スノーデン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スノーデン
Snowden
監督 オリバー・ストーン
脚本
  • キーラン・フィッツジェラルド
  • オリバー・ストーン
原作
製作
製作総指揮
  • マックス・アルヴェレズ
  • マイケル・バシック
  • ダグラス・ハンセン
  • ジョゼ・イバネス
  • ピーター・ローソン
  • セルジュ・ロボ
  • バーマン・ナラギ
  • トム・オーテンバーグ
  • ジェームズ・D・スターン
  • クリストファー・ウッドロウ
出演者
音楽
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
編集
  • アレックス・マルケス
  • リー・パーシー
製作会社
配給 オープン・ロード・フィルムズ
日本の旗 ショウゲート
公開 カナダの旗 2016年9月 (TIFF)
アメリカ合衆国の旗 2016年9月16日
日本の旗2017年1月27日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

スノーデン』(Snowden)は、オリバー・ストーン監督、キーラン・フィッツジェラルド及びストーン脚本による2016年のアメリカ合衆国の伝記ポリティカル・スリラー映画英語版である。ルーク・ハーディング英語版のノンフィクション本『スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実英語版』及びアナトリー・クチェレナ英語版の本『Time of the Octopus』が原作となっている。出演はジョセフ・ゴードン=レヴィットシャイリーン・ウッドリーメリッサ・レオザカリー・クイントトム・ウィルキンソンスコット・イーストウッドローガン・マーシャル=グリーンティモシー・オリファントベン・シュネッツァーキース・スタンフィールドリス・エヴァンスニコラス・ケイジらである。撮影は2015年2月16日よりドイツミュンヘンなどで行われた。

2016年9月16日よりオープン・ロード・フィルムズ配給で北米公開された[1]

日本では、2017年1月27日に公開上映開始。

内容[編集]

2013年6月にコンピュータ専門家のエドワード・スノーデンアメリカ国家安全保障局の機密情報を『ガーディアン』誌に暴露した事件の詳細が描かれる。

キャスト[編集]

製作[編集]

企画[編集]

オリバー・ストーンは複数回に渡ってモスクワエドワード・スノーデンと会い、彼に起こったことを調べている。

オリバー・ストーンは最初に映画の話を持ちかけられた際には躊躇した。彼はジェイミー・フォックス主演予定であったマーティン・ルーサー・キング・ジュニアの伝記映画で揉めている最中であり、新たな火種を望んではいなかった[3]。監督を躊躇していたが[4]、一連の出来事と説得によりストーンは最終的に引き受ける決意をした。ポイトラスと共にスノーデンの暴露に協力したジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは彼にアドバイスを与え、一方で数ヵ月後、スノーデンの弁護士のアナトリー・クチェレナ英語版が面会のためにプロデューサーを通してストーンに連絡を取った[3]。事件について記したグリーンウォルドの本の映画化権はコロンビア映画が既に取得済みであった[4]。2014年6月2日、ストーンとモリッツ・ボーマン英語版ルーク・ハーディング英語版によるノンフィクション本『スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実英語版』の権利を獲得し、ストーンがそれを基にした映画の脚本と監督を務めることが発表された[5]。ストーンは『Snowden』を監督する契約を交わしたため、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの企画からは降板した[6]。2014年6月10日、ストーンがさらにクチェレナの本『Time of the Octopus』の権利も獲得し、『スノーデンファイル』と併せた2冊を基に脚本を書く事が明らかとなった[7]。2014年11月6日、オープン・ロード・フィルムズが米国での配給権を獲得し、一方でワイルド・バンチ英語版が海外セールスの舵を取ることとなった[8]。さらに2014年11月10日、『Deadline』はエンドゲーム・エンターテインメントが製作に加わったことを報じた[9]。2015年4月、ウィキリークスはストーンがハーディングの本の権利購入のために70万ドル、クチェレナの本に100万ドルを支払ったことを明かした[10]

プリプロダクション[編集]

「アメリカ人に関する話なのにアメリカでこの映画への出資ができないというのは奇妙なことだ。そしてあなたが公然と親米ではない任意の対象への影響を考える場合、非常に憂慮すべきだろう。彼らは我々に表現の自由があると言う。しかし思案は賄われ、制御され、またメディアも制御される。この国はその上で非常にタイトであり、そして特定のレベルで許可される批判がない。あなたは既に死んだ市民活動家についての映画を作ることはできるが、現在の人物についてのものを作るのは簡単な事ではない」

——オリバー・ストーン監督[3]

撮影開始前、ストーンとゴードン=レヴィットはスノーデン逮捕を企てる米国政府から逃れるために彼が恋人のリンゼイ・ミルズと共に住んでいたモスクワを訪れた[3]。ゴードン=レヴィットは彼をフィリップ・プティ(ゴードン=レヴィットが2015年の映画『ザ・ウォーク』で演じた)に似た人物であると説明した[11]。しかしながらプロジェクトに参加する米国企業が現れず、またスタジオの協力も得られらずに資金調達が困難となった[3]。その後、イギリスとドイツからの資金調達が決まり、撮影はドイツで行われることとなった[3][4]

キャスティング[編集]

2014年9月21日、アメリカ国家安全保障局(NSA)の機密情報を2013年6月に主要メディアに暴露したコンピュータ専門家のエドワード・スノーデン役のためジョゼフ・ゴードン=レヴィットと交渉中であることが報じられた[12]。2014年11月10日、ゴードン=レヴィットが主役を務めることが報じられた[13]。2014年11月14日、スノーデンの恋人のリンゼイ・ミルズ役のためシェイリーン・ウッドリーとの最終交渉に入ったことが報じられた[14]。2015年2月2日、スコット・イーストウッドがNSA捜査官役で加わった[15]。2015年2月4日、メリッサ・レオがドキュメンタリー映画作家のローラ・ポイトラス英語版役、ザカリー・クイントがスノーデンにより機密情報の提供相手に選ばれたジャーナリストのグレン・グリーンウォルド役、トム・ウィルキンソンがスノーデンの暴露の報道を助けた『ガーディアン』のジャーナリストのユエン・マッカスキル英語版役でキャストに加わった[16]。2015年2月13日、『バラエティ』はベン・シュネッツァーが加わったことを報じた[17]。2015年2月19日、ロシアに逃亡する前にスノーデンを助けたCIA捜査官役でティモシー・オリファントが加わり[18]、さらに2月20日にはリス・エヴァンスジョエリー・リチャードソンが追加された[19]。2015年2月23日、ニコラス・ケイジが元米国諜報機関職員役での出演契約を交わした[20]。2015年2月25日、キース・スタンフィールドがスノーデンの親友でもあるNSAの同僚役でキャストに加わった[21]

スノーデンを演じるにあたってゴードン=レヴィットは技術と民主主義の関係についての「対話を促進するのを助ける」ために出演料を全額寄付することを約束した[22]

撮影[編集]

主要撮影英語版は2015年2月16日にドイツミュンヘンで始まった[23]。4月半ばにはワシントンD.C.での撮影が行われた[24]。4月15日から18日にかけてはハワイ州で撮影が行われた。映画に使われた家はスノーデンが実際に住んでいたのと同じ通りのものである。4月末にはザ・ミラ ・ホンコン英語版での撮影が始まり、さらに続いて土瓜湾の古いビルでも行われた[25]。撮影は5月末まで続いた[19]

NSAの干渉を恐れたストーンは米国外での撮影を決めていた[3]。ストーンは「我々はここで危険に晒されているような気がした。我々にはNSAが何をするのかわからなかったので、ミュンヘンで終わらせた。そしてそれは美しい経験だった」と語った[3]

公開[編集]

2015年2月20日、オープン・ロード・フィルムズは2015年12月25日米国公開の予定を組んだ[19]パテは2015年12月30日にフランスで公開、ユニバーサム・フィルムは2016年1月7日にドイツで公開する予定であった[19]。しかしながら2015年9月、オープン・ロードは公開日を2016年に延期させた。スタジオは延期理由を明かさなかったが、『ハリウッド・リポーター』誌はおそらく映画がまだ未完成であるからだと報じた[26]。2015年10月7日、公開予定日は2016年5月13日となることが発表された[27]。2016年2月19日、賞レースコンテンダーにふさわしいクオリティであるとみなされたために公開日は9月16日に延期された[28]。2016年4月27日、1本目の予告編が公開された[29]

第69回カンヌ国際映画祭監督のティエリー・フレモー英語版は映画を鑑賞し、「本当に素晴らしい作品だ。『シチズンフォー スノーデンの暴露英語版』を見事に補完している。多くを理解するのに役立つ」と賞賛した。フレモーはカンヌでの上映を望んでいたが、プロデューサーは「オスカーを目指したいのでカンヌでのプレミアは少々早すぎる」と説明して断った[30]。2016年9月に第41回トロント国際映画祭で行われ[31]、さらに第64回サン・セバスティアン国際映画祭でヨーロッパ・プレミアが行われる予定である[32]

ストーンはサンバレーにあるアーネスト・ヘミングウェイの旧宅でプライベート上映会を開き、ローラ・ポイトラス英語版を演じたメリッサ・レオらを含む約2ダースの観客が招かれた。招待客には秘密保持契約が結ばされた[3]

2016年7月21日にはサンディエゴ・コミコンで招待者限定の上映会が開かれ[33]、さらに同イベントで2本目の予告編が公開された[34]

日本では、2016年9月15日にストーンの70歳の誕生日に合わせて、公開日が2017年1月27日になることが発表された[35]

参考文献[編集]

  1. ^ Emma Roberts-Dave Franco Thriller ‘Nerve’ To Sneak At Comic-Con”. Deadline.com (2016年7月19日). 2016年7月18日閲覧。
  2. ^ “ニコラス・ケイジがCIAエンジニアに、「スノーデン」新場面写真”. 映画ナタリー. (2016年12月27日). http://natalie.mu/eiga/news/214842 2016年12月28日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i Stephen Galloway (2016年3月8日). “Oliver Stone Reveals Clandestine Meetings With Edward Snowden, NSA Worries”. The Hollywood Reporter. 2016年3月9日閲覧。
  4. ^ a b c Rhonda Richford (2016年6月22日). “Oliver Stone Reveals Details About His 'Snowden' Biopic”. The Hollywood Reporter. 2016年6月22日閲覧。
  5. ^ Kemp, Stuart (2014年6月2日). “Oliver Stone to Direct Edward Snowden Film”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/oliver-stone-direct-edward-snowden-708637 2015年2月21日閲覧。 
  6. ^ Matt Brennan (2016年3月8日). “Oliver Stone Talks About Critical Responses, His Failed MLK Film and Why He's Not Excited for the American Future”. Indiewire. 2016年3月9日閲覧。
  7. ^ Kemp, Stuart (2014年6月10日). “Oliver Stone Options Novel by Edward Snowden's Russian Lawyer”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/oliver-stone-options-novel-by-710699 2015年2月21日閲覧。 
  8. ^ McClintock, Pamela (2014年11月6日). “Oliver Stone's Edward Snowden Film Fails to Find Major Studio Home”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/oliver-stones-edward-snowden-film-747223 2015年2月6日閲覧。 
  9. ^ Fleming Jr, Mike (2014年11月10日). “Oliver Stone's Edward Snowden Movie Acquired By Open Road & Endgame – Update”. deadline.com. http://deadline.com/2014/11/edward-snowden-oliver-stone-open-road-acquisition-1201276045/ 2015年2月6日閲覧。 
  10. ^ “Press Release”. WikiLeaks. (2015年4月16日). https://wikileaks.org/sony/press/ 2015年4月16日閲覧。 
  11. ^ Tom Lamont (2015年9月18日). “Joseph Gordon-Levitt: 'Edward Snowden was warm, kind, thoughtful'”. The Guardian. 2016年3月9日閲覧。
  12. ^ Fleming Jr, Mike (2014年9月21日). “Joseph Gordon-Levitt Circling Edward Snowden Role In Oliver Stone Film”. deadline.com. http://deadline.com/2014/09/edward-snowden-joseph-gordon-levitt-oliver-stone-movie-838084/ 2015年2月6日閲覧。 
  13. ^ Alter, Charlotte (2014年11月10日). “Joseph Gordon-Levitt Will Play Edward Snowden in New Movie”. time.com. http://time.com/3576851/joseph-gordon-levitt-edward-snowden-oliver-stone-2/ 2015年2月6日閲覧。 
  14. ^ Siegel, Tatiana (2014年11月14日). “Shailene Woodley in Talks to Star in Oliver Stone's Snowden Film (Exclusive)”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/shailene-woodley-talks-star-oliver-749321 2015年2月6日閲覧。 
  15. ^ Patten, Dominic (2015年2月2日). “Scott Eastwood Joins Oliver Stone's Edward Snowden Pic”. deadline.com. http://deadline.com/2015/02/scott-eastwood-joins-oliver-stones-edward-snowden-movie-joseph-gordon-levitt-1201365078/ 2015年2月6日閲覧。 
  16. ^ Sneider, Jeff (2015年2月4日). “Melissa Leo, Zachary Quinto, Tom Wilkinson to Play ‘Citizenfour’ Trio in Oliver Stone’s Edward Snowden Movie (Exclusive)”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/melissa-leo-zachary-quinto-tom-wilkinson-to-play-citizenfour-trio-in-oliver-stones-edward-snowden-movie-exclusive/ 2015年2月6日閲覧。 
  17. ^ Kroll, Justin (2015年2月13日). “'Pride' Actor Joins Oliver Stone's Edward Snowden Film”. variety.com. http://variety.com/2015/film/news/pride-actor-joins-oliver-stones-edward-snowden-film-1201433828/ 2015年2月16日閲覧。 
  18. ^ Fleming Jr, Mike (2015年2月19日). “Timothy Olyphant Follows 'Justified' With Oliver Stone's Edward Snowden Film”. deadline.com. http://deadline.com/2015/02/timothy-olyphant-edward-snowden-oliver-stone-justified-1201377046/ 2015年2月21日閲覧。 
  19. ^ a b c d McNary, Dave (2015年2月20日). “Oliver Stone's 'Snowden' Set for Christmas Release in U.S.”. variety.com. http://variety.com/2015/film/news/oliver-stones-snowden-set-for-christmas-release-in-u-s-1201437889/ 2015年2月21日閲覧。 
  20. ^ Jaafar, Ali (2015年2月23日). “Nicolas Cage Joins Oliver Stone's 'Snowden'”. deadline.com. http://deadline.com/2015/02/nicolas-cage-oliver-stone-edward-snowden-joseph-gordon-levitt-shailene-woodley-1201379489/ 2015年2月23日閲覧。 
  21. ^ Patten, Dominic (2015年2月25日). “Oliver Stone's 'Snowden' Pic Adds 'Straight Outta Compton' Actor”. deadline.com. http://deadline.com/2015/02/lakeith-lee-stanfield-in-oliver-stone-snowden-straight-outta-compton-1201381407/ 2015年2月26日閲覧。 
  22. ^ Jason Murdock (2016年2月8日). “Edward Snowden movie: Joseph Gordon-Levitt set to donate acting fee”. International Business Times. 2016年3月9日閲覧。
  23. ^ “On The Set For 2/16/15: David O. Russell Starts Lensing 'Joy', 'Maze Runner 2' Wraps & More”. ssninsider.com. (2015年2月16日). http://www.ssninsider.com/on-the-set-for-21615-david-o-russell-starts-lensing-joy-maze-runner-2-wraps-more/ 2015年2月16日閲覧。 
  24. ^ “New Photo of Joseph Gordon-Levitt and Shailene Woodley in Snowden”. comingsoon.net. (2015年4月6日). http://www.comingsoon.net/movies/news/427017-new-photo-of-joseph-gordon-levitt-and-shailene-woodley-in-snowden#/slide/1 2015年4月7日閲覧。 
  25. ^ “Hollywood film "Snowden" crews have arrived Hong Kong for shooting” (Chinese). Local Press Hong Kong (Hong Kong: Local Press). (2015年4月27日). http://localpresshk.com/2015/04/%E8%8D%B7%E9%87%8C%E6%B4%BB%E9%9B%BB%E5%BD%B1snowden%E6%8A%B5%E9%A6%99%E6%B8%AF%E5%8F%96%E6%99%AF/ 2015年4月28日閲覧。 
  26. ^ Tatiana Siegel (2015年9月14日). “Oliver Stone's 'Snowden' Pushed to 2016 (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. (Prometheus Global Media). 2015年9月14日閲覧。
  27. ^ Busch, Anita (2015年10月7日). “‘Snowden’s’ New Release Date: Early Summer 2016”. deadline.com. http://deadline.com/2015/10/snowden-movie-release-date-summer-2016-1201567503/ 2015年10月29日閲覧。 
  28. ^ McNary, Dave (2016年2月19日). “Joseph Gordon-Levitt’s ‘Snowden’ Release Date Pushed Back”. Variety. http://variety.com/2016/film/news/joseph-gordon-levitt-snowden-release-date-1201710677/ 2016年2月19日閲覧。 
  29. ^ “SNOWDEN - Official Trailer”. YouTube. (2016年4月27日). https://www.youtube.com/watch?v=QlSAiI3xMh4 2015年7月21日閲覧。 
  30. ^ Calvario, Liz (2015年4月15日). “Thierry Fremaux: Festival Director Reveals Real Reason Oliver Stone's 'Snowden' Isn't Going to Cannes”. indiewire.com. http://www.indiewire.com/article/snowden-not-screening-cannes-film-festival-2016-edward-oliver-stone-20160415/ 2016年4月22日閲覧。 
  31. ^ EW Staff (2016年7月26日). “Toronto Film Festival 2016: See First Look Images From This Year's Lineup”. Entertainment Weekly. 2016年7月26日閲覧。
  32. ^ Georg Szalai (2016年7月8日). “Oliver Stone's 'Snowden' to Get Europe Premiere at San Sebastian Festival”. The Hollywood Reporter. 2016年7月8日閲覧。
  33. ^ Fleming Jr, Mike (2016年7月18日). “‘Snowden’ Surprise Comic-Con Screening Set For Thursday”. dateline.com. http://deadline.com/2016/07/snowden-comic-con-surprise-screening-oliver-stone-edward-snowden-joseph-gordon-levitt-1201788059/ 2016年7月21日閲覧。 
  34. ^ “Snowden - Official Trailer 2”. YouTube. (2016年7月21日). https://www.youtube.com/watch?v=X41bfQa7xFQ 2015年7月21日閲覧。 
  35. ^ “スノーデンはなぜ告発を決めたのか?オリヴァー・ストーン最新作が公開決定”. 映画ナタリー. (2016年9月15日). http://natalie.mu/eiga/news/201909 2016年9月15日閲覧。 

外部リンク[編集]