岡本公三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

岡本 公三(おかもと こうぞう、1947年12月7日 - )は、日本の新左翼テロリストで、元日本赤軍メンバーの一人。よど号グループ岡本武は次兄。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

熊本県葦北郡芦北町生まれ。熊本マリスト学園高等学校卒業。

兄の岡本武と同じ進学先である京都大学を二度受験したが失敗し、1968年鹿児島大学農学部林学科に入学。[要出典]その後日本赤軍に入った。

テルアビブ空港乱射事件[編集]

1972年5月30日奥平剛士安田安之と共にテルアビブ空港乱射事件を実行し26人を殺害、唯一人逮捕された(奥平、安田は死亡)。このとき、鹿児島大学から放学の懲戒処分をうける。同年7月13日に岡本はイスラエル裁判にかけられ、職業として「赤軍兵士」を自称した。また陳述のなかでは民間人を殺害したことについて謝罪せず、また「事件は当初は3人ではなく丸岡修を含めた4人で行われる予定であったが、丸岡は途中から別行動を取ったために3人で襲撃を行った」と供述している。

終身刑と釈放[編集]

イスラエル政府は当初は死刑求刑を検討していたが、最終的に終身刑が求刑され、終身刑が判決として確定した後に服役。1985年にイスラエルとPFLP-GCとの捕虜交換により釈放リビアシリアを経由して、日本赤軍が本拠地としていたレバノンに戻り合流した。

その後、1997年にレバノンに潜伏していた日本赤軍メンバー5人が検挙され、禁固3年の判決が確定し、2000年3月出所。岡本以外の4人は禁固刑の執行後、日本に送還された。しかし岡本については、日本政府が(既にイスラエルで処罰されている)テルアビブ事件の刑事責任を問おうとしていることを「一事不再理に反する政治的迫害」であるとして、イスラエルと対立するレバノン政府は岡本の政治亡命を認めた。

2002年に、テレビ朝日報道番組ザ・スクープ」が、レバノンに潜伏中であった岡本の独占取材を実施、潜伏先住居内でインタビューを行っている。その中で、被害者への謝罪らしき言葉を述べているが、2001年に壊滅した日本赤軍がまだ存在しているか否かについては、把握できていない様子だった。その一方で、「まだ事件当時の24歳のままの気持ちである」とも語っている。

2003年、岡本は共同通信のインタビューに応じ、「日本に帰って昔の友人たちに会いたい」と望郷の念を語っている。その際の岡本は動作が緩慢で健康に問題がある様子であった。これについてレバノン政府は「岡本がイスラエルの獄中で治安機関から拷問を受けた後遺症による精神疾患で、発語などに障害を負った」としている

現在[編集]

現時点で、イスラエルと敵対する勢力の庇護を受けてレバノンのベイルート郊外アパートに在住している。2010年4月28日に、ベイルートの奥平剛士の墓前で行われた日本のロックバンド頭脳警察のメンバーPANTAによる追悼ライブに姿を見せた[1][2]

2011年には、日本の支持者とSkypeで定期的に連絡を取っており、健在であることが伝えられた[3]国際刑事警察機構では現在でも岡本を国際指名手配中である。

余談[編集]

  • 兄の岡本武のことを非常に尊敬していたという。
  • テルアビブ事件の際に岡本が用いた偽造旅券は「ナンバ ダイスケ」という名義であったが、これは虎ノ門事件犯人難波大助から取られている。

脚注[編集]

  1. ^ “奥平元赤軍派幹部の墓前でライブ レバノン、岡本容疑者も姿”. 47NEWS. (2010年4月29日). http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042901000497.html 2010年4月30日閲覧。 
  2. ^ 頭脳警察・PANTAさん 奥平元幹部の墓前でライブ スポニチアネックス 2010年4月29日
  3. ^ 「元日本赤軍『岡本公三』がレバノンでハマッた『スカイプ』」 、「週刊新潮」2011年10月13日号、P.55-56

関連項目[編集]

外部リンク[編集]