小寺弘之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小寺 弘之(こでら ひろゆき、1940年10月3日 - 2010年12月21日)は、日本政治家。元群馬県知事(民選第13・14・15・16代)。東京府生まれ。

経歴[編集]

政治活動[編集]

  • 1996年に群馬県の人口が200万人に達したのを記念して、群馬県出身の映画監督小栗康平に映画作成を依頼した。映画のタイトルは『眠る男』で、主演は役所広司であった。地元をロケ地として活用したご当地映画のはしりとなった。このような形で、自治体が文化活動にかかわる試みが斬新であり、話題となった。映画の内容は、山の事故で意識不明になった『眠る男』と彼を取り巻く自然や、そこで暮らす様々な人々の人間模様などが描かれている。この一連の取り組みは、「新時代の文化事業」「映画事業の革命」と非常に高い評価をうけ、海外ではモントリオール世界映画祭審査員特別大賞、ベルリン国際映画祭国際アートシアター連盟賞、国内ではブルーリボン賞特別賞、日本アカデミー賞協会特別賞などを受賞、国内外から絶賛された(自身もプロデューサーに送られる藤本賞特別賞を受賞)。その一方で、映画の内容が難解でなじみが持てないとか、自治体の行う事業としてふさわしいのかなどと、疑問を投げかける意見もきかれた。
  • 1996年、群馬県知事を会長とする「アマゾンに群馬の森をつくる会」を発足させた。これは、ブラジル連邦共和国の在北伯群馬県人会(会長 岡島博)からの要請を受け、アマゾン流域の熱帯雨林を開発から守り保護するための活動を行うものである。広く一般県民や小中学生にも募金を呼びかけ、現地(パラー州東部地域)で熱帯雨林取得を支援し、「アマゾン群馬の森」と名づけた。その後、ビジターセンターなどを建設し、関係者が植樹祭を行ったり、群馬県より緑の少年大使を派遣するなどの活動をしている。きわめて独創的な活動であるが、群馬県高崎市にある「群馬の森」(県立近代美術館・歴史博物館の施設がある)のブラジル版と誤解している人もあるなど、設立趣旨や実情をよく知らない県民も多い。
  • 群馬県副知事に自治省出身で出納長をつとめる後藤新の選任を強く望んでいたが県議会の同意を得られずに副知事が2年以上にわたって不在であった。そこで、後藤の選任を念頭に副知事を2人とする条例案を再提案したが、これも恣意的であるとしてなおも県議会は否決した。(後に自民党が擁立した県議会議員出身の大沢知事になってからは県議会は副知事2人制を直ちに承認している。)小寺は、県議会の姿勢や、反対派の頭目とされる人物を名指しこそしないものの県議会の答弁の中で公然と批判した。副知事不在の長期化の弊害や批判を懸念して、2005年10月17日の県議会に、県総務担当理事の高木勉を副知事とする案を提出した。県議会は、全会一致で副知事2人制案を否決した上で、この案を承認して、副知事問題は一応の決着を見た。この問題の背景として、小寺が県知事選挙に出馬したさいに、衆議院議員の福田康夫に近いグループが対立候補を擁立したことが尾を引いた確執もとりざたされている。小寺の有力支援者の一人に元総理の中曽根康弘がいる。
  • 子供相手の挨拶はいつも短い。例えば、いつも来賓として出席する群馬県中学校総合体育大会の開会式では「暑さに勝つ方法は何ですか? それは強い心です! 以上、終わり!」といった具合である。聞き手にわかりやすく伝えるべきことを伝えるというポリシーからきていると思われる。短すぎて、かえって意図がわからないとか、聞き逃してしまう子どももいるのではないかなどと、批判的な意見も聞かれる。その一方、ほかの来賓の話が長く飽きていたのか、知事の話が終わった後、子供たちから自然に拍手が湧き上がる時もある。
  • 2003年に、かねてより累積赤字をかかえていた高崎競馬を運営する群馬県競馬組合清算する方針を打ち出したところ、新興のIT企業として話題をふりまいていたライブドアを経営する堀江貴文から買収の申し入れを受けた。競馬の廃止に反対していた競馬関係者たちの堀江に対する期待もあり、小寺は群馬県庁で堀江と会談した。ところが、会談時刻を一方的に変更したりするなど印象も悪かったばかりか、高崎競馬を買収後の計画の具体性、さらにはインターネットで馬券を販売するなどの手法が現行の制度上でも実現性に乏しいとの理由で完全に拒否した。ちなみに、現在高崎競馬場跡地では、中央競馬や他の地方競馬の一部馬券を場外販売している。
  • 愛県債』の発行という、全国的にも注目される方法で資金調達を行っている。一般職員からの提案をもとに、独自の地方債である『愛県債』を発行したところ、県民からの応募が殺到した。従来、金融機関に全額引き受けさせていた県債を一般県民に買いやすい額面金額や有利な利率で発行したところ、調達した資金が県立病院の充実に使われることなど目的が明瞭であり、県民に還元されるものであることが理解されて発行のたびに完全消化されている。2005年10月募集の『第5回愛県債』も総額30億円(額面は1万円・一人100万円まで・利率0.84%・期間5年)をすでに消化している。他の自治体でも、これにならって独自の地方債を発行するところもでてきている。
  • 毎年元旦に開催される全日本実業団駅伝(群馬県主催、TBSテレビで放送)では、自らスターターをつとめるために、日本陸上競技連盟公認審判員の資格を取得した。
  • 毎日新聞2010年参院選候補者アンケートでは「選択的夫婦別姓制度」に対し「賛成」と回答した[3]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小寺弘之氏死去 長崎新聞社 2010年12月21日閲覧
  2. ^ 官報第5479号 第11頁 平成23年1月21日付参照
  3. ^ 「2010参院選 候補者アンケート」毎日jp (毎日新聞社)、2010年6月26日。

外部リンク[編集]