五大連池市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 黒竜江省 五大連池市
旧称:徳都


簡体字 五大连池
繁体字 五大連池
Wŭdàliánchí
カタカナ転記 ウーダーィェンチー
国家 中華人民共和国
黒竜江
地級市 黒河市
行政級別 県級市
建置 1929年
改称 1983年
面積
- 総面積 9,800 km²
人口
- 総人口(2004) 36 万人
経済
電話番号 0456
郵便番号 164100
行政区画代碼 231182

五大連池市(ごだいれんち-し)は中華人民共和国黒竜江省に位置する県級市。市人民政府の所在地は青山鎮。


地理[編集]

五大連池市は黒竜省北西部、松嫩平原の北端に位置する。

市内には中国を代表する火山風景区である五大連池風景区が所在し、風景区内には14の火山が位置している。これらは古いものは90万年前、新しいものは1719年康熙58年)に噴火している。『黒竜江外記』によれば「墨爾根(メルゲン)の東南、一日地中忽(ゆるが)せに出火、石塊は飛騰、聲は四野に震う、數日を越え火熄(や)む、其の地遂に池沼と成る。此れ康熙五十八年の事。」とあり、1721年にかけての火山活動の結果、流出した溶岩が当時の河道を塞ぎ五つの相通じた溶岩堰塞湖(五大連池)を形成した。2004年、五大連池は国際連合教育科学文化機関により第1次世界地質公園に、同年9月5日には世界生物圏保護区に指定された。

歴史[編集]

古代[編集]

五大連池の市域は、漢代烏桓三国時代には北夫余唐代黒水靺鞨の居住地であった。遼代には東京道室韋王府の管轄とされ烏延突厥が居地、金代上京路に属し、蒲與路の管轄とされ女真完顏部の居住地であった。元初には遼陽行省開元路、中期以降は水達達路蒲與路万戸府が設置され、オッチギン(斡赤斤)の分封地とされた。

明朝ヌルカン部司納木河衛兀清朝ブトハ総管衛門の管轄としブトハ八旗 - 正白旗部落居地とした。清末の1909年宣統2年)、訥河を直隷属地と改編され、中華民国が成立すると1915年には克山県第三区、1929年には徳都設治局が設立された。

徳都県[編集]

1933年、徳都設治局は徳都県へ昇格、新中国成立後は1958年9月に北安県に編入、嫩江専員公署の下に青山公社が設立された。1963年6月29日、北安市から分離され、1979年には五大連池管理処が設置、翌年管理局に改称された。1983年10月8日の行政改編で五大連池鎮と双泉公社の竜泉、良種場を行政区域とする五大連池市が成立、当時の人口は5千人前後で、中国最小の都市だった。1996年1月31日(民政部民行批[1996]19号)徳都県の全域が五大連池市に編入され現在に至る。五大連池市の市域は徳都県の成立時の管轄区域から変化していない。

経済[編集]

鉱産資源にミネラルウォーター玄武岩ミネラル泥蛍石火山礫があり、薬草には平貝五味子ツリガネソウ穿地龍佛手烏蒲公英赤芍キハダ芦根車前子野百合ロウドクタイゲキ紅花野蒲荷等がある。

観光[編集]

主なものに五大連池国家風景名勝区五大連池火山群五大連池湖を含む)、益身園、長寿園、極楽亭、鐘霊寺遺跡がある。

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 1929年
使用状況 五大連池市
中華民国 徳都設治局
徳都県(1933年)
満州国 徳都県
国共内戦期間 徳都県
現代 徳都県
徳都県・五大連池市(1983年 五大連池市を分割)
五大連池市(1996年 徳都県を編入)