リンド (北欧神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リンド古ノルド語: Rindr)は、北欧神話の登場人物。オーディンの子ヴァーリを生んだ。

『エッダ』[編集]

古エッダ』の『バルドルの夢』において、リンドの生んだヴァーリが、バルドルを殺したヘズに復讐をすると予言される[1]

スノリのエッダ』第一部『ギュルヴィたぶらかし』ではアース女神の一員に数えられている[2]。彼女は巨人である可能性がある[3]

『デンマーク人の事績』[編集]

サクソ・グラマティクスの『デーン人の事蹟(デンマーク人の事績)』によれば、リンダ(リンド)はルテニア(ロシア)王の娘であり、オーティヌス(オーディン)はバルデルス(バルドル)の復讐者をリンダとの間にもうけなければならなかったが、リンダはオーティヌスを拒絶した。そのためオーティヌスは半ば強引な手段をとり、それが原因で王位を追われた。リンダはその後、ホテルス(ヘズ)に復讐するボーウスを産んだ[4][5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ネッケル他編,谷口訳 (1973)、200頁(「バルドルの夢」第11)。
  2. ^ ネッケル他編,谷口訳 (1973)、253頁(「ギュルヴィたぶらかし」第36章)。
  3. ^ パウルソン,菅原訳 (1995)、187頁。
  4. ^ サクソ,谷口訳 (1993)、105-110頁(「第三の書」 3)。
  5. ^ ストレム,菅原訳 (1982)、157-158頁。

参考文献[編集]

原典資料[編集]

二次資料[編集]