アレキサンダー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレキサンダー
Alexander
Alexander movie film 2004 película Alejandro Magno.jpg
監督 オリヴァー・ストーン
脚本 オリヴァー・ストーン
クリストファー・カイル
レータ・カログリディス
製作 モリッツ・ボーマン英語版
ジョン・キリク
トーマス・シューリー
イアイン・スミス英語版
オリヴァー・ストーン
製作総指揮 ポール・ラッサム
マティアス・ダイル
ピエール・グルンステイン
出演者 コリン・ファレル
アンジェリーナ・ジョリー
アンソニー・ホプキンス
音楽 ヴァンゲリス
撮影 ロドリゴ・プリエト
編集 トム・ノードバーグ
ヤン・エルヴェ
アレックス・マルケス
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 松竹日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 2004年11月24日
日本の旗 2005年2月5日
上映時間 173分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
オランダの旗 オランダ
言語 英語
製作費 $155,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $34,297,191[1]
世界の旗 $167,298,192[1]
日本の旗 12.5億円[2]
テンプレートを表示

アレキサンダー』(Alexander)は、2004年アメリカ合衆国歴史映画。監督はオリヴァー・ストーン、出演はコリン・ファレルアンジェリーナ・ジョリーアンソニー・ホプキンスなど。紀元前4世紀マケドニアアレクサンドロス3世(アレクサンダー大王)の生涯を描く伝記映画

ストーリー[編集]

アレキサンダー大王が亡くなってから40年後、その臣下であったプトレマイオス1世は、アレキサンダーの生涯について記録を残そうとしていた。

紀元前356年マケドニア王フィリッポスと母オリンピアス の間にアレキサンダーは生まれる。息子を王にすることだけに情熱を燃やす母と、権力を奪われることを恐れる父は絶えず争う。両親の愛に飢えたアレキサンダーは、ヘファイスティオンら同年代の友人との友情に心の平穏を見出していた。やがて何者かにより父王が暗殺される。突然、マケドニア王になった20歳のアレキサンダーは、ギリシア、そして西アジア全域に進軍して圧勝し、24歳でエジプトの王となると、ペルシア帝国への遠征を開始する。

紀元前331年に世界最強と言われたペルシア帝国を滅亡させると、東西融合政策の方針のもと、その軍隊を東へと進め、まさに移動する帝国となる。

アジア侵攻の途中で、アレキサンダーは母の忠告にもかかわらず、バクトリアの王女ロクサネを第一夫人に迎える。アジア人との結婚を将軍たちは激しく批判し、軍隊の間に不満が蓄積し始める。アレキサンダーは仲間に命を狙われるようになり、不満分子を粛清しながら遠征をし続ける。

次第に孤立していくアレキサンダーはついにインドの地を踏むが、バビロンに戻って新たな遠征計画に取り掛かった頃、32歳の若さで謎の突然死を遂げる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

サウンドトラック[編集]

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、207件の評論のうち高評価は16%にあたる33件のみで、平均点は10点満点中4点、批評家の一致した見解は「3時間近くもある、この退屈で、語りの多すぎる、感情移入できない伝記映画は、アレキサンダーの人生を照らし出すことに失敗している。」となっている[3]Metacriticによれば、42件の評論のうち、高評価は8件、賛否混在は16件、低評価は18件で、平均点は100点満点中39点となっている[4]

受賞歴[編集]

部門 対象者 結果
第25回ゴールデンラズベリー賞[5] 最低作品賞 ノミネート
最低監督賞 オリヴァー・ストーン
最低脚本賞 オリヴァー・ストーン
クリストファー・カイル
レータ・カログリディス
最低主演男優賞 コリン・ファレル
最低主演女優賞 アンジェリーナ・ジョリー
※『テイキング・ライブス』での演技と合わせて
最低助演男優賞 ヴァル・キルマー

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ファレルの母親役を演じているが、実年齢ではジョリーがほぼ1歳年上でしかない。

出典[編集]

  1. ^ a b c Alexander” (英語). Box Office Mojo. 2022年7月7日閲覧。
  2. ^ 2005年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ Alexander” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年7月7日閲覧。
  4. ^ "Alexander" (英語). Metacritic. Red Ventures. 2022年7月7日閲覧。
  5. ^ 2004年 第25回 ラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)”. allcinema. 2022年7月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]