ジェイアール東日本ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ジェイアール東日本ビルディング
JR East Building Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 JEBL[ジェイビル]
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木二丁目7番7号
南新宿277ビル2階、7階[1]
設立 2005年7月1日
業種 不動産業
事業内容 不動産事業、オフィスビル運営事業、コンファレンス事業他
代表者 代表取締役社長 田邉 滋
資本金 4億8千万円
売上高 355億円(2012年3月)375億円(2013年3月)
従業員数 109名(2014年1月現在)
主要株主 東日本旅客鉄道株式会社 100%
外部リンク http://www.jebl.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ジェイアール東日本ビルディング(ジェイアールひがしにほんビルディング)は、オフィスビル運営事業等を行う東日本旅客鉄道(JR東日本)の完全子会社連結子会社)。

運営事業[編集]

オフィスビル運営管理事業
2013年3月現在で、開発及び取得した21棟でオフィスビル事業を展開している。

ほか

コンファレンス運営事業
  • ステーションコンファレンス東京(サピアタワー4-6階の貸会場・貸会議室)
  • ステーションコンファレンス万世橋(JR神田万世橋ビル内、会議室の他、キッチンルームやスタジオルームなど特徴ある貸室がある)
  • ステーションコンファレンス池袋(池袋メトロポリタンプラザビルの貸会場・貸会議室)

沿革[編集]

  • 1990年4月 - JR東日本が、駅ビル事業子会社として東京圏駅ビル開発株式会社(現・株式会社アトレ)を設立。
  • 1992年
    • 3月 - JR大宮西口ビル竣工
    • 4月 - JR八丁堀ビル竣工
  • 1993年2月 - JR信濃町ビル竣工
  • 1997年10月 - JR恵比寿ビル竣工
  • 2002年4月 - JR東急目黒ビル竣工
  • 2004年2月 - JR品川イーストビル竣工
  • 2005年
    • 7月1日 - JR東日本が、オフィスビル運営事業子会社として株式会社ジェイアール東日本ビルディングを設立。
    • 10月 - 東京ビル竣工
    • 11月 - 東京圏駅ビル開発株式会社がオフィスビル事業(JR大宮西口ビル、JR大宮西口ビル2、JR八丁堀ビル、JR信濃町ビル)について会社分割を行い、株式会社ジェイアール東日本ビルディングが承継。
  • 2007年
    • 3月 - サピアタワー竣工
    • 11月 - グラントウキョウノースタワー・サウスタワー竣工
  • 2010年4月1日 - 株式会社ジェイアール東日本ビルディングが池袋ターミナルビル株式会社を吸収合併し、メトロポリタンプラザ管理運営事業を継承。
  • 2012年
  • 2013年
    • 1月頃 - 東京都千代田区神田須田町の旧万世橋駅跡地・交通博物館跡地にJR神田万世橋ビル開業
    • 7月頃 - 東京都豊島区南大塚にJR大塚駅直結のJR大塚南口ビル開業
  • 2016年
    • 春頃 - 東京都渋谷区にJR新宿駅直結のJR新宿駅新南口ビル(仮称)開業予定
    • 11月14日 - 本社を東京都中央区八重洲から東京都渋谷区代々木に移転[1][4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “オフィス移転のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社ジェイアール東日本ビルディング, (2016年11月4日), オリジナル2016年11月18日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20161118193121/http://www.jebl.co.jp/admin/news/pdf/161104.pdf 2016年11月19日閲覧。 
  2. ^ JR南新宿ビル(仮称)の建設 JR東日本・2009年9月2日プレスリリース
  3. ^ 神田万世橋ビル(仮称)の建築について JR東日本・2010年3月25日プレスリリース
  4. ^ “JEBL 本社を新宿に移転”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年11月16日) 

外部リンク[編集]