新大牟田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新大牟田駅
駅舎
駅舎
しんおおむた - Shin-Ōmuta
筑後船小屋 (17.8km)
(21.1km) 新玉名
所在地 福岡県大牟田市大字岩本2509-3
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 九州新幹線鹿児島ルート
キロ程 69.3km(博多起点)
新大阪から691.6km
電報略号 シム
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2011年平成23年)3月12日
備考 直営駅
みどりの窓口
改札口

新大牟田駅(しんおおむたえき)は、 福岡県大牟田市大字岩本にある、九州旅客鉄道(JR九州)九州新幹線鹿児島ルート)のである。

概要[編集]

大牟田市の代表駅である大牟田駅JR鹿児島本線西鉄天神大牟田線)から約7キロ北東にある岩本地区に設置された。なお、最も近いJR(在来線)駅は吉野駅、西鉄駅は東甘木駅であるが、いずれも当駅から3 - 4キロ離れている。

なお、大牟田駅とは選択乗車が可能である。

歴史[編集]

  • 1984年昭和59年)3月 - 当時の日本国有鉄道から鹿児島ルートの概要が公表、新大牟田駅の設置計画が発表される。
  • 1998年平成10年)1月 - 政府・与党が船小屋(信) - 八代間の着工を決定。
  • 2006年(平成18年)
    • 7月15日 - 当駅周辺の高架橋等工事に着手。
    • 8月 - 大牟田青年会議所が新駅名を「大牟田大蛇山駅」とする提言書を大牟田市役所に手渡す[1]
  • 2007年(平成19年)
  • 2008年(平成20年)4月 - JR九州は当駅の正式名称を新大牟田駅と決定。
  • 2009年(平成21年)1月 - 駅舎の本体工事が始まる。
  • 2011年(平成23年)
  • 2013年(平成25年)
    • 3月16日 - 駅舎北側に新大牟田駅観光プラザが開業[2]
    • 10月1日 - 西鉄バス大牟田の荒尾 - 福岡空港線が乗り入れを開始[3]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する高架駅。通過線がなく、安全のために可動式安全柵が設けられている。

駅舎は三層構造で、近代化遺産をイメージして1階にれんが風のタイルを用い、2、3階の外壁は緩やかに波打たせ、未来へ吹き抜ける風を表現している。内装にはカルタや大蛇山をあしらっている[4]

当駅の南側(三池トンネル北側入口付近)に新大牟田保守基地が設置された。

のりば[編集]

11 ■九州新幹線(上り) 博多新大阪方面
12 ■九州新幹線(下り) 熊本鹿児島中央方面

駅舎内の売店・案内所・駅レンタカー営業所[編集]

駅弁[編集]

  • タイラギめし(夜明茶屋)

利用状況[編集]

2011年度の1日平均利用客数は413人である[5]

駅周辺[編集]

駅周辺では区画整理が行われ、駅利用者のための駐車場が整備されている。また、周辺に住宅地などを整備する計画がある[6]

周辺施設[編集]

道路[編集]

バス路線[編集]

西鉄バス大牟田の以下の路線が乗り入れている。

新大牟田駅前バス停

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
九州新幹線
筑後船小屋駅 - 新大牟田駅 - 新玉名駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度3分46秒 東経130度29分27秒 / 北緯33.06278度 東経130.49083度 / 33.06278; 130.49083