スノッリのエッダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『エッダ』の表紙。18世紀アイスランド写本『ÍB 299 4to』(アイスランド国立大学図書館(en)所蔵)より。

スノッリのエッダON. Snorra Edda、略記号: SnE)とは、1220年ごろにアイスランド詩人スノッリ・ストゥルルソンが著したの教本である。

若手の詩人たちに北欧神話の技法を教授する目的で書かれた。たいへんよくまとまっている上に、失われたエッダ詩(古エッダ)やスカルド詩も数多く含まれており、この本なくして北欧神話、ひいてはゲルマン神話を現代に復元することはほぼ不可能であると言ってよい。

元々は単なる「エッダ」(Edda) という名前であったが、この作品に引用される歌謡の形式もエッダと呼ばれるようになったため、区別して「スノッリのエッダ」(スノラエッダとも)、あるいは「新エッダ」(Younger Edda) 「散文のエッダ」(Prose Edda) などと呼ばれるようになった。

『エッダ』という題名、および作者がスノッリ・ストゥルルソンであるという事実は、『エッダ』の写本の一つ『ウプサラ写本』の記述に基づいている[1]

内容[編集]

序文、および3部のそれぞれ完全に独立した作品からなる。

  1. ギュルヴィたぶらかし (Gylfaginning)
  2. 詩語法 (Skáldskaparmál) - 『詩人の言葉』とも。
  3. 韻律一覧 (Háttatal)

各部は異なる年に書かれており、最初に書かれた第三部は、1222年ないし3年、第一部、第二部は早くても1225年である[2]

序文[編集]

序文ではスノッリの神話観が語られているが、随所にキリスト教の影響が見られ、またオーディントローヤ出身の人間の王とするなど、エウヘメロス的解釈が垣間見られる。ただし、この序文がスノッリの手によるものか、疑問視する声もある[3]

ギュルヴィたぶらかし[編集]

魔術王ギュルヴィが変装してアースガルズに赴き、そこでオーディン神らから古代の伝承や予言を語られる、という筋立て。古エッダ民間伝承に基き、世界創世人間の創造、神々の一覧、未来に起こるであろう最終戦争ラグナロクなどのことがまとめられている。

詩語法[編集]

の神ブラギエーギル神に詩の技法の説明をするという筋立て。完全に若手のスカルド詩人)のための作品で、昔のスカルド詩の引用や、ケニングという技巧の説明などに終始する。だが、途中で神代の興味深い挿話が何篇か紹介されており、神話の資料としても欠かせない。

韻律一覧[編集]

著者スノッリが様々な詩形を織り込んで作った詩で、いわば詩のお手本とも言うべきものである。 ノルウェー滞在時の厚遇に対し、スノッリがノルウェー王ホーコン4世とスクーリ公の偉業を讃えて贈ったものであるが、全102聯(れん)の各聯全てが別の韻律と詩形を用いられており[4]、著者スノッリが教育者としてだけではなく、詩人としても天才的であることが示されている。

写本[編集]

『スノッリのエッダ』には主に以下の4種の写本が存在する[5]

  1. ウップサーラ写本(Codex Upsaliensis、写本番号: DG 11、略記号: U.) - 4つの内最も古い写本で、1300年頃に成立。ウプサラ大学図書館所蔵。[6]
  2. (スノッリのエッダの)王の写本(Codex Regius、写本番号: GkS 2367 4to、略記号: R.) - 最も保存状態の良い写本で、おそらく1325年頃に成立しただろうと考えられている。アールニ・マグヌスソン研究所 (Arni Magnusson Institute) 所蔵。
  3. ヴォルム写本(Codex Wormianus、写本番号: AM 242 fol、略記号: W.) - 1350年頃に成立。コペンハーゲンの図書館にて保管。
  4. ユトレヒト写本(Codex Trajectinus、写本番号: Traj 1374x または Utrecht 1374、略記号: T.) - 1600年頃の紙写本。元は13世紀ごろの写本ではないかと考えられている。ユトレヒトの大学図書館にて保管。[7]

日本語訳[編集]

  • 『エッダ 古代北欧歌謡集』谷口幸男訳、新潮社、1973年 ISBN 4103137010
    • スノッリのエッダは第一部「ギュルヴィたぶらかし」のみ。
  • 「スノリ『エッダ』「詩語法」訳注」谷口幸男訳、『広島大学文学部紀要 特輯号』第43巻3号(1983年12月)
    • 第二部「詩語法」の全文訳注。
  • 『神話学入門』 ステブリン・カーメンスキィ著 菅原邦城、坂内徳明訳 東海大学出版会 ISBN 4486005848
    • 巻末に第二部「詩語法」の抜粋訳。
  •  「スノッリ・ストゥルルソン『エッダ』「序文」と「ハッタタル(韻律一覧)」」(一)~(三)谷口幸男訳注『大阪学院大学国際学論集』13(1) (2002年7月)pp. 203-30; 13(2)(2002年12月)pp. 125-54;14(1)(2003年6月) pp. 99-130.
    • 「序文」および第三部「韻律一覧」の全文訳注。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ H.パウルソンp.68。
  2. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』解説、谷口、p.304。
  3. ^ 谷口幸男 (2002). “スノッリ・ストゥルルソン『エッダ』「序文」と「ハッタタル(韻律一覧)」訳注(1)”. 大阪学院大学国際学論集 13 (1): 203-230. ISSN 09170561. 
  4. ^ 山室、p.144。
  5. ^ H.パウルソン、p.69。
  6. ^ skaldic :: mss :: DG 11
  7. ^ skaldic :: mss :: Traj 1374

参考文献[編集]

  • 『エッダ 古代北欧歌謡集』 V. G. ネッケル他、谷口幸男訳、新潮社1973年ISBN 4-10-313701-0
  • ヘルマン・パウルソン 『オージンのいる風景 オージン教とエッダ』 大塚光子、西田郁子、水野知昭、菅原邦城訳、東海大学出版会、1995年2月25日、初版。ISBN 4-486-01318-2
  • 『北欧文学ノート』 山室静、東海大学出版会、19785。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]