北常盤駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北常盤駅
駅舎
駅舎
きたときわ - Kita-Tokiwa
川部 (3.2km)
(5.5km) 浪岡
青森県南津軽郡藤崎町大字常盤字二西田39-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 456.6km(福島起点)
電報略号 トワ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
487人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1924年大正13年)12月20日
備考 簡易委託駅

北常盤駅(きたときわえき)は、青森県南津軽郡藤崎町大字常盤字二西田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。1番線の青森方から駅舎側に横取線が1本ある。

弘前駅管理、藤崎町委託の簡易委託駅(改札・集札業務実施)。出札窓口の営業時間は6時30分 - 19時00分まで、POS端末設置駅で、JR全線の乗車券・定期券・自由席特急券の取り扱いをしている。また8時〜18時までは指定券も取り扱いしている。なお、実際は2014年3月14日の廃止までは、上り快速「深浦」深浦行到着時、翌日以降は快速「深浦」からの振替となる奥羽本線青森発弘前行き普通列車到着まで集札業務を行う。乗車駅証明書発行機があるほか、トイレ(男性用、女性用、多機能)、公衆電話、自販機コーナーがある。旧・常盤村のコミュニティセンター「ぽっぽら」が併設され、ミニギャラリー、図書コーナーや軽食喫茶コーナー(そば、うどん、コーヒー、お菓子、パンなど多種類)、新聞の自動販売機がある。駅舎内はバリアフリー構造になっている。

駅正面口と常盤ニュータウンがある西口とは自由通路「アルポ」(階段・エレベータ)で結ばれている。駅正面に70台ほど、西口に60台ほどの無料駐車場がある。

列車接近放送がないため、列車到着の際には駅員がマイクで駅館内に放送している。駅ホームには放送されない。なお、弘前駅からの遅れなどの放送は館内とホームに放送される。

のりば[編集]

1 奥羽本線(上り) 川部弘前方面
2 奥羽本線(下り) 浪岡青森方面
3 奥羽本線 (待避線)

利用状況[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 452
2001 455
2002 461
2003 478
2004 443
2005 451
2006 459
2007 473
2008 481
2009 487
2010 497
2011 486
2012 475
2013 487

駅周辺[編集]

  • 青い森信用金庫常盤支店
  • 陸奥常盤郵便局
  • 藤崎タクシー
  • 弘前警察署常盤駐在所
  • 藤崎町立常盤小学校
  • 藤崎町立明徳中学校
  • スポーツプラザときわ
  • 藤崎町社会福祉協議会(ときわ温泉・常盤老人福祉センター)
  • 藤崎町教育委員会・常盤生涯学習文化会館
  • 常盤ふるさと資料館あすか
  • 藤崎町農業者トレーニングセンター
  • 藤崎町役場常盤支所(旧・常盤村役場)
  • 津軽みらい農業協同組合常盤基幹支店

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
奥羽本線
快速・普通
川部駅 - 北常盤駅 - 浪岡駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]