ハウクスボーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハウクスボークHauksbókハウク本とも。)とは、現在その制作者が知られているものとしては数少ない、中世北欧写本の1つである。「AM 371 4to[1]」「AM 544 4to[2]」「AM 675 4to[3]」の3つの写本から成る。

制作者はハウクル・エルレンズソン(? - 1334年アイスランド法官英語版)であると考えられている。これは写本の出所を可能な限り遡って突き止められたものであり、この著者にちなんで『ハウクスボーク』と呼ばれている。この写本は一部は彼自身によって、一部は助手によって書かれたものであると考えられている。

『ハウクスボーク』は、時にそれが唯一の現存している版でもある、多くの古アイスランド語テキストを含んでいる。それは例えば『植民の書』であり、『義兄弟のサガ英語版』であり、『赤毛のエイリークのサガ』であり、『ヘルヴォルとヘイズレク王のサガ』であり、そして『巫女の予言』である。

また『ハウクスボーク』には、「アルゴリスムス」(Algorismus) と呼ばれている、数学に関するページから成る節が含まれている。これはスカンディナヴィア語で書かれた、数学に関する最古のテキストである。おそらく、より古い時期の本に含まれていた数ページの、ラテン語から北欧語へ翻訳されたものであるだろう。そうした本とは、例えば1200年アレクサンドル・ドゥ・ヴィルデュ英語版(フランス人の作家・数学者)により書かれた『Carmen de Algorismo』であり、1202年フィボナッチ (Fibonacci) による『算術の書 (Liber Abaci)』であり、1230年サクロボスコ (De Sacrobosco) による『Algorismus Vulgaris』である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]