ジョゼフ・ゴードン=レヴィット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼフ・ゴードン=レヴィット
Joseph Gordon-Levitt
Joseph Gordon-Levitt
2012年
本名 Joseph Leonard Gordon-Levitt
別名義 Joseph Gordon-Levitt
生年月日 1981年2月17日(35歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 176cm
職業 俳優
活動期間 1988年 -
配偶者 Tasha Mccauley (2014年 -)
主な作品
(500)日のサマー
インセプション
ダークナイト ライジング

ジョゼフ・ゴードン=レヴィットJoseph Gordon-Levitt, 本名: ジョゼフ・レナード・ゴードン=レヴィット、Joseph Leonard Gordon-Levitt, 1981年2月17日 - )は、アメリカ合衆国俳優。ファーストネームのジョゼフはジョセフと表記されることもある。身長177cm。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ、シャーマン・オークスで育つ。ユダヤ系の血を引く[1][2] 。父親のデニス・レヴィットはパシフィカ・ラジオのニュース・ディレクター、母親のジェーン・ゴードンは映画監督マイケル・ゴードンの娘。1974年生まれの兄ダンがいたが、2010年10月に36歳で亡くなった[3][4]。 2000年にコロンビア大学に進学し、歴史や文学を研究。特にフランス文学に傾倒し、フランス語を話すことができる[5]

キャリア[編集]

子役としてキャリアをスタートさせる。1992年公開の『リバー・ランズ・スルー・イット』で映画デビューし、ヤング・アーティスト・アワードの男優賞(10歳以下)を受賞。その後も映画やテレビシリーズにコンスタントに出演。

2009年公開の『G.I.ジョー』ではメインキャストのひとりを演じ、同年公開の『(500)日のサマー』ではゴールデングローブ賞 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

2010年以降、映画『インセプション』『ダークナイト ライジング』といった話題作に立て続けに出演している。

2013年には初監督作品『ドン・ジョン』が公開された(日本公開は2014年)[6]

2016年、ヘイスティ・プディング賞 マン・オブ・ザ・イヤーに選ばれた[7]

その他[編集]

ヒットリコード(HitRECord)という、オンライン共同制作会社を経営している[8][9]

尊敬する俳優はダニエル・デイ=ルイスゲイリー・オールドマン[10]

2014年12月20日にロボット工学の会社Fellow RobotsのCEOでもあるターシャ・マッコリーと結婚[11]。2015年8月15日に第1子の男児が誕生[12]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 リバー・ランズ・スルー・イット
A River Runs Through It
若き日のノーマン
1993 ロードランナー
Roadflower
リッチ
1994 ホーリー・ウェディング
Holy Matrimony
エゼキエル
エンジェルス
Angels In The Outfield
ロジャー・ボーマン
1996 陪審員
The Juror
オリヴァー
1998 ハロウィンH20
Halloween H20: 20 Years Later
ジミー・ハウエル
1999 恋のからさわぎ
10 Things I Hate About You
キャメロン・ジョーンズ
2000 ヴァージン・ハンド
Picking Up the Pieces
フラコ
2002 トレジャー・プラネット
Treasure Planet
ジム・ホーキンス 声の出演
2005 BRICK ブリック
Brick
ブレンダン
アン・ハサウェイ/裸の天使
Havoc
サム
サイレンサー
Shadowboxer
ドン医師
ミステリアス・スキン
Mysterious Skin
ニール
2007 ルックアウト/見張り
The Lookout
クリス・プラット
2008 ストップ・ロス/戦火の逃亡者
Stop-Loss
トミー・バージェス
セントアンナの奇跡
Miracle at St. Anna
ティム・ボイル
2009 キルショット
Killshot
リッチー・ニックス
(500)日のサマー
500 Days of Summer
トム・ハンセン
ハーフ・デイズ
Uncertainty
ボビー
EROTICS(エロティクス)美しい女たち
Women in Trouble
バート・ロドリゲス
G.I.ジョー
G.I.Joe:The Rise of Cobra
コブラコマンダー
2010 インセプション
Inception
アーサー
メタルヘッド
Hesher
ヘッシャー
スーパーポルノスター エレクトラ あなたのお悩み解決します!
Elektra Luxx
バート・ロドリゲス
2011 50/50 フィフティ・フィフティ
50/50
アダム・ラーナー
2012 ダークナイト ライジング
The Dark Knight Rises
ジョン・ブレイク
プレミアム・ラッシュ
Premium Rush
ワイリー
LOOPER/ルーパー
Looper
25歳のジョセフ・シモンズ
リンカーン
Lincoln
ロバート・トッド・リンカーン
2013 ドン・ジョン
Don Jon
ジョン・"ドン・ジョン"・マテーロ・Jr 監督・主演
風立ちぬ
The Wind Rises
堀越二郎 声の出演(英語版)
2014 シン・シティ 復讐の女神
Sin City: A Dame to Kill For
ジョニー
ザ・インタビュー
The Interview
本人役 カメオ出演
2015 ザ・ウォーク
The Walk
フィリップ・プティ
ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー
The Night Before
イーサン
2016 スノーデン
Snowden
エドワード・スノーデン 日本では2017年1月公開[13]

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1988 ファミリー・タイズ
Family Ties
Dougie 2エピソード
1991 タイムマシーンにお願い
Quantum Leap
Kyle 1エピソード
1998 ザット'70sショー
That '70s Show
Buddy Morgan 1エピソード
2005 NUMBERS 天才数学者の事件ファイル
Numb3rs
スコット・レイノルズ 第1シーズン第11話「セイバーメトリクス」

日本語吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ McCafferty, Dennis; Alan Carter, Lydia Strohl (1999年4月2日). “Favorites of a Young Rock Star”. USA Today, through Rome News-Tribune. http://news.google.ca/newspapers?id=mmowAAAAIBAJ&sjid=LTUDAAAAIBAJ&pg=2291,856956&dq=favorites-if-i-rock-star&hl=en 2010年7月9日閲覧。 
  2. ^ Elkin, Michael (2003年5月22日). “He has a Mania for Good Works”. The Jewish Exponent. http://www.highbeam.com/doc/1P1-79380481.html 2010年4月28日閲覧。 
  3. ^ Warner, Kara (2010年10月6日). “Joseph Gordon-Levitt's Brother Dead At 36”. MTV. Viacom. 2010年10月6日閲覧。
  4. ^ Joseph Gordon-Levitt's Brother, 'Burning Dan,' Dies”. The Wrap. The Wrap News Inc (2010年10月5日). 2010年10月6日閲覧。
  5. ^ Lidz, Frank (2007年3月25日). “From Alien Boy to Growing Star in the Indie Universe”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/03/25/movies/25lidz.html?_r=1&ref=movies&oref=slogin 2007年3月26日閲覧。 
  6. ^ ドン・ジョン”. シネマトゥデイ. 2014年6月6日閲覧。
  7. ^ ジョセフ・ゴードン=レヴィットがヘイスティ・プディング賞マン・オブ・ザ・イヤーに!”. シネマトゥデイ (2016年1月25日). 2016年1月26日閲覧。
  8. ^ hitRECord in a nutshell”. 2012年9月3日閲覧。
  9. ^ Stein, Joel (2011年9月18日). “Profiling Joseph Gordon-Levitt: The Crowd-Sourced Version”. Time Magazine. http://www.time.com/time/arts/article/0,8599,2093273,00.html 2011年10月2日閲覧。 
  10. ^ “Talking Shop: Joseph Gordon-Levitt”. BBC News. (2009年8月22日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/8214816.stm 2010年1月11日閲覧。 
  11. ^ 『ダークナイト・ライジング』のジョセフ・ゴードン=レヴィット、結婚”. シネマトゥデイ (2015年1月3日). 2015-0105閲覧。
  12. ^ ジョセフ・ゴードン=レビットに男児誕生”. 映画.com (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  13. ^ “スノーデンはなぜ告発を決めたのか?オリヴァー・ストーン最新作が公開決定”. 映画ナタリー. (2016年9月15日). http://natalie.mu/eiga/news/201909 2016年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]