ドミンゴ・ヘルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヘルマン第二姓(母方の)はポランコです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 Template:表記揺れ案内
  • ドミンゴ・ハーマーン
  • ドミンゴ・ハマーン
ドミンゴ・ヘルマン
Domingo Germán
ニューヨーク・ヤンキース #55
Domingo German (46644031395).jpg
2019年4月7日
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1992-08-04) 1992年8月4日(27歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 アマチュアFA
初出場 2017年6月11日
年俸 $577,500(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ドミンゴ・ヘルマン・ポランコ(Domingo Germán Polanco, 1992年8月4日 - )は、ドミニカ共和国サン・ペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。

姓の「Germán」はドミニカ共和国の国語であるスペイン語では「ヘルマン」と読み、本人も同様に発音している[2]。YESネットワークで実況を務めるマイケル・ケイは「ハーマーン(ハマーン)」と発音する。アクセントは「マ」にある。「ゲルマン」や「ジャーマン」とは発音しない。

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ傘下時代[編集]

2009年8月8日にフロリダ・マーリンズと契約してプロ入り。

2010年に傘下のルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・マーリンズでプロデビュー。18試合に登板して2勝3敗6セーブ、防御率3.69、43奪三振を記録した。

2011年もルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・マーリンズでプレーし、8試合(先発6試合)に登板して2勝1敗、防御率1.82、40奪三振を記録した。

2012年はルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マーリンズでプレーし、13試合に登板して2勝0敗、防御率1.61、29奪三振を記録した。

2013年から先発に転向。まずルーキー級ガルフ・コーストリーグでプレーし、5試合に先発登板して3勝0敗、防御率1.38、27奪三振を記録した。7月にA-級バタビア・マックドッグス英語版へ昇格。A-級バタビアでは8試合に先発登板して2勝3敗、防御率1.76、34奪三振を記録した。

2014年はA級グリーンズボロ・グラスホッパーズでプレーし、25試合に先発登板して9勝3敗、防御率2.48・、113奪三振を記録した。7月にはオールスター・フューチャーズゲームに世界選抜として選出された[3]。オフの11月20日にマーリンズとメジャー契約を結び[4]40人枠入りを果たした。

ヤンキース時代[編集]

2014年12月19日にデビッド・フェルプスマーティン・プラドとのトレードで、ネイサン・イオバルディギャレット・ジョーンズと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[5]

2015年は40人枠には入ったが、マイナー・オプションでA+級タンパ・ヤンキースに配属され、肘を痛めトミー・ジョン手術が必要になることが判明し[6]、マイナー、メジャーともに登板がないまま9月1日に40人枠を空けるため60日間の故障者リスト入りした。12月3日にノンテンダーFAとなった[7]が、11日にマイナー契約で再契約した。

2016年はA級チャールストン・リバードッグスとA+級タンパでプレーし、2球団合計で10試合に先発登板して1勝3敗、防御率3.08、38奪三振を記録した。オフの11月4日に再びメジャー契約を結んで40人枠入りした[8]

2017年は開幕をAA級トレントン・サンダーで迎え、AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースを経て6月11日にメジャー初昇格を果たした。同日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー[9]

2018年は4月7日にメジャーへ昇格し、ジョーダン・モンゴメリーの離脱に伴って先発ローテーションに入った。6月6日にメジャー初先発し、6回無失点ノーヒット2四球9奪三振の好投を見せた。6月14日のタンパベイ・レイズ戦で先発し6回3失点10奪三振でメジャー初勝利を挙げた[10]。しかし安定性が無く7月21日にマイナーへ降格。9月18日に再昇格した。最終的に21試合に登板(内14試合先発)し、奪三振率は10.72とポテンシャルを見せたものの、2勝6敗、防御率5.57といまひとつだった。

2019年は開幕から先発ローテーション入りして18勝を挙げたが、9月19日にDVの容疑で出場停止となる処分を受けた[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 NYY 7 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 62 14.1 11 1 9 0 0 18 3 0 6 5 3.14 1.40
2018 21 14 0 0 0 2 6 0 0 .250 375 85.2 81 15 33 0 5 102 7 1 55 53 5.57 1.33
2019 27 24 0 0 0 18 4 0 0 .818 594 143.0 125 30 39 0 5 153 5 0 69 64 4.03 1.15
MLB:3年 55 38 0 0 0 20 11 0 0 .645 1031 243.0 217 46 81 0 10 273 15 1 130 122 4.52 1.23
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2017 NYY 7 2 0 1 0 .667
2018 21 3 5 0 1 1.000
2019 27 4 12 2 0 .889
MLB 55 9 17 3 1 .897
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 50(2017年 - 同年途中)
  • 64(2017年途中 - 同年終了)
  • 65(2018年)
  • 55(2019年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Domingo German Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ Pronunciation Guide” (英語). MLB.com. 2019年5月25日閲覧。
  3. ^ 2014 Futures Game Roster”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  4. ^ Joe Frisaro (2014年11月21日). “Nicolino among five to join Marlins' 40-man roster”. MLB.com. 2014年12月27日閲覧。
  5. ^ “Yankees acquire RHP Nathan Eovaldi, RHP Domingo German and INF Garrett Jones in five-player trade with Miami Marlins” (プレスリリース), MLB.com (New York Yankees), (2014年12月20日), http://m.yankees.mlb.com/news/article/104517290/yankees-and-marlins-complete-five-player-trade 2014年12月27日閲覧。 
  6. ^ Brandon Wise (2015年3月29日). “Report: Yankees' Domingo German may need Tommy John surgery”. CBS Sports FANTASY (CBS Interactive). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/report-yankees-domingo-german-may-need-tommy-john-surgery/ 2015年12月4日閲覧。 
  7. ^ Daniel Federico (2015年12月3日). “New York Yankees non-tender pitcher Domingo German” (英語). Outside Pitch Sports Network LLC. 2015年12月4日閲覧。
  8. ^ MLB公式プロフィール参照。2017年1月14日閲覧。
  9. ^ Bryan Hoch (2017年6月11日). “German sent down after solid MLB debut”. MLB.com. 2017年6月13日閲覧。
  10. ^ Bryan Hoch (2018年6月15日). “German snares first W on Gleyber's homer”. MLB.com. 2018年10月4日閲覧。
  11. ^ Jeff Passan (2019年9月19日). “Yankees' German put on leave under DV policy” (英語). ESPN. 2019年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]