山の巨人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石臼グロッティの傍らのフェニヤとメニヤ。
馬のスヴァジルファリと共にアースガルズの城壁修理にあたる巨人の石工

山の巨人(やまのきょじん。古ノルド語: bergrisi(単数形、ベルグリシ)、bergrisar(複数形)[1]英語: Mountain Giants)は、北欧神話に登場する巨人の一種である。

神話に登場する山の巨人[編集]

山の巨人について、名前がわかるのは、まず豊穣神フレイの妻となったゲルズの母アウルボザ(『ギュルヴィたぶらかし』 第37章[2])。そして、『古エッダ』の『グロッティの歌』に登場する、山の巨人のイジ (Iði) とアウルニル (Aurnir) の兄弟から生まれた、フェニヤ (Fenia) とメニヤ (Menia) がいる[3]。さらにフェニヤとメニヤが自分たちの祖先として、シャツィフルングニルの名を挙げている[4]。なお、フルングニルの頭部と心臓は石でできていたという[5]

他に、アースガルズ城壁を修理すると申し出た石工の正体は無名の山の巨人であった(『ギュルヴィたぶらかし』第42章[6])。また、彼らはバルドルの葬儀の際に霜の巨人とともに参列したとされている(同第49章[7])。

現代の山の巨人[編集]

アイスランドの国章。山の巨人を含む4体のランドヴェーッティルが描かれている

ヘイムスクリングラ』に収録された『オーラヴ・トリュッグヴァソンのサガ』では、デンマークハラルド・ゴルムスソンアイスランドを攻撃すべく、偵察のため魔法使いを送った顛末が語られている。魔法使いはに変身し、アイスランドの東西南北を海沿いに回ったが、彼の行く先々に巨ドラゴン、雄、山の巨人が現れ、魔法使いの上陸を阻んだ。この報告を受けたデンマーク王はアイスランド侵攻を諦めたという[8][9][10]。それらはアイスランドの守護者すなわちランドヴェーッティル (Landvættir) であるところのドラゴン (Dreki)、肉食鳥 (Gammur)、雄牛 (Griðungur)、そして山の巨人 (Bergrisi) であった。

この言い伝えに基づき、アイスランドの国章には、ランドヴェーッティルの4体、すなわち雄牛、肉食鳥、ドラゴンそして山の巨人が描かれている[11]。(アイスランドの国章」を参照)

また、アイスランド・クローナ硬貨の裏面にも巨人を含む4体の姿が刻まれている。(「アイスランド・クローナ」を参照)

脚注[編集]

  1. ^ 『オージンのいる風景』256頁。
  2. ^ エッダ - 古代北欧歌謡集』、253頁。
  3. ^ エッダ - 古代北欧歌謡集』、213頁。
  4. ^ 『オージンのいる風景』178頁。
  5. ^ エッダ - 古代北欧歌謡集』、70、74頁。
  6. ^ エッダ - 古代北欧歌謡集』258-259頁。
  7. ^ エッダ - 古代北欧歌謡集』 272頁。
  8. ^ Heimskringla/King Olaf Trygvason's Saga/Part I - 37. Harald Sends a Warlock to Iceland. (英語)
  9. ^ Saga Ólafs Tryggvasonar - 37. Ger fjölkyngi til Íslands. (古ノルド語)
  10. ^ ヘイムスクリングラ(二)』、61-63頁。
  11. ^ 国の象徴「国の紋章」” (日本語). アイスランド大使館. 2008年10月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。 “盾の左側に雄牛、左上に肉食鳥、右上にドラゴン、右側巨人...この4守護神は...ヘイムスクリングラ...に記述されています。

参考文献[編集]

一次資料[編集]

  • 『古エッダ』、『スノッリのエッダ』の「ギュルヴィたぶらかし」
  • 『ヘイムスクリングラ』の「オーラヴ・トリュッグヴァソンのサガ」
  • スノッリ・ストゥルルソン 「オーラヴ・トリュッグヴァソンのサガ 三十三章 ハラルド・ゴルムスソン」『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史』(二)、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社〈1000点世界文学大系 北欧篇3-2〉、2009年3月、61-63頁。ISBN 978-4-938409-04-3

二次資料[編集]

関連項目[編集]