ギムレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ギムレー古ノルド語: Gimlé)は、北欧神話に出てくる広間のことである。その名前は「Gim 火、hlé 保護」あるいは「gimill=himill=himin 天」とも考えられる。つまり「火に対して保護された場所」の意味である。[1]ラグナロクの後もギムレーは残り、新しい時代において、善良な人々を受け入れるとされている[2]

ギュルヴィたぶらかし』には、次のような事が書いてある。

  • は人間に息を与えるという最大のことをした。肉体が腐って土に返っても、焼かれて灰になっても、人間は生き続け、滅びることない。礼節をわきまえた人間は、生きたままギムレー、またはヴィーンゴールヴというところで、神々と暮らすのである。だが悪い人間はヘル(ヘルヘイム)へ行くのだ[3]
  • 天の南の端にギムレーという広間がある。これはどれよりも美しく、太陽よりも輝かしい。天地の滅亡の時にもギムレーは滅びずに立っているだろう。ここに永遠に、善良で正しい人が住むのである。南方にはこの天の上にもう1つ、アンドラングという天があり、その上にヴィーズブラーインという第3の天がある。この天の上にギムレーがあると考えられている[4]

巫女の予言』第64聯[5]には、次のような事が書いてある。

  • ギムレーに黄金葺きの館が太陽より美しくそびえ立っている。そこには誠実な人々が住み、永遠に幸せな生活を送る[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』26頁。
  2. ^ a b 『エッダ 古代北欧歌謡集』15頁。
  3. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』226頁。
  4. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』240頁。
  5. ^ ネッケル編・谷口訳『エッダ 古代北欧歌謡集』15頁での番号に従った。

参考文献[編集]

関連項目[編集]