キャプテン (音楽グループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キャプテン
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル
活動期間 1981年 -
レーベル ビクター音楽産業(〜1990年)
事務所 ボンド企画(〜1990年)
共同作業者 松本伊代(1981年〜1983年)
麻生真宮子(1984年〜1987年)
メンバー 北沢清子(ボーカル・コーラス)
山本恵子(ボーカル・コーラス)

キャプテンは、1980年代日本の2人組アイドルグループ。当時の所属事務所はボンド企画

メンバー[編集]

略歴[編集]

  • 1982年スクールメイツの北沢清子と山本恵子の2人で結成。デビュー当時の松本伊代のバックダンサー兼コーラスとして2年半活動(最初の数ヶ月は「スクールメイツ」としてバックに付いていた)。
  • 1984年麻生真美子と3人で「麻生真美子&キャプテン」(後述)を結成。
  • 1987年、グループを解散。
  • 同年、「Be-2(ビーツー)」(後述)として再デビュー。
  • その後、地方のバラエティ番組で司会を務めたのち芸能界を引退することになったが、ビートたけし(北野武)から「やめちゃダメだ…ねえちゃん達はティナ・ターナーのように50代になってもミニスカートにハイヒールで歌わなくちゃ」と言われ活動を再開し、『北野ファンクラブ』や『足立区のたけし、世界の北野』などに「デビル・ガールズ」名義で準レギュラーで出演。北野監督の映画『HANA-BI』『菊次郎の夏』『Dolls』などにも脇役で出演した。
  • 北沢清子は、ニューヨークを拠点にエンターテイメントを扱う会社に勤務する傍ら、ニューヨークの情報番組などでレポーターナレーターとして活動していた。
  • 2009年、北沢清子は現在、恵比寿ロミロミ&リンパダイエットのサロンを経営し、エステ美容の学校で講師としても活躍している。
  • 2010年1月15日放映分の「たけしのコマ大数学科フジテレビ)のオープニングに戸部洋子(フジテレビアナウンサー)のバックで出演した。
  • 2010年10月10日放映分の「日曜ビッグバラエティ カラオケ★バトル5」(テレビ東京)で松本伊代のバックで出演した。
  • 2013年12月19日放映分の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ)で松本伊代のバックで出演した[1]
  • 2014年6月8日、汐留BuleMoodで行われた、桑田靖子 LIVE TOUR 2014〜共存〜 @東京のスペシャルシークレットゲストとして参加され、マイジョイフルハートと脱・プラトニックの2曲を桑田靖子のバックで踊った[2]

エピソード[編集]

麻生真美子&キャプテンとしての活動[編集]

  • 当時19歳の麻生真美子(後に「麻生真宮子」に改名し女優業に転身)とトリオを結成。1984年6月21日ビクターから「恋の免許証(ライセンス)」(作詞:荒木とよひさ、作曲:三木たかし、編曲:萩田光雄)でデビュー。その後「恋の低空飛行」「愛した男よ蝶になれ」などシングル合計6枚、アルバム1枚をリリースした後、1987年に解散。
  • テレビ東京の『ヤンヤン歌うスタジオ』、『おはよう爽やかさん』、『花の女子校 聖カトレア学園』などにレギュラー出演。
  • パチンコメーカー西陣1985年に発売した機種「キャプテンルーキー」のカタログやキャンペーンのゲストにも起用された。
  • その後北沢・山本と麻生には一切の接点はなかったが、2012年に入り、解散以降久々の再会を果たし、それがきっかけになり、同年4月9日に一夜限りの復活ライブが行われた[3]

デビル・ガールズとしての活動[編集]

  • 松本伊代の4枚目のシングル「オトナじゃないの」では、曲のイメージでこの曲のみ「デビル・ガールズ」として活動した。
  • ビートたけしの中ではこの「デビル・ガールズ」として踊っていた時の印象が強かったため、たけしの番組には「デビル・ガールズ」名義で出演した。『北野ファンクラブ』や『足立区のたけし、世界の北野』の「亀有ブラザース」のコーナーではたけしらのバックダンサーを務めた。

Be-2としての活動[編集]

ディスコグラフィー[編集]

麻生真美子&キャプテン[編集]

シングル
  1. 恋の免許証(1984年6月21日)
  2. 恋の低空飛行(1984年10月21日)
    • 恋の低空飛行 - 作詞:荒木とよひさ、作曲・編曲:馬飼野康二
    • NONON-G - 作詞:荒木とよひさ、作曲:熊谷安廣、編曲:萩田光雄
  3. 愛した男よ蝶になれ(1985年3月21日)
    • 愛した男よ蝶になれ - 作詞:荒木とよひさ、作曲:鈴木キサブロー、編曲:萩田光雄
    • 恋の45口径 - 作詞:荒木とよひさ、作曲:小室良、編曲:若草恵
  4. 愛はロマネスク(1985年7月21日)
    • 愛はロマネスク - 作詞:荒木とよひさ、作曲:Steve Benson、編曲:若草恵
    • 孔雀舞姫 - 作詞:篠原仁志、作曲:緑一二三、編曲:萩田光雄
  5. 真冬のビーチ・ボーイ(1986年1月21日)
    • 真冬のビーチ・ボーイ - 作詞:荒木とよひさ、作曲:馬場孝幸、編曲:若草恵
    • 今夜は最高 - 作詞:荒木とよひさ、作曲:落合努、編曲:萩田光雄
  6. ガラーム気分で歌わせて(1986年8月21日)
アルバム

Be-2[編集]

シングル
  1. 恋のバカンス'87(1987年7月21日)
  2. ナオミの夢(1987年11月21日)
    • ナオミの夢 - 作詞:片桐和子、作曲:David Krivoshai、編曲:神林早人
    • 浮気なあいつ - 作詞:山口洋子、作曲:宮川泰、編曲:神林早人
  3. 機嫌を直してもう一度(1988年6月21日)
  4. FLOWER ROCK〜Rock Me Baby〜(1989年6月21日)
    • FLOWER ROCK〜Rock Me Baby〜 - 作詞:白峰美津子、作曲・編曲:関口敏行
    • MR.JUNCTION B - 作詞・作曲・編曲:関口敏行
  5. BODY HUNTER(1990年2月1日)
  6. やってられないわ(1990年11月21日)
    • やってられないわ - 作詞・作曲:幸耕平杉本真人、編曲:萩田光雄
    • やさしく傷つけて - 作詞・作曲:幸耕平・杉本真人、編曲:萩田光雄
アルバム

ベスト・アルバム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北沢清子ブログ
  2. ^ kuwataの野望
  3. ^ 北沢清子ブログ「KIYOねえのポノポノ生活」2012/4/12記事より

外部リンク[編集]