ニザヴェッリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニザヴェッリル古ノルド語: Niðavellir, ニダヴェリールとも表記。「暗い野」の意[1])とは、北欧神話で、ドヴェルグたちが住むとされている世界である。

巫女の予言[編集]

この地名は『巫女の予言』に言及されている。

Stóð fyr norðan
á Niðavöllum
salr ór gulli
Sindra ættar[2]

北に立ちてあるもの
そうニザヴェッリルの北に
それは黄金の館であり
シンドリの一族のものであった

シンドリとは有名なドヴェルグの一人である。このニザヴェッリルという地名は、後段に登場する地下世界の山ニザフョッルと関わりがあるのかもしれない。ニザヴェッリルはしばしば、北欧神話の世界観である「九つの世界」の一つに数えられる。そうだとすると、スノッリの『エッダ』に言及されるスヴァルトアールヴヘイムと同一のものなのかもしれない。なぜならば、少なくない学者たちが、スヴァルトアールヴという名称は、スノッリただ一人が用いていた、ドヴェルグの同義語ではないかと考えているからである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』 V. G. ネッケル他、谷口幸男訳、新潮社1973年ISBN 4-10-313701-0 p.23
  2. ^