高横須賀駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高横須賀駅*
高横須賀駅駅舎
高横須賀駅駅舎
たかよこすか - TAKAYOKOSUKA
太田川 (1.3km)
(2.8km) 南加木屋
所在地 愛知県東海市高横須賀町松本1-3
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 河和線
キロ程 1.3km(太田川起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
2,833人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1931年昭和6年)4月1日
備考 無人駅駅集中管理システム太田川駅管理。)
*2000年高架化

高横須賀駅(たかよこすかえき)は、愛知県東海市高横須賀町にある名古屋鉄道河和線

駅構造[編集]

6両編成対応の相対式2面2線ホームを有する高架駅。名鉄で初めて駅集中管理システムを導入した無人駅であり、隣の太田川駅から遠隔管理されている。当駅への駅集中管理システムの導入は本導入に向けた実験的要素があり、2001年より三河山線から本導入が始まった。エレベーターが設置されている。

のりば
ホーム 路線 方向 行先
1 河和線 下り 知多半田河和内海方面
2 河和線 上り 太田川名古屋方面

配線図[編集]

高横須賀駅 構内配線略図

太田川・
名古屋方面
高横須賀駅 構内配線略図
知多半田・
河和方面
凡例
出典:[2]



駅周辺[編集]

路線バス[編集]

駅東側のロータリーにはコミュニティバスのらんらんバス中・南ルートが停車する。 また、駅南側の旧国道155号線上にある高横須賀駅前停には、尾張横須賀駅・JR大府駅方面の知多バス横須賀線が停車する。

利用状況[編集]

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は2,833人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中149位、河和線・知多新線(24駅)中11位であった[1]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は2,266人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中162位、河和線・知多新線(26駅)中15位であった[3]
  • 東海市の統計によると1日平均の乗降人員は2011年度2,731人、2012年度2,750人である[4]。普通停車駅ではあるが、横須賀高校へ通学の生徒などの利用者が多く、特急が停車する富貴駅や河和口駅よりも多い。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
河和線
特急快速急行急行準急
通過
普通
太田川駅 - 高横須賀駅 - 南加木屋駅

脚注[編集]

  1. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
  2. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
  3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、651-653頁。
  4. ^ 平成25年度東海市の統計(PDF版) - 8.運輸・通信 (PDF)”. 東海市. 2014年6月29日閲覧。
  5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編) 『名古屋鉄道百年史』 名古屋鉄道、1994年、1028頁。
  6. ^ a b 名鉄120年史編纂委員会事務局(編) 『名鉄120年:近20年のあゆみ』 名古屋鉄道、2014年、186頁。

関連項目[編集]