リー・ヘイズルウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Lee Hazlewood
Lee Hazlewood and Siw Malmkvist in 1968 - cropped.jpg
1968年
基本情報
出生名 Barton Lee Hazlewood[1]
生誕 (1929-07-09) 1929年7月9日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州
死没 (2007-08-04) 2007年8月4日(78歳没)
ジャンル カントリーポップ
職業 シンガー・ソングライター音楽プロデューサー
担当楽器 ヴォーカルギター
共同作業者 ナンシー・シナトラ
公式サイト www.leehazlewoodmusic.net

リー・ヘイズルウッド(Lee Hazlewood、1929年7月9日 - 2007年8月4日)は、アメリカ合衆国シンガー・ソングライター音楽プロデューサーである。日本語では「リー・ヘイゼルウッド」とも表記される[2]ナンシー・シナトラのヒット曲「にくい貴方」の作者として知られている[3]

経歴[編集]

1929年7月9日、オクラホマ州マンフォードに生まれる[4]テキサス州ポート・ネチェスで育った[1]。彼にとっての音楽的ヒーローは、スタン・ケントンジョニー・マーサーであった[1]南メソジスト大学にて薬学を学んだ[5]朝鮮戦争ではアメリカ陸軍に従軍した[1]

退役後、アリゾナ州フェニックスに移り住んだ[1]。同州クーリッジのラジオ局にてディスク・ジョッキーを務めた[6]。ヘイズルウッドが作曲した「The Fool」は、歌手のサンフォード・クラークが1956年に吹き込み、チャートのトップ10に入るヒットを記録した[5]。そのほか、ギタリストのデュアン・エディに「Rebel Rouser」などの楽曲を提供した[6]

1963年、自身初のソロ・アルバム『Trouble Is a Lonesome Town』を発表した[5]カリフォルニア州ロサンゼルスに移り住んだ彼は、フランク・シナトラからの依頼を受けて、娘のナンシー・シナトラと仕事することになった[4]。彼女の「にくい貴方」は、アメリカ合衆国とイギリスでチャート1位を獲得し、ヘイズルウッドの最も有名な楽曲となった[5]。2人はデュオとして3枚のアルバムを残した[6]

ヘイズルウッドが設立したLHIから、1968年、グラム・パーソンズのインターナショナル・サブマリン・バンドのアルバムが発売された[4]。同レーベルからは、ヘイズルウッド自身の作品も発売された[3]

彼は成功の絶頂でスウェーデンに渡り、1970年代に複数の実験的なソロ・アルバムを発表した[4]。1970年代前半は、ヨーロッパ諸国とアメリカ合衆国を往復する生活を送った[7]。1978年以降は音楽活動を休止していたが、1993年に復帰し、再びアメリカ合衆国を拠点に活動した[5]

2007年8月4日、腎臓がんによりネバダ州ヘンダーソンにて死去[3]。78歳没[3]。2006年の『Cake or Death』が彼の最後のアルバムとなった[8]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Trouble Is a Lonesome Town (1963年)
  • The N.S.V.I.P.'s (1965年)
  • Friday's Child (1966年)
  • The Very Special World of Lee Hazlewood (1966年)
  • Lee Hazlewoodism: Its Cause and Cure (1967年)
  • The 98% American Mom & Apple Pie 1929 Crash Band (1967年)
  • Nancy & Lee (1968年) (ナンシー・シナトラとの共作)
  • Love and Other Crimes (1968年)
  • Something Special (1968年)
  • The Cowboy & the Lady (1969年) (アン=マーグレットとの共作)
  • Forty (1969年)
  • Cowboy in Sweden (1970年)
  • Requiem for an Almost Lady (1971年)
  • Nancy & Lee Again (1972年) (ナンシー・シナトラとの共作)
  • 13 (1972年)
  • I'll Be Your Baby Tonight (1973年)
  • Poet, Fool or Bum (1973年)
  • A House Safe for Tigers (1975年)
  • 20th Century Lee (1976年)
  • Back on the Street Again (1977年)
  • Movin' On (1977年)
  • Gypsies & Indians (1993年) (アンナ・ハンスキとの共作)
  • Farmisht, Flatulence, Origami, ARF!!! & Me... (1999年) (アル・ケイシー・コンボとの共作)
  • For Every Solution There's a Problem (2002年)
  • Bootleg Dreams & Counterfeit Demos (2002年)
  • Nancy & Lee 3 (2004年) (ナンシー・シナトラとの共作)
  • Cake or Death (2006年)

ライヴ・アルバム[編集]

  • The Stockholm Kid (1974年)
  • The Lycanthrope Tour: Europe 2002 (2003年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Cromelin, Richard (2007年8月7日). “Lee Hazlewood, 78; wrote Nancy Sinatra song 'These Boots Are Made for Walkin' ' (1/2)”. Los Angeles Times. 2018年2月11日閲覧。
  2. ^ リー・ヘイゼルウッドが死去、プライマル・スクリームのボビーが追悼の意”. rockin'on.com (2007年8月8日). 2018年2月20日閲覧。
  3. ^ a b c d Cohen, Jonathan (2007年8月6日). “Singer/Songwriter Lee Hazlewood Dies At 78”. Billboard. 2018年2月11日閲覧。
  4. ^ a b c d Michel, Sia (2007年8月7日). “Lee Hazlewood, 'Boots' Songwriter, Dies at 78”. The New York Times. 2018年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c d e Cartwright, Garth (2007年8月6日). “Lee Hazlewood”. The Guardian. 2018年2月11日閲覧。
  6. ^ a b c Contreras, Felix (2007年8月6日). “Lee Hazlewood: Writer Gave Music Biz the 'Boots'”. NPR. 2018年2月11日閲覧。
  7. ^ Cromelin, Richard (2007年8月7日). “Lee Hazlewood, 78; wrote Nancy Sinatra song 'These Boots Are Made for Walkin' ' (2/2)”. Los Angeles Times. 2018年2月11日閲覧。
  8. ^ Boden, Sarah (2007年8月7日). “Lee Hazlewood”. The Guardian. 2018年2月11日閲覧。

関連文献[編集]

  • Wallace, Wyndham (2015). Lee, Myself & I: Inside the Very Special World of Lee Hazlewood. Jawbone Press. 

外部リンク[編集]