アマチュア無線の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アマチュア無線 > アマチュア無線の日

アマチュア無線の日(アマチュアむせんのひ)とは、太平洋戦争勃発と共に禁止されたアマチュア無線の再開の記念日で、毎年7月29日である。

概説[編集]

戦前の無線電信法には、アマチュア無線について規定しておらず、私設無線電信無線電話規則第1条にある「私設無線電信電話ノ施設」の一種の運用にすぎなかった。 1941年(昭和16年)12月8日に太平洋戦争が開戦し禁止された。

1950年(昭和25年)に制定された電波法でアマチュア無線は法制化され、電波監理委員会1952年(昭和27年)7月29日 [1]アマチュア局予備免許を全国の30人に発給 [2]した。 この7月29日を記念して、日本アマチュア無線連盟が、1973年(昭和48年)5月27日の第15回通常総会で制定 [3]した。

この他にアマチュア無線関係の記念日としては、1925年(大正14年)の国際アマチュア無線連合(IARU)の設立を記念した「世界アマチュア無線の日」の4月18日がある。

脚注[編集]

  1. ^ 二日後の31日に電波監理委員会は廃止、郵政省に統合された。アマチュア無線に関する行政行為としては最後の行為ということとなった。
  2. ^ 1950年代 アマチュア無線の歴史(CQ出版
  3. ^ 1973年の歴史(同上)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]