ハンドボール全日本女子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンドボール全日本女子
国または地域 日本の旗 日本
協会 日本ハンドボール協会
IOCコード JPN
監督 デンマークの旗 ウルリック・キルケリー
ホームカラー
アウェイカラー
世界女子ハンドボール選手権
出場回数 16回(初出場は1962
最高成績 7位 (1965)
アジア女子ハンドボール選手権
出場回数 15回
最高成績 優勝(2004)
オリンピックハンドボール競技
出場回数 1回
最高成績 5位 (1976)

ハンドボール全日本女子は、日本ハンドボール協会により結成される女子ナショナルチームである。愛称は2013年に公募により決定した「おりひめジャパン」[1]


歴史[編集]

1976年に行われたモントリオールオリンピックでオリンピック初出場。

2004年アジア選手権で初優勝を果たした。

2016年6月24日デンマーク出身のウルリック・キルケリーが監督に就任[2]

成績[編集]

オリンピックは1976年のモントリオールで初出場した。結果は5位で蔵田照美が得点王を獲得している。しかし出場はこの1度だけで、以来40年以上遠ざかっている。その一方で、世界選手権出場は男子より多い17回を数えており、最高順位は1965年の7位。

オリンピック[編集]

世界選手権[編集]

アジア競技大会[編集]

  • 1994年 Med 2.png準優勝
  • 1998年 Med 3.png3位
  • 2002年 4位
  • 2006年 Med 3.png3位
  • 2010年 Med 2.png準優勝
  • 2014年 Med 2.png準優勝

アジア選手権[編集]

  • 1987年 Med 3.png3位
  • 1989年 Med 3.png3位
  • 1991年 Med 2.png準優勝
  • 1993年 4位
  • 1995年 Med 3.png3位
  • 1997年 Med 3.png3位
  • 1999年 Med 3.png3位
  • 2000年 Med 2.png準優勝
  • 2002年 4位
  • 2004年 Med 1.png優勝
  • 2006年 Med 2.png準優勝
  • 2008年 Med 2.png準優勝
  • 2010年 4位
  • 2012年 Med 3.png3位
  • 2015年 Med 2.png準優勝

現在の代表選手[編集]

  • 2017年7月29日に行われた「ハンドボール日韓戦2017」の日本代表メンバー[3]
役職 氏名 所属
監督 ウルリック・キルケリー 日本ハンドボール協会
トレーナー 高野内俊也 日本ハンドボール協会 / 日本予防医学協会
トレーナー 岩谷美菜子 日本ハンドボール協会 / ながい接骨院
アナリスト 嘉数陽介 日本ハンドボール協会
通訳 藤田愛 日本ハンドボール協会
# Pos. 選手名 所属
1 GK 飛田季実子 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
2 PV 永田美香 北國銀行
4 RB 角南唯 北國銀行
5 LB 塩田沙代 北國銀行
7 RW 藤田明日香 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
9 CB 横嶋彩 北國銀行
11 PV 堀川真奈 広島メイプルレッズ
12 LW 河嶋英里 三重バイオレットアイリス
13 LW 勝連智恵 オムロン
15 LB 多田仁美 三重バイオレットアイリス
20 RW 秋山なつみ 北國銀行
24 LB 原希美 三重バイオレットアイリス
26 CB 川村杏奈 ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
27 LB 佐々木春乃 北國銀行
28 PV 永田しおり オムロン
31 BP 渡部真綾 東海大学
39 GK 寺田三友紀 北國銀行
41 LB 河田知美 北國銀行

歴代監督[編集]

氏名 期間
日本の旗 伊藤宏幸 1998年 - 2001年
日本の旗 西窪勝広 2002年 - 2004年
オランダの旗 ベルト・バウワー 2005年 - 2008年
大韓民国の旗 黄慶泳 2008年 - 2012年
日本の旗 栗山雅倫 2012年 - 2015年
デンマークの旗 ウルリック・キルケリー 2016年 -

脚注[編集]

関連項目[編集]