 ドイツ Piratenpartei Deutschland 公式登録有 メンバー 50余名、2市議会等で有
アイスランドの旗 アイスランド Píratar 公式登録有 メンバーとwikiでは表示されているが、根拠が不明。 国会に3議席
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク Piratepartei Lëtzebuerg 公式登録有 メンバー
オランダの旗 オランダ Piratenpartij Nederland 公式登録有 メンバー 無(二〇一四年、市議会議員が当選している)
ノルウェーの旗 ノルウェー Piratpartiet Norge 公式登録有 メンバー
ポーランドの旗 ポーランド Partia Piratów 非活動的で登録無し。とwikiには記載があるが、それならばなぜホスト国になれるのかが謎ではある。この記述をした者の公正さに疑問が残る。 非メンバー 無(
スペインの旗 スペイン Partido Pirata 公式登録有 メンバー
Pirates de Catalunya 活動しているが登録無 非メンバー(註とwikiには書かれているが、国際海賊党連盟の正規会員であると思われる。 二市議会で有
スウェーデンの旗 スウェーデン Piratpartiet 公式登録有 2欧州議会議員がいたが2014年に議席はゼロになった。国際海賊党連盟から離脱の動きあり。
イギリスの旗 イギリス Pirate Party UK 公式登録有 メンバー
スイスの旗 スイス Piratenpartei Schweiz 公式登録有 メンバー 2市議会で有・海賊党市長あり[3]
カナダの旗 カナダ Pirate Party of Canada /

Parti Pirate du Canada

Eligible to register[4] メンバー
アルゼンチンの旗 アルゼンチン Partido Pirata Argentino 活動しているが登録無 非メンバー
オーストラリアの旗 オーストラリア Pirate Party Australia 活動しているが登録無 メンバー
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ Piratska Partija Bosna i Hercegovina / Пиратска Партија Босна и Херцеговина 活動しているが登録無 非メンバー
ブラジルの旗 ブラジル Partido Pirata do Brasil 活動しているが登録無 メンバー
チリの旗 チリ Partido Pirata de Chile 活動しているが登録無 非メンバー
キプロスの旗 キプロス Pirate Party Cyprus 活動しているが登録無 非メンバー
エストニアの旗 エストニア Eesti Piraadipartei 活動しているが登録無 非メンバー
ギリシャの旗 ギリシャ Πειρατικό Κόμμα Ελλάδος 活動しているが登録無 非メンバー
アイルランドの旗 アイルランド Pirate Party Ireland / Páirtí Foghlaithe na hÉireann 活動しているが登録無 メンバー
イタリアの旗 イタリア Partito Pirata Italiano 活動しているが登録無 メンバー
カザフスタンの旗 カザフスタン Қазақстан Қарақшылар Партиясы 活動しているが登録無 メンバー
リトアニアの旗 リトアニア Piratu Partija[5] 活動しているが登録無 非メンバー
メキシコの旗 メキシコ Partido Pirata Mexicano 活動しているが登録無 非メンバー
ネパールの旗 ネパール Pirate Party Nepal Eligible to register after gathering 10,000 signatures before national election[6] 非メンバー
ニュージーランドの旗 ニュージーランド Pirate Party of New Zealand 活動しているが登録無 非メンバー
ポルトガルの旗 ポルトガル Partido Pirata Português 活動しているが登録無 メンバー
ルーマニアの旗 ルーマニア Partidul Piraţilor din România 活動しているが登録無 メンバー
ロシアの旗 ロシア Pirate Party of Russia / Пиратская партия России 活動しているが登録無 メンバー
セルビアの旗 セルビア Piratska Partija Srbije[7] 活動しているが登録無 メンバー
スロバキアの旗 スロバキア Slovenská pirátska strana 活動しているが登録無 非メンバー
スロベニアの旗 スロベニア Piratska stranka Slovenije[8][9][10][11] 活動しているが登録無 非メンバー
トルコの旗 トルコ Korsan Partisi 活動しているが登録無 非メンバー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ United States Pirate Party 活動しているが登録無 非メンバー
ウルグアイの旗 ウルグアイ Partido Pirata en Uruguay 活動しているが登録無 非メンバー
ウクライナの旗 ウクライナ Pirate Party of Ukraine / Пиратская Партия Украины 活動しているが登録無 非メンバー
日本の旗 日本 海賊党などの党名で都道府県選挙管理委員会に政治団体設立届けを提出することを持って総務省に登録をしたと称したり、これを持って自らは公式だと名乗る団体が国内には多数存在した。しかし2014年にはそのほとんどが登録を抹消した。その中で海賊党(本部港区)は公認推薦は現状では時期尚早だという立場を取る。他方で「日本海賊党」(須澤秀人夫妻がオーナー)は、大沢ら10名近くに推薦公認を与え支援した(ツイッターなどで公開している)。2015年時点では全員が落選した。

東京都港区に本部がある海賊党は国際組織に加盟し毎年代表団を海賊党の国際大会や各国の大会に派遣している。2014年4月には海賊党インターナショナルのパリ大会で、日本人女性(東京都港区に本部がある海賊党に所属)が幹部会に当選した[12]。現在二期目である。須澤秀人夫妻がオーナーの「日本海賊党」は2015年ワルシャワ大会にヨタ(日本の民間会社社長)を須澤党代表として送り「I am Triton's Friend.」で始まる演説をして代表権を要求したが、却下された。

公式登録有 メンバー 無し
コロンビアの旗 コロンビア Partido Pirata Colombiano Discussions on forming group[13] N/A N/A
ベネズエラの旗 ベネズエラ Partido Pirata de Venezuela Discussions on forming group[14] N/A N/A
中華人民共和国の旗 中国 中国盗版党 Discussions on forming group[15] N/A N/A
大韓民国の旗 韓国 Pirate Party of South Korea[16] Discussions on forming group N/A N/A
中華民国の旗 台湾 Taiwan pirate party / 台湾海盜党[17] Discussions on forming group N/A N/A
ペルーの旗 ペルー Partido Pirata de Perú Letter of notification that party is forming[18] N/A N/A
ハンガリーの旗 ハンガリー Magyar Kalózpárt Non-political organisation that works with LMP[19] N/A Indirectly (LMP has 16 MPs in the Hungarian Parliament)

脚注[編集]

  1. ^ Piratenpartij presenteert verkiezingsprogramma” (Dutch). 3VOOR12 NL (2010年5月20日). 2010年5月27日閲覧。
  2. ^ 環境政党である緑の党との共同推薦により当選している。
  3. ^ 海賊党研究』海賊書院,2011年。第二章第5節「スイスで誕生した海賊党市長」に詳しい。
  4. ^ Registered Political Parties and Parties Eligible for Registration”. Ottawa: Elections Canada (2010年). 2010年4月20日閲覧。
  5. ^ http://piratupartija.lt/[リンク切れ]
  6. ^ The Political Party Registration (for the purpose of Election) Rule, 2063(2007)”. Kathmandu: Election Commission Nepal (2007年). 2010年7月7日閲覧。
  7. ^ Piratska Partija Srbije” (Serbian). 2013年12月12日閲覧。
  8. ^ “"Slovenski pirati" za svobodno medmrežje ["Slovenian pirates" for a free internet]” (Slovenian). Radiotelevizija Slovenija. (2009年5月14日). http://www.rtvslo.si/modload.php?&c_mod=rnews&op=sections&func=read&c_menu=1&c_id=199644 
  9. ^ “[They've sailed into Slovenia too]”. žurnal24. (2009年5月14日). http://www.zurnal24.si/Pripluli-tudi-v-Slovenijo/novice/tehnologija/109628 [リンク切れ]
  10. ^ “[Pirates in Slovenia as well]”. inDirekt. (2009年5月14日). http://www.indirekt.si/novice/slovenija/pirati_tudi_v_sloveniji/130791 [リンク切れ]
  11. ^ Piratska stranka Slovenije” (Slovenian). 2013年12月12日閲覧。
  12. ^ 英語記事の末尾に日本もアイスランド海賊党と連携をしているとの記事がある。
  13. ^ "Pirates" Get Political”. On the commons (2009年7月7日). 2010年5月28日閲覧。
  14. ^ Facebook group to form a pirate party Venezuela” (Spanish). 2013年12月12日閲覧。
  15. ^ Very active Twitter feed of the chinese activists” (Chinese). 2013年12月12日閲覧。
  16. ^ http://pirateparty.kr/
  17. ^ https://www.facebook.com/piratepartyoftaiwan/
  18. ^ Active country sections on Pirate Party International forums as per 21 January 2007
  19. ^ Kalózpárt” (Hungarian). 2013年12月12日閲覧。