謎めいた肌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

謎めいた肌』 または 『ミステリアス・スキン』 は、1995年スコット・ヘイムが発表した小説、またはこの小説を原作として日系アメリカ人監督のグレッグ・アラキが撮影した映画。原題はMysterious Skin(日本語訳の『謎めいた肌』は2005年出版の『少年への性的虐待』より)。

あらすじ[編集]

4万人の人々が暮らす、カンザス州ハッチンソンに住む少年達。二人の少年はリトルリーグに入団していた。だが、その男性コーチは性的虐待を行う人間であり、その2人を食い物にした。

やがて、大人になり二人は再会し、ようやくまともに被害体験を話せるようになる。だが、そのうちの一人はその体験が忘れられずに強迫的な男娼となり、もう一人はその時の記憶を喪失しエイリアンに連れ去られるという幻想を持ってしまっていた。

登場人物[編集]

刊行情報[編集]

映画[編集]

ミステリアス・スキン
Mysterious Skin
監督 グレッグ・アラキ
脚本 グレッグ・アラキ
原作 スコット・ヘイム
製作 グレッグ・アラキ
出演者 ジョセフ・ゴードン=レヴィット
ブラディ・コーベット
ミシェル・トラッチェンバーグ
エリザベス・シュー
メアリー・リン・ライスカブ
音楽 ハロルド・バッド
ロビン・ガスリー
撮影 スティーヴ・ゲイナー
編集 グレッグ・アラキ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年5月6日
オランダの旗 2005年8月25日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オランダの旗 オランダ
言語 英語
製作費 1000万ドル
興行収入 約70万ドル
テンプレートを表示

2004年第61回ヴェネツィア国際映画祭で初披露され、2006年の「Polished Apple Awards - Best Movie」を受賞した。日本では劇場未公開だが、2005年東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で上映された。

関連書籍[編集]

著者のリチャード・B・ガートナーは、男性への性的虐待問題についての専門家の一人で、この小説に高い評価を下している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]