天と地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天と地
Heaven & Earth
監督 オリバー・ストーン
脚本 オリバー・ストーン
製作 オリバー・ストーン
A・キットマン・ホー
ロバート・クライン
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
マリオ・カサール
出演者 トミー・リー・ジョーンズ
ジョアン・チェン
ダリル・ハンナ
ヘップ・ティ・リー
音楽 喜多郎
主題歌 天と地~ランド・テーマ
撮影 ロバート・リチャードソン
編集 デヴィッド・ブレナー
サリー・メンケ
製作会社 リージェンシー・エンタープライズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 1993年12月25日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $33,000,000[1]
興行収入 $5,864,949[1]
テンプレートを表示

天と地』(原題:Heaven & Earth)は、1993年制作のアメリカ映画オリバー・ストーン脚本・監督。出演はトミー・リー・ジョーンズハイン・S・ニョールジョアン・チェンヘップ・ティ・リーなど。『プラトーン』(1986年)、『7月4日に生まれて』(1989年)と併せて、ストーン監督のベトナム戦争三部作をなす。

映画は、レ・リー・ヘイスリップ( Le Ly Hayslip )がベトナム戦争期の自身の体験について書いた小説『When Heaven and Earth Changed Places』を原作としている。

あらすじ[編集]

レ・リー・ヘイスリップ(ヘップ・ティ・リー)は、抗仏戦争中にベトナム中部の、当時キ・ラと呼ばれた農村に生まれる。 穏やかな美しい村であったが、この村が南北ベトナムの国境線付近であったためこの村の人々と彼女の人生は否応なく戦争に巻き込まれていった。

彼女がベトコン側の見張りをしていて、ベトナム共和国政府軍兵士の進行をベトコン側に通報したため、ベトナム共和国政府軍に逮捕・拷問される。家族の働きかけによって釈放されるが、そのことでベトコンにスパイと疑われ、二人のベトコン兵士にレイプされる。そして、村人からも疑いの目をかけられるようになり、彼女は村を離れなければならなくなった。

彼女と母親はサイゴンで、アインという金持ちの屋敷で雇われることになった。 そのうちにレ・リーはハンサムな主人アインに惹かれ恋心を抱くようになり、彼の子を妊娠してしまう。アインの妻に妊娠したことを知られ、レ・リーと母親は故郷近くの街ダナンに追い返されることになった。

母親は商売がうまくいかず故郷の村に帰ってしまうが、帰ることのできない彼女は生まれた子供ともに困窮しながらも米軍のゴミ収拾場で働きはじめ、ついには米軍兵相手に売春をしてしまう。 後に韓国軍のカジノの職を得て生活は安定し、アメリカ海兵隊の射撃隊軍曹スティーブ・バトラー(トミー・リー・ジョーンズ)と出会う。 彼女は過去の不運な恋愛経験などから、最初は彼に冷たくするがスティーブは彼女の心を解きほぐしていく。 二人は結婚し新しい家庭を持つことになったが、日に日に戦況は悪化し、終にはベトナム共和国政府が崩壊してしまう。

スティーブが戦場へ向かったため、二人は離ればなれになってしまうが、後に再会する。そして二人はベトナムを去り、アメリカに行く。 人生を共に歩み始め、レ・リーは夫の反対を押し切って始めた商売が軌道に乗り、アメリカ社会に適応するが、スティーブは特殊部隊で過ごした殺戮の日々の記憶とアメリカでの仕事がうまくいかないことから心を次第に蝕み、二人の心には距離が開き、ついに離婚してしまう。海兵隊をクビになったスティーブは結婚生活も仕事も失ってしまい絶望する。レ・リーは僧侶と話しあい、スティーブを赦しやり直す気になるが、スティーブが子供を連れ去ってしまう。レ・リーはスティーブに、戻ってくれるよう必死に語りかけるが、スティーブは自殺してしまう。

悲劇から何年もが過ぎ、レ・リーは息子らを連れてベトナムに戻り、再び故郷の地に立つ。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
レ・リー ヘップ・ティ・リー 日野由利加
スティーヴ・バトラー トミー・リー・ジョーンズ 菅生隆之
パパ ハイン・S・ニョール 山野史人
ママ ジョアン・チェン 朝倉佐知
ボン ヴィン・ダン 福田信昭
ルク叔父 トゥアン・K・ヌエン
サオ ダスティン・ヌエン 牛山茂
ハイ マイ・レ・ホー
ラリー デイル・ダイ
ユージニア デビー・レイノルズ
ポール ロバート・ジョン・バーク
尋問官 マイケル・ポール・チャン
ビッグ・マイク ティモシー・カーハート

その他、秋元羊介津田英三滝沢久美子田原アルノ有馬瑞香古澤徹さとうあい中田和宏平田広明磯部弘佐藤しのぶ田口昂弘中くみ子西宏子沢海陽子岡村明美宝亀克寿小野英昭滝雅也

音楽[編集]

天と地/Heaven and Earth
喜多郎サウンドトラック
リリース 1993年12月16日日本の旗
ジャンル 映画音楽
レーベル ゲフィン・レコードアメリカ合衆国の旗
MCAビクター日本の旗
喜多郎 年表
特選
(1993年)
天と地
(1993年)
MANDALA
1994年
テンプレートを表示

音楽担当は喜多郎。同年度のゴールデングローブ賞作曲賞を受賞した。

サウンドトラック収録楽曲[編集]

  1. Heaven and Earth~Land Theme~/天と地~ランド・テーマ
  2. Sau Dau Tree/サウ・ダウ・トゥリー
  3. Ahn & Le Ly Love Theme/アンとリーライ 愛のテーマ
  4. Saigon Reunion/サイゴン・リュニオン
  5. Arvin/ヴェトナム共和国陸軍
  6. Sau Nightmare/サウの悪夢
  7. V.C.Bonfire/ヴェトコン・ボンファイアー
  8. Trong Com/トロング・コム
  9. Ahn's House/アンの家:エントランス~私の家へ~アンとの別れ
  10. Destiny/運命
  11. Last Phone Call/最後の電話
  12. A Child Without a Father/父のいない子
  13. Village Attack/The Arrest/襲撃/拘禁
  14. Walk to the Village/ウォーク・トゥ・ザ・ヴィレッジ
  15. Steve's Ghost/スティーヴの亡霊
  16. Return to Vietnam/ヴェトナムへの帰郷
  17. End title/エンド・タイトル

脚注[編集]

  1. ^ a b Heaven and Earth (1993)”. Box Office Mojo. 2009年11月13日閲覧。

外部リンク[編集]