イサーク・パレデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • イサアク・パレーデス
  • アイザック・パレイデス
イサーク・パレデス
Isaac Paredes
デトロイト・タイガース #19
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ソノラ州エルモシージョ
生年月日 (1999-02-18) 1999年2月18日(22歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手遊撃手[注 1]
プロ入り 2015年 アマチュアFA
初出場 2020年8月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

イサーク・エドガルド・パレデス Isaac Edgardo Paredes,[注 2] 1999年2月18日 - )は、メキシコソノラ州エルモシージョ出身のプロ野球選手。ポジションは三塁手遊撃手。右投右打。MLBデトロイト・タイガース所属。

経歴[編集]

所属チーム
チーム 階級
2016 CHC Rk, A
2017 A
DET
2018 A+, A
2019 AA
2020 MLB

プロ入りとカブス傘下時代[編集]

2015年7月にインターナショナル・フリーエージェントシカゴ・カブス契約金50万ドルでプロ入り[3]

2016年6月25日にカブス傘下マイナーチームであるルーキー級アリゾナリーグ・カブス英語版でプロデビュー。9月にA級サウスベンド・カブス英語版に昇格した。このシーズンは2チーム合計で50試合に出場して打率.296、1本塁打OPS.775を記録。

2017年シーズンはA級サウスベンドに配属された[4]

タイガース時代[編集]

2017年7月31日にアレックス・アビラジャスティン・ウィルソンとのトレードで、ヘイメル・キャンデラリオと共にデトロイト・タイガースへ移籍した[5]。移籍後はタイガース傘下のA級ウェストミシガン・ホワイトキャップス英語版に配属。2017年シーズンはサウスベンドとウェストミシガンの2チーム合計で124試合に出場し、打率.252・11本塁打・OPS.725を記録した。オフにメキシコのウィンターリーグであるリーガ・メヒカーナ・デル・パシフィコ(LMP)のヤキス・デ・オブレゴンに所属、15試合に出場した。

2018年シーズンは、開幕から7月まではA+級レイクランド・フライングタイガース英語版、7月からはAA級エリー・シーウルブズに所属。2チーム合計で123試合に出場し、打率.278・15本塁打・OPS.815を記録。昨年同様、オフにLMPのオブレゴンに所属し、45試合に出場した。

2019年開幕前に発表されたMLB.comによるプロスペクトランキングで、パレデスはチーム5位の評価を受けた[6]。シーズンはAA級エリーで127試合に出場し、打率.282・13本塁打・OPS.784を記録。7月にはオールスターフューチャーズゲームに出場した[7]。オフにアリゾナ・フォールリーグメサ・ソーラーソックスと、LMPのオブレゴンに所属し、それぞれ15試合と44試合に出場した。また、タイガースはオフにパレデスを40人枠に追加した[8]

2020年開幕前に発表されたMLB.comによるプロスペクトランキングで、パレデスはチーム6位の評価を受けた[6]。7月の開幕はフィフス・サード・フィールドを本拠地とするAlternate Training Siteに配属された。8月17日にメジャー初昇格を果たし[9]、メジャーデビューとなった同日のシカゴ・ホワイトソックス戦では「8番・三塁手」で先発出場して4回表にジオ・ゴンザレスから初安打となる2点適時打を放った[10]

選手としての特徴[編集]

マイナーでは三振四球の割合がどちらも10%程度で、選球眼とバットコントロールに優れた打者として評価されている。守備面では肩は強いものの、走力が平均以下で遊撃手としては守備範囲に問題があるため、将来的には三塁手でのみ起用されると予想されている。(2020年時点)[3][11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 DET 34 108 100 7 22 4 0 1 29 6 0 0 0 0 8 0 0 24 1 .220 .278 .290 .568
MLB:1年 34 108 100 7 22 4 0 1 29 6 0 0 0 0 8 0 0 24 1 .220 .278 .290 .568
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



三塁(3B)












2020 DET 33 22 56 2 8 .975
MLB 33 22 56 2 8 .975
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

MiLB

背番号[編集]

  • 19(2020年 - )

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年シーズンによる
  2. ^ スペイン語発音: [i.sa.ˈak ɛð.ˈɣaɾ.ðo pa.ˈɾe.ðes][1], 英語発音: [ˈaɪzək ˌɛdˈgɑrˌdoʊ pɑˈreɪdɛs][2]

出典[編集]

  1. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2020年8月17日閲覧。
  2. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2020年8月17日閲覧。
  3. ^ a b Isaac Paredes Statcast Visuals & Advanced Metrics - Scouting Report”. baseballsavant.mlb.com. MLB.com (2020年8月17日). 2020年8月17日閲覧。
  4. ^ Cubs prospect report: Shortstop Isaac Paredes stands out defensively”. Chicago Tribune. 2017年8月27日閲覧。
  5. ^ Beck, Jason (2017年7月31日). “Tigers acquire prospect Candelario from Cubs”. MLB.com. http://m.tigers.mlb.com/news/article/245479820/tigers-trade-justin-wilson-alex-avila-to-cubs/ 2017年7月31日閲覧。 
  6. ^ a b Tigers Top Prospects”. MLB.com. 2020年8月17日閲覧。
  7. ^ Jim Callis (2019年6月28日). “Here are the 2019 Futures Game rosters”. MLB.com. 2020年8月17日閲覧。
  8. ^ Anthony Fenech (2019年11月20日). “Detroit Tigers protect six players from Rule 5 draft. Here are their selections”. Detroit Free Press. 2019年11月20日閲覧。
  9. ^ Steve Adams (2020年8月18日). “Tigers Promote Casey Mize, Tarik Skubal, Isaac Paredes” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年8月19日閲覧。
  10. ^ Jason Beck (2020年8月18日). “'He just hits': Paredes impresses in debut” (英語). MLB.com. 2020年8月19日閲覧。
  11. ^ Brandon Day (2020年2月23日). “BYB 2020 Tigers Prospect #5: Isaac Paredes is mashing his way to Detroit”. BlessYouBoys.com. 2020年8月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]