麻生真宮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

麻生 真宮子(あそう まみこ、1964年2月5日 - )は、日本の元歌手、元女優実業家。旧芸名の麻生真美子&キャプテンでデビュー。別名:田島 みわ、本名:田島 美和。一般社団法人JCA代表理事[1]

来歴[編集]

福岡県出身。1982年3月、福岡雙葉学園高校を卒業 [要出典]後、日本テレビスター誕生!」でチャンピオン獲得[要出典]。1983年6月、エムケイ企画所属。1983年12月、芸能活動のため大妻女子大学短期大学部退学。1984年に3人組「麻生真美子&キャプテン」としてデビュー。シングル計6枚、アルバム1枚をリリースした後、1987年に解散。ソロで俳優業を中心に活動し、1993年6月には、写真集『FAKE』にてヘアヌードを披露した。

1998年、健康食品販売やイベントコンパニオン派遣業を営む有限会社田島を設立、代表取締役に就任。2008年9月、株式会社TAJIMAに組織変更。2009年4月、法政大学大学院入学[要出典]。2010年4月、一般社団法人JCA(Japan Culture & Health Association)設立、代表理事に就任[2]2010年7月、第22回参議院議員通常選挙比例代表選挙区自由民主党から公認候補者「田島みわ」として出馬するも[3][4]落選。同年9月、Ustream「田島みわのちょっとひとコトもっとひとりゴト」放送開始[5] 2011年3月、法政大学大学院政策創造研究科修了、政策学修士学位取得[要出典]。2022年8月、Mrs. Universe Japan 2022の日本代表選考会で3位、世界大会出場権獲得[6][7]

出演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

# 発売日 A/B面 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1 1987年
9月1日
A面 ささやきはデスティニー 篠原仁志 Mark Davis SV-9277
B面 夜明けまで… 浅沼正人 矢野立美
2 1988年
4月21日
A面 男だから 泣かないで 荒木とよひさ 吉実明宏 SV-9336
B面 膝を抱いて さかたかずこ
  • シングル イタリア(Aso Mamiko)
  1. Drive me crazy to Love(イタリアでヒットチャート21位記録/韓国でもリリース)
  2. Lies
  3. Walking in the Sunshine
  4. Your Lies(CD & MP3)

テレビ番組[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 君と見たい恐い話(1992年)
  • 無頼平野(1995年、ワイズ出版
  • 血とエクスタシー(1995年、にっかつ)

ビデオ[編集]

  • 麻生真宮子の初めてのヨーガ エクササイズ編(1991年、主婦と生活社)VHS
  • 私立女子高校-制服はランジェリー? 1(1993年、JVD)
  • 妖女伝説セイレーン(1994年、徳間ジャパン)
  • 女飼い(1995年、ビームエンタテインメント)
  • 味見師竜馬 性のソムリエ(1996年、キングレコード)

舞台[編集]

  • ルーマニア国際音楽祭1994 審査員特別賞[要出典]
  • Mrs. Universe Japan 2022日本代表選出 国内予選3位

出版[編集]

写真集[編集]

著書[編集]

  • MAMIKOトリノで逢いましょう(2005年、音羽出版)

脚注[編集]

  1. ^ 団体情報 - 一般社団法人JCA (Japan Culture & Health Association)”. www.jca-ins.com. 2022年8月15日閲覧。
  2. ^ 覚悟の瞬間(とき)” (日本語). 覚悟の瞬間(とき):やりたいことを極めた大人がカッコイイ. 2022年8月15日閲覧。
  3. ^ 自民、比例区に元女優を公認 スポーツニッポン 2010年2月5日閲覧
  4. ^ 田島氏に聞く…バツイチ 女性目線強み スポーツ報知 2010年2月6日閲覧
  5. ^ 田島みわのちょっとひとコトもっとひとりゴト
  6. ^ 「ミセスユニバース」大河出演の元女優が世界へ挑戦「自分の可能性をさらに広げたい」(ENCOUNT)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年8月15日閲覧。
  7. ^ ミセスユニバース2022日本代表が決定!今年12月、韓国にて開催される世界大会へ。”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年8月15日閲覧。

外部リンク[編集]