アマチュア無線フェスティバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アマチュア無線 > アマチュア無線フェスティバル
アマチュア無線フェスティバル
イベントの種類 展示会
通称・略称 ハムフェア
旧イベント名 全日本ハムベンション
開催時期 毎年8月
初回開催 1975年昭和50年)9月
会場 東京国際展示場
主催 日本アマチュア無線連盟
後援 総務省文部科学省東京都日本放送協会読売新聞社・公益財団法人日本無線協会・一般財団法人日本アマチュア無線振興協会日本アマチュア無線機器工業会・公益財団法人東京観光財団
協賛 電波新聞社電波タイムス社CQ ham radio子供の科学
出展数 226団体
来場者数 3万6千人(2015年)
最寄駅 ゆりかもめ 国際展示場正門駅
りんかい線 国際展示場駅
直通バス 都営バス
公式サイト

アマチュア無線フェスティバル(アマチュアむせんフェスティバル)は、日本アマチュア無線連盟(以下、「JARL」と略す。)が主催するイベントである。通称「ハムフェア」。

概要[編集]

JARLが「アマチュア無線の健全な発展と技術の向上を図るため、これらに関する展示や催事をおこない、一般人にアマチュア無線について広く紹介するとともに、アマチュア無線家の情報交換と友好を深める」[1]ことを目的に年1回開催し、全国各地はおろか世界各国から参加者が集まるアマチュア無線会のビッグイベントである。 JARLによる各種サービス・展示等、関連団体によるアマチュア無線の啓発や手続きの案内、アマチュア無線機器メーカーによる製品展示や新製品発表、アマチュア無線機器販売店による無線機器の販売といった展示会としての側面に加え、各アマチュア無線クラブによる活動報告や自作品販売や、中古品・ジャンク品などのフリーマーケットのようなことも行われており、アマチュア無線における文化祭のような側面も持っている。

開催年ごとにキャッチフレーズが設定され、テーマにそったブースが公開されたり、講演が行われたりする。 近年の入場者数は約3万人前後で推移しているが、1990年代には約6万人の入場者数を数えていた。

沿革[編集]

アメリカ合衆国オハイオ州デイトンで毎年開催されている「デイトン・ハムベンション英語版」を範として、1975年昭和50年)4月に「全日本ハムベンション」が静岡県富士宮市朝霧高原グリーンパークで開催された[2]。翌1976年(昭和51年)9月に第2回[3]も開催され、この実績を引き継ぐ形で、1977年(昭和52年)9月にJARL主催の「アマチュア無線フェスティバル」として、東京晴海東京国際見本市会場南館で開催された[4]

1978年(昭和53年)からは8月第3金曜日から翌々日の日曜日までの3日間の開催となり、1983年(昭和58年)には、それまで日本アマチュア無線機器工業会(JAIA)が独立して開催していた「JAIAフェア」(JAIA加盟メーカーによる機器の展示会)が合流した。

1996年(平成8年)に東京国際見本市会場が閉鎖したことに伴い東京ビッグサイトに変更された。

1999年(平成11年)に会場費用の問題からパシフィコ横浜となったが、2002年(平成14年)から、再び東京国際展示場で開催されている。

また2003年(平成15年)から土曜日・日曜日の2日間に短縮された。

年表[編集]

  • 1975年(昭和50年) - 「全日本ハムベンション」開催(静岡県富士宮市)、主催は全日本ハムベンション実行委員会。
  • 1977年(昭和52年) - JARLが主催する「アマチュア無線フェスティバル」として、東京国際見本市会場東京都中央区)で実施。入場者数約2万6千人。
  • 1983年(昭和58年) - JAIAフェアが合流参加。
  • 1987年(昭和62年) - 通称名が「ハムフェア」となる。
  • 1991年(平成3年) - 入場者数が6万人となる。
  • 1993年(平成5年) - 入場者数6万1千人(最高記録)。
  • 1996年(平成8年) - 東京ビッグサイト(東京都江東区)へ会場変更。
  • 1999年(平成11年) - パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区)へ会場変更。
  • 2002年(平成14年) - 東京ビッグサイトへ会場変更。
  • 2003年(平成15年) - 開催期間が2日間に短縮。

会場の催事[編集]

  • ハムフェア記念局の公開運用
ハムフェアの実施を記念してJARLが記念局を開設する。アマチュア局を操作できる無線従事者であって、免許証を携帯しているJARL会員が運用することができる。
  • 講演
著名アマチュア無線家による研究発表、DXペディションの報告、コンテスト成績優秀者の表彰など。
  • JARLによるサービス
会費納入、アワード申請、QSLカード転送受付、モールス電信技能認定試験など。
  • 展示・販売
自作品コンテスト優秀作品の展示。
アマチュア無線機器メーカーの製品展示・新製品発表。
アマチュア無線機器販売店による出張販売
各アマチュア無線クラブによる活動内容紹介や研究成果発表、自作品や中古品等の販売。
  • 工作教室
  • アマチュア無線家同士の交流
全国的な組織を持つクラブの場合、このような機会がなければ顔を合わせる事さえ困難な事が多い。
会場内の別室または近傍施設で実施される。

地方本部主催のイベント[編集]

一部のJARL地方本部では、小規模なハムフェアとも言えるイベントを開催している。

脚注[編集]

  1. ^ ハムフェア2018開催要項2018年における開催要項の例
  2. ^ 1975年の歴史CQ出版
  3. ^ 1976年の歴史(CQ出版)
  4. ^ 1977年の歴史(CQ出版)
  5. ^ 1988年の歴史(CQ出版)
  6. ^ 1991年の歴史(CQ出版)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]