ルイス・セッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ルイス・セッサ
Luis Cessa
ニューヨーク・ヤンキース #85
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ベラクルス州コルドバ
生年月日 (1992-04-25) 1992年4月25日(25歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・メッツと契約
初出場 2016年4月8日 デトロイト・タイガース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ルイス・エンリケ・セッサLuis Enrique Cessa, 1992年4月25日 - )は、メキシコベラクルス州コルドバ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。

経歴[編集]

メッツ傘下時代[編集]

2008年7月9日ニューヨーク・メッツと契約。

2009年、ルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・メッツでプロデビュー。内野手(主に三塁手)として起用され、34試合に出場。打率.191、1本塁打、9打点、8盗塁だった。

2010年はルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・メッツ1で23試合に出場し、打率.162、3打点、1盗塁だった。

2011年から投手に転向。ルーキー級ドミニカン・サマーリーグ・メッツ2で5試合に先発として登板後、7月に渡米。ルーキー級ガルフ・コーストリーグ・メッツで10試合に登板(先発は1試合)し、4勝2敗、防御率3.66だった。

2012年はA-級ブルックリン・サイクロンズで13試合に登板し、5勝4敗、防御率2.49だった。

2013年はA級サバンナ・サンドナッツで21試合に登板し、8勝4敗、防御率3.12だった。

2014年はA+級セントルーシー・メッツで開幕を迎え、7試合に登板。3勝3敗、防御率3.40の成績で、5月21日にAA級ビンガムトン・メッツへ昇格した。同日のポートランド・シードッグス戦で先発起用されたが、3.2回を7安打(2本塁打)5失点と結果を残せず、5月23日にA+級セントルーシーへ降格した。降格後は13試合に登板し、4勝5敗、防御率4.35だった。

2015年はAA級ビンガムトンで開幕を迎え、13試合で7勝4敗、防御率2.56と好投。7月3日にAAA級ラスベガス・フィフティワンズへ昇格。5試合に登板し、0勝3敗、防御率8.51だった。

タイガース傘下時代[編集]

2015年7月31日ヨエニス・セスペデスとのトレードで、マイケル・フルマーと共にデトロイト・タイガースへ移籍[1]。移籍後はAAA級トレド・マッドヘンズで7試合に登板し、1勝3敗、防御率5.97だった。オフの11月3日にタイガースとメジャー契約を結んだ[2]

ヤンキース時代[編集]

2015年12月9日ジャスティン・ウィルソンとのトレードで、チャド・グリーンと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍した[3]

2016年は開幕ロースター入りし、4月8日に古巣のタイガース戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの7回裏から登板し、2安打(1本塁打)1失点だった[4]。その後登板機会はなく、左打者が打順に並ぶシアトル・マリナーズ戦に向けて、左投手であるタイラー・オルソンを昇格させるため、4月15日AAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダースへ降格[5]。AAA級で6試合に登板後、5月17日に不調のリリーフ陣に変わってメジャーへ再昇格した[6]。昇格後は2試合に登板したが、6月7日に再びAAA級スクラントン・ウィルクスバリへ降格[7]6月26日に再びメジャーへ昇格すると[8]6月29日テキサス・レンジャーズ戦では、3回1安打1失点の投球でメジャー初勝利を挙げた。しかし、リリーフながら毎試合失点し、7月4日シカゴ・ホワイトソックス戦で2回を5安打3失点(自責点2)と打ち込まれ、7月5日にAAA級へ降格した[9]。最終的には先発で9試合、リリーフで8試合に登板して防御率4.35・4勝4敗・WHIP1.11という成績をマークした。

投球スタイル[編集]

平均93-95mphのフォーシームに平均79-82mphのカーブ[10]スライダーチェンジアップ変化球を持つ[11]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 NYY 17 9 0 0 0 4 4 0 0 .500 285 70.1 64 16 14 0 3 46 2 0 36 34 4.35 1.11
MLB:1年 17 9 0 0 0 4 4 0 0 .500 285 70.1 64 16 14 0 3 46 2 0 36 34 4.35 1.11
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 85 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Detroit Tigers Acquire Michael Fulmer and Luis Cessa”. MLB.com Tigers Press Release (2015年7月31日). 2016年7月25日閲覧。
  2. ^ Tigers Purchase Contract of Luis Cessa”. MLB.com Tigers Press Release (2015年11月3日). 2016年7月25日閲覧。
  3. ^ Yankees acquire RHPs Luis Cessa and Chad Green from Detroit”. MLB.com Yankees Press Release (2015年12月9日). 2016年7月25日閲覧。
  4. ^ Scores for Apr 8, 2016”. ESPN (2016年4月8日). 2016年7月25日閲覧。
  5. ^ Nick Suss (2016年4月15日). “Facing lefty-heavy M's, Yanks recall Olson”. MLB.com. 2016年7月25日閲覧。
  6. ^ Bryan Hoch (2016年5月17日). “Yankees call up Refsnyder, two pitchers”. MLB.com. 2016年7月25日閲覧。
  7. ^ Nick Suss (2016年6月7日). “Teixeira opts for treatment instead of surgery”. MLB.com. 2016年7月25日閲覧。
  8. ^ Nick Suss (2016年6月26日). “Yankees recall Cessa, send down Goody”. MLB.com. 2016年7月25日閲覧。
  9. ^ Bryan Hoch (2016年7月5日). “Shreve back in Yankees' bullpen”. MLB.com. 2016年7月25日閲覧。
  10. ^ George A. King III (2016年3月28日). “Luis Cessa showing hint why Yankees made confusing trade”. New York Post. 2016年7月25日閲覧。
  11. ^ Luis Cessa Baseball Statistics 2010-2016”. Baseball Cube. 2016年7月25日閲覧。

外部リンク[編集]