ヴォルム写本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヴォルム写本ラテン語Codex Wormianus[1]アイスランド語Ormsbók[2]、写本番号:AM 242 fol[1])とは、アイスランドに伝わっていた羊皮紙写本である。1350年頃の成立と見られている[3]

1623年にアイスランドの学者からデンマークルーン文字研究者オール・ヴォーム英語版に贈られたことから、この名前で呼ばれている。スノッリ・ストゥルルソンの『エッダ』を現在に伝える重要な写本の一つである。ヴォーム写本[4]ヴォルム本[1][5]ウォルム写本[6]ウォルミアヌス写本[7]とも。

来歴[編集]

デンマークの学者オール・ヴォーム英語版(Ole Worm, 1588年 - 1654年)はルーン文字の研究を行っていたが、古ノルド語ルーン文字石碑に残された碑文などは、ルーン文字を用いた書かれた古ノルド語の文章であった)がアイスランド語に近いことに気付き、1623年にアイスランドの学者に協力を求める手紙を送った。その結果オール・ヴォームは、ホーラル監督管区 (Hólar) の司教ソルラークル・スクルーラソン(Þorlákur Sklúlason, 1597年 - 1656年)や、ソルラークルを通して作家アルングリームル・ヨーンスソン(Arngrímur Jónsson, 1568年 - 1648年)などの知遇を得ることができ、そしてアルングリームルの発案でソルラークルからオール・ヴォームにアイスランド語の写本が贈られることとなった。このとき贈られた写本が、今に言う『ヴォルム写本』である。

現在はコペンハーゲン大学アルナマグネア研究所英語版所蔵となっている[3]

内容[編集]

この写本には、アイスランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンが著した詩の教本『エッダ』が収められていた。

また『エッダ』の他にも、ルーン文字の音価などに関する論文が4点(『第一文法論文』他)収められていたという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 菅原訳 ノルダル『巫女の予言』p.62 の表記。
  2. ^ 菅原訳 ノルダル『巫女の予言』p.9 の表記。
  3. ^ a b skaldic - AM 242 fol (W) - Codex Wormianus
  4. ^ 荒川訳 エーノクセン『ルーン文字の世界』p.205,索引の表記。
  5. ^ 菅原邦城訳、エリアス・ヴェセーン『北欧の言語』(東海大学出版会、1973年)p.43 に見られる表記。
  6. ^ 伊藤盡訳、テリー・グンネル「エッダ詩」(青土社ユリイカ』第39巻第12号、2007年10月、pp.121-137)p.130,135 に見られる表記。
  7. ^ 山室静・米原まり子訳、キーヴィン・クロスリィ=ホランド『北欧神話物語』(青土社、1992年新版第3刷、ISBN 978-4791751495)p.281 などに見られる表記。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]