シーグルズル・ノルダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

シーグルズル・ノルダルアイスランド語: Sigurður Nordal, 原語の発音;シグルズル・ノルダル, 1886年9月14日 - 1974年9月21日)は、アイスランド人学者であり、作家詩人でもあった。

多くの人々によって書かれたアイスランドサガの、文学作品としての理論を確立することにおいて、ノルダルは強い影響力を持っていた。また、アイスランド文化に関する彼の研究成果は、アイスランド国内の大学では標準的なテキストとして使用されている。21世紀初頭の時点でも、彼の研究とその理論は引き続き高い評価を受けている。

以下に、ノルダルの最も影響力を持つ研究成果のいくつかを挙げる。

Völuspá
古エッダ』の『巫女の予言』に関する論文。
邦訳『巫女の予言 エッダ詩校訂本』 菅原邦城訳、東海大学出版会1993年
Islenzk menning
アイスランド文化に関する本
Hrafnkatla
フレイル神ゴジ・フラヴンケルのサガ』に関する論文

外部リンク[編集]