小熊凌祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小熊 凌祐
中日ドラゴンズ #64
CD-Ryosuke-Oguma20120714.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県大津市
生年月日 1990年8月11日(23歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 ドラフト6位
初出場 2011年5月6日
年俸 1,000万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小熊 凌祐(おぐま りょうすけ、1990年8月11日 - )は、中日ドラゴンズに所属するプロ野球選手投手)。滋賀県大津市出身。

経歴[編集]

近江高時代は夏の甲子園にエースとして2回出場した。

2008年10月30日ドラフト会議で中日から6位で指名された。指名後の11月7日に以前から不安を抱えていた右肘を手術し、11月28日に契約金2500万円、年俸540万円(金額は推定)で仮契約した。

プロ3年目の2011年5月6日に一軍初登板。5月20日埼玉西武ライオンズ戦でプロ初勝利を挙げるも防御率は16.0と精彩を欠く。[1]

2012年は、ウエスタン・リーグ最多の16セーブをあげたが、一軍での登板は1試合に留まった。

2013年は、初の開幕1軍入りを果たす。しかし、右肩痛のためわずか7試合で2軍落ちとなってしまう。8月に一軍復帰した後は安定した投球を続け、自己最多の28試合に登板、防御率も二桁だった過去2年に比べて大幅に改善した。

プレースタイル[編集]

平均球速約142km/h[2]、最速150km/hのストレートスライダーが武器。

2011年6月8日の阪神との2軍戦で8者連続奪三振を記録するなど、奪三振がとれる。

プロ入り後は主に抑え、中継ぎとして活躍している。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 中日 6 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 48 9.0 14 5 6 0 1 8 0 0 16 16 16.00 2.22
2012 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 2 0 4 0 0 1 0 0 3 3 13.50 3.00
2013 28 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 103 27.1 21 2 2 0 2 19 0 0 7 7 2.30 0.91
通算:2年 35 0 0 0 0 2 0 0 4 1.000 163 38.1 37 7 12 0 3 28 0 0 26 26 6.10 1.36
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 64 (2009年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 2番手で登板の3年目小熊 プロ初勝利に感謝しきり スポーツニッポン 2011年5月20日付記事
  2. ^ 『2014 プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2014年、158頁。ISBN 978-4-905411-17-8

関連項目[編集]