ラマダーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラマダンから転送)
移動: 案内検索

ラマダーン(またはラマダン)(アラビア語: رمضانペルシア語: 発音:Ramazan ‎)は、ヒジュラ暦の第9月。この月の日の出から日没までのあいだ、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。「ラマダーン」を断食のことと誤って捉える人も少なくないが、ラマダーンとはあくまでもヒジュラ暦における月の名である。この断食の習慣は、624年マッカの大規模な隊商をムハンマドが300人ほどの当時の信者全員と共に襲おうとし、それの阻止にやってきたマッカの部隊を返り討ちにできたことを神の恩寵と捉え、記念したことに始まる[1]

名称[編集]

ペルシア語など非アラビア語圏における発音に基づけば、ラマザーンないしラマザンとも書ける。ラマダーンのダの音ض現代標準アラビア語音dˤ)はダードと呼ばれるが、これは他の言語において近似の難しい音である。古典アラビア語の段階(少なくともシーバワイヒが記述・規範両面にまたがる文法を書いたころは)にはザとダとラの混じったような咽頭化音であった(有声咽頭化側面破裂破擦摩擦音)。そのため、ペルシア語、トルコ語ウルドゥー語など西アジア、南アジア、中央アジアの諸言語のように、比較的古い時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをzの音で取り入れる例が多いため、「ラマザン」「ラマザーン」となる言語が多い。インドネシア語など東南アジアの諸言語のように比較的新しい時代にアラビア語から借用した言語では、ダードをdの音で取り入れて「ラマダン」となる例が多い。スワヒリ語ではダードを摩擦子音dh(ð)で取り入れている語が多く、ラマダーンはramadhani(ラマザニ)と呼ばれている。ハウサ語では、dとlのそれぞれで取り入れた語形が共存する。それぞれ古典アラビア語や現代標準アラビア語の発音を各言語なりに借用した結果である。

期間[編集]

イスラム暦は純粋な太陰暦閏月による補正を行わないため、毎年11日ほど早まり、およそ33年で季節が一巡する。そのため「ムスリムは同じ季節のラマダーンを人生で2度経験する」と言われる。

ラマダーン月の開始と終了は、長老らによる新月の確認によって行われる。雲などで新月が確認できなかった場合は1日ずれる。夏に日が沈まない極地地方にあっては、近隣国の日の出・日没時間に合わせるなどの調整も図られる。

ラマダーン中には世界中のイスラム教徒が同じ試練を共有することから、ラマダーンはある種の神聖さを持つ時期であるとみなされている。

ラマダーンの期間中は、رمضان كريم(Ramadan Kareem、ラマダーン・カリーム)という挨拶が使われる。

西暦対照表[編集]

以下は、2012年までのラマダーン期間と2013年以降のラマダーンの予定日である[2]。西暦年、イスラム歴年、西暦開始日、西暦最終日の順で示す。

西暦 イスラム暦 最初の日 最後の日
2005年 1426年 10月4日 11月2日
2006年 1427年 9月23日 10月22日
2007年 1428年 9月13日 10月11日
2008年 1429年 9月1日 9月29日
2009年 1430年 8月22日 9月19日
2010年 1431年 8月11日 9月9日
2011年 1432年 8月1日 8月29日
2012年 1433年 7月20日 8月18日
2013年 1434年 7月10日 8月7日
2014年 1435年 6月28日 7月27日
2015年 1436年 6月18日 7月16日
2016年 1437年 6月6日 7月5日
2017年 1438年 5月27日 6月25日

断食[編集]

断食といっても1ヶ月間という期間を完全に絶食するわけではなく、日没から日の出までの間(=夕方以降から翌未明まで)に一日分の食事を摂る。この食事はふだんよりも水分を多くした大麦粥であったり、ヤギのミルクを飲んだりする。

旅行者や重労働者、妊婦・産婦・病人、乳幼児など合理的な事情のある場合は断食を免除されるなど、ひと口に「断食」と言ってもその適用範囲にはある程度の柔軟性と幅を持つ点にも注意が必要である。また、免除される者にも後で断食をやり直す必要のある者(旅行者や妊婦、生理中の者など)とやり直す必要の無い者(高齢者や乳幼児、回復する見込みの無い重病人など)がある。

断食をするかどうかは原則として宗教的モラルの問題である。旅行者は断食を免除されるというのを拡大解釈して、イスラム教徒の富豪の一部にはラマダーンに旅行に出かけ、断食逃れと呼ばれるようなことをする者もいる。(ただし、その場合別の日に断食をやり直さなければならない。)また、基本的に異教徒には強制されない。

断食はヒジュラの道中の苦難を追体験するために行われるものである。したがって、飲食物の摂取量を減らすことや、苦痛をえることじたいが目的ではない。あくまで宗教的な試練として課される。また、食べ物に対するありがたみを感じさせるためとも言われている。

日没になれば、すぐに食事を摂り、日が昇るぎりぎりまで食事を摂っている事が良いとされ、日没後も念のためにしばらく飲食を控えたり、日が昇るはるかに前から飲食を止めたりする事はふさわしくないとされている。 苦しみを和らげるためにあらゆる方法を取ることはまったく問題がない。例えば、仕事の無い日は、日中は礼拝をする時などを除いて寝ていてもかまわない。日中の空腹を和らげるために日昇前に多めに食事を取ってもまったく問題はなく、日中体内の水分が失われないように対策を採ることもまったく禁じられていない。また、一年を通して断食をすることは完全に禁止され、昼夜を通して断食することも禁じられている(ただし、預言者ムーサーモーセ)やイーサーイエス)は例外的に昼夜を通して断食を行ったことがあるとされている)。慣例的にラマダーンの前日は断食を行わないこととなっている。

断食の成立には意図が大きくかかわっている。例えば断食をしているのを忘れうっかり何かを飲み食いしてしまっても、断食は無効にはならない。一方、例え飲食を行っていなくても、断食をしていると言う意図がなければそれは無効になるとされている。例えば、あまりの苦しさに断食をやめ、飲食物を探したが、日没まで見つからなかったとしてもそれは断食を行ったことにはならない。

むしろラマダーン中は日が沈んでいる間に食い溜めをするため(そのために日が出ていない時刻に人を起こす者が巡回していることさえある)夜食が盛大になり、通常より食糧品の売れ行きが良くなったり太る人が多くなるといわれる。

断食期間中に禁止されている行為は、飲食、喫煙、性行為、投薬(ただし健康上支障をきたす者は断食が免除されるので、投薬もやむをえない)、故意に物を吐く事などである。唾を飲み込む事や、うがい、歯磨き、入浴、昼寝などは許されている(イスラーム文化センター 断食ガイド他、参照)日没後も、イスラームで禁止されている物は言うに及ばないが、禁止か否か明確でないような物を食べることも避けるべきだとされている。なお、イスラーム過激派の中には、ラマダン中、支配地域の電気を止めるなど、市民生活に重大な影響を与える措置を取る場合もある[3]

ラマダーン明けの祭りはイド・アル=フィトルと呼ばれ、盛大なものである。

非イスラム教徒にとってのラマダーン[編集]

イスラム教徒が多数派となっている国や地域において、非イスラム教徒も外での飲食などで自粛が求められる場合もある。(ただし、ムスリムが断食によって得られる利益は、非イスラム教徒が断食を行っても一切無いとされている。)飲食店が営業を控えるなどの影響が出てくる。酒が入手できた地域でも、ラマダーン期間は入手が困難になることがよくある。また、イスラム教を侮辱したととられかねない言動は、なおさら慎むことを要求される。ラマダーンでの断食を実行しないイスラム教徒も最近は増えているものの、イスラム教徒と思われる人たちとの共同作業において、ラマダーンについての配慮が求められてくる。ラマダーン中に、イスラム教徒が多くいる国に滞在するときは、注意が必要との指摘がある。

株式相場などでオイルマネーの影響を考えると、ラマダーン期間は、少し低調の方に動くとされている。また、地域紛争では、ラマダーン期間は、戦闘行為が自粛される方向にあったとされていたが、そうとは限らない。最近のアフガニスタンタリバーンなどは、ラマダーン期間にもかかわらず、積極的に攻勢に出ることもある。

断食が行えない高齢の者は、断食が免除されるため、イスラム教徒が多数派の国においては、当然高齢者よりも若年者のほうが積極的に断食を行うのが普通である。ところが、イスラム教徒が少数派の国では、社会的制約の多い若年者よりも、退職して社会的制約が少ない高齢者のほうが、むしろ積極的に断食を行っている場合がある。つまり高齢者と若年者の立場が逆になっている。イスラム教国なら、もう断食が免除されるような超高齢者が、非イスラム教国では普通に断食を行っていることも珍しい事ではない。

2012年のロンドンオリンピック2014 FIFAワールドカップがそれぞれ開催期間とラマダーンが、たまたま同じ期間に重なった。

厳格なイスラム法を採用しているサウジアラビアでは、ラマダーンの期間中、非イスラム教徒の外国人が公共の場で飲食や喫煙をした場合、国外追放すると発表している[4]

一方、無宗教の立場を取る中国においては、ラマダーンの断食は規制の対象である[5]

脚注[編集]

関連項目[編集]