カターイフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ataef.jpg

カターイフアラビア語: قطايفUNGEGN式 :Qatāif)は、中東菓子。カダーイフ、カタイエフ、カタイフ、ガダーイフと表記する場合もある。「ق」(「Q」)を発音しない地域ではアターイフ(アタイエフ、アタイフ、アダイフ)になる。概して、円形のパンケーキ状の軟らかい生地で、チーズもしくは乳脂肪クリームや、ナッツを包んで揚げる。オーブン焼きの場合もある。出来たものに甘いシロップをかけて食べる。

起源はファーティマ朝である[1]イスラム教ラマダーンデザートとしては、クナーファ(カダイフ)とともに最もよく知られている[1]。ラマダーンのイフタール[2]の代表的なデザートである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b The Ramadan Experience in Egypt アシャルク・アル・アウサト新聞(en:Asharq Al-Awsat) 2007年10月4日(英語
  2. ^ イフタール(アラビア語: إفطار英語: Iftar)は朝食。ラマダーンのイフタール(朝食)は、その日の断食を終えた日没後である。