ロブ・コルデマンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロブ・コルデマンス
Rob Cordemans
L&Dアムステルダム・パイレーツ
Cordemans.jpg
オランダ代表でのコルデマンス
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 南ホラント州スキーダム
生年月日 1974年10月31日(40歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 CPBL / 2007年3月18日
最終出場 CPBL / 2007年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 1996年2000年2004年2008年
WBC 2006年2009年2013年

ロビー・コルデマンスRobbie "Rob" Cordemans , 1974年10月31日 - )は、オランダプロ野球選手投手)。

台湾球界での登録名は、柯德曼

経歴[編集]

1996年には、アトランタオリンピックの野球競技でオランダ代表に選手された。

2000年には、シドニーオリンピックの野球競技でオランダ代表に選出された。

2004年には、アテネオリンピックの野球競技でオランダ代表に選出された。

2005年は、母国オランダのプロ野球リーグであるフーフトクラッセDOORネプチューンズでプレーした。

2006年3月に、この年から開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオランダ代表に選出された。この年からは、SV ADOでプレーした。

2007年のシーズン途中に、第1回WBCでの台湾戦の好投が認められて、台湾の野球リーグである中華職業棒球大聯盟統一ライオンズに入団した。しかし、成績が残せずシーズン途中に退団した。退団後は、古巣のSV ADOに復帰した。同年限りで、退団した。

2008年は、スパルタ・フェイエノールトでプレーした。シーズン途中には、北京オリンピックの野球競技でオランダ代表に選出された。

2009年3月には、第2回WBCのオランダ代表に選出された。2大会連続での選出となった。 同年限りで、フェイエノールトを退団した。

2010年からは、L&Dアムステルダム・パイレーツでプレーしている。

2011年9月20日に、第39回IBAFワールドカップのオランダ代表に選出された事が発表された[1]。この大会では、欧州勢としては、1938年大会イギリス代表以来73年ぶりの優勝を果たした。この栄誉を称えて代表24人全員に「サー」の爵位が贈られ[2]、コルデマンスにも贈られた。

2013年3月には、第3回WBCのオランダ代表に選出された。3大会連続での選出となった。

2015年2月17日に、「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の欧州代表に選出された事が発表された[3][4]

プレースタイル・人物[編集]

  • 140 km/h前後のストレートに曲がりの大きなスライダーチェンジアップを武器とする先発投手である。
  • オランダリーグ、独立リーグ、台湾プロ野球を通算すると200勝を挙げ、代表経験も豊富なオランダ球界の大ベテランの選手である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 統一 8 7 0 0 0 3 4 1 0 .429 202 46.0 52 9 17 0 1 28 1 0 30 23 4.50 1.50
CPBL:1年 8 7 0 0 0 3 4 1 0 .429 202 46.0 52 9 17 0 1 28 1 0 30 23 4.50 1.50
  • 2012年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 19(2007年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]