ヤナ・ホフロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ヤナ・ホフロワ
Jana Khokhlova
Figure skating pictogram.svg
Jana KHOKHLOVA Sergei NOVITSKI EC2009 podium.jpg
2009年欧州選手権の表彰式で
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: 1985年10月7日(28歳)
出生地: モスクワ
身長: 158 cm
元パートナー: フェドール・アンドレーエフ
セルゲイ・ノビツキー
アンドレイ・マキシミーシン
元コーチ: アレクサンドル・スビーニン
イリーナ・チュク
ラリサ・フィリナ
元振付師: アレクサンドル・スビーニン
イリーナ・チュク
イーゴリ・ピヴォロヴィッチ
所属クラブ: CSKAモスクワ
Vorobievye Gory
引退: 2011年
ISU パーソナルベストスコア
アイスダンス: 203.26 2008 世界選手権
コンパルソリーダンス: 37.98 2008 世界選手権
オリジナルダンス: 65.99 2008 世界選手権
フリーダンス: 99.66 2008 欧州選手権

ヤナ・ヴァヂモヴナ・ホフロワロシア語: Яна Вадимовна Хохлова[1]1985年10月7日 - )は、ロシアモスクワ出身の女性フィギュアスケートアイスダンス選手。2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権優勝。2006年トリノオリンピック、2010年バンクーバーオリンピックアイスダンスロシア代表。パートナーはフェドール・アンドレーエフセルゲイ・ノビツキーアンドレイ・マキシミーシンなど。

経歴[編集]

ロシアモスクワに生まれ、5歳ころにスケートをはじめる。ジュニア時代にはアンドレイ・マキシミーシンとカップルを結成しロシアフィギュアスケート選手権に出場したが国際大会へ出場することはなかった。のちにカップルは解散し、2001年10月よりセルゲイ・ノビツキーと新たにカップルを結成した。

2002-2003シーズン、冬季ユニバーシアード競技会で優勝し、ロシア選手権で5位。翌2003-2004シーズンよりISUグランプリシリーズに参戦を果たした。

2004-2005シーズン、ISUグランプリシリーズでは表彰台に上ることはなかったが、2005年冬季ユニバーシアード競技会で2連覇を達成し、ロシア選手権では初表彰台の3位となった。トリノオリンピックを控えた2005-2006シーズン、ロシア選手権で2年連続の3位となり、トリノオリンピックおよび世界選手権代表に選出された。トリノオリンピック、世界選手権ともに12位に留まったものの、翌2006-2007シーズンからはISUグランプリシリーズで2大会連続で表彰台に上り、初のグランプリファイナルへも進出を果たした。

2007-2008シーズンには、昨シーズンに続いてグランプリファイナルに進出。ロシア選手権では初優勝を果たした。欧州選手権では自己最高得点を大きく更新し、初表彰台の3位となった。

2008-2009シーズン、3期続いて進出を果たしたグランプリファイナルには出場を取りやめたものの、ロシア選手権を連覇して迎えた欧州選手権で優勝を果たす。

2009-2010シーズン、グランプリシリーズスケートアメリカで表彰台を逃し、グランプリファイナルに出場することはできなかった。ロシア選手権を欠場して迎えた欧州選手権のときから、フリーダンスを変更して出場し3位となった。バンクーバーオリンピックに出場し9位。世界選手権に出場したが、ノビツキーの怪我の影響によりオリジナルダンスの後に棄権した。

ノビツキーとのカップルを解消してフェドール・アンドレーエフと組み、ゴールデンスピンに出場して5位となった。2011年9月、アンドレーエフの引退でカップルを解散。競技から引退し、コーチへ転進した。[2]

おもな戦績[編集]

大会/年 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11
冬季オリンピック 12 9
世界選手権 12 8 3 6 棄権
欧州選手権 10 4 3 1 3
世界国別対抗戦 4
ロシア選手権 7 5 4 3 3 2 1 1 4
GPファイナル 5 5 棄権
GPスケートアメリカ 4
GP中国杯 3 3 2
GPロシア杯 7 1
GPNHK杯 6 4 2 3
GPエリック杯 6 2
GPスケートカナダ 6
ババリアンオープン 2
モンブラン杯 2
ゴールデンスピン 5
ユニバーシアード 1 1
ネーベルホルン杯 2

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2011年2月15日-20日 2011年モンブラントロフィークールマイユール 2
59.11
2
85.16
2
144.27
2011年2月9日-13日 2011年ババリアンオープンオーベルストドルフ 4
46.43
2
82.22
2
128.65
2010年12月25日-29日 ロシアフィギュアスケート選手権サランスク 5
53.74
3
92.00
4
145.74
2010年12月9日-11日 2010年ゴールデンスピンザグレブ 6
46.92
4
72.66
5
119.58


2009 - 2010 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2010年3月23日-26日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 5
37.70
9
54.28
- 棄権
2010年2月19日-22日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 7
37.18
9
55.57
8
93.11
9
185.86
2010年1月19日-22日 2010年ヨーロッパフィギュアスケート選手権タリン 2
37.87
4
58.59
3
93.21
3
189.67
2009年11月13日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 2
36.94
5
49.53
4
81.78
4
168.25
2009年10月30日-31日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
36.30
2
56.48
3
87.79
2
180.57


2008 - 2009 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2009年4月16日-17日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 - 3
58.58
4
90.87
4
149.45
2009年3月24日-27日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 5
37.34
5
61.68
6
94.39
6
193.41
2009年1月20日-25日 2009年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ヘルシンキ 1
37.43
1
62.17
1
97.31
1
196.91
2008年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権カザン 1
38.09
1
61.35
1
95.34
1
194.78
2008年12月10日-14日 2008/2009 ISUグランプリファイナル高陽 - - - 棄権
2008年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 2
36.19
1
59.33
1
92.10
1
187.62
2008年11月5日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 3
35.68
4
55.12
3
88.70
3
179.50


2007 - 2008 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 3
37.98
2
65.99
5
99.29
3
203.26
2008年1月21日-27日 2008年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ザグレブ 3
37.37
3
60.03
3
99.66
3
197.06
2008年1月3日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権サンクトペテルブルク 1
41.32
1
65.46
1
106.04
1
212.82
2007年12月13日-16日 2007/2008 ISUグランプリファイナルトリノ - 5
58.30
5
95.28
5
153.58
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 3
34.23
3
57.84
3
94.89
3
186.96
2007年11月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 2
34.89
2
58.15
1
97.97
2
191.01


2006 - 2007 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 6
33.32
7
55.88
8
89.09
8
178.29
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 5
33.46
4
52.59
4
89.71
4
175.76
2007年1月4日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権モスクワ 2
37.15
2
60.11
2
95.68
2
192.94
2006年12月14日-17日 2006/2007 ISUグランプリファイナルサンクトペテルブルク - 5
53.31
5
88.03
5
141.34
2006年11月30日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 2
33.66
2
55.15
2
91.76
2
180.57
2006年11月9日-12日 ISUグランプリシリーズ 中国杯南京 3
31.61
3
53.98
3
88.27
3
173.86


2005 - 2006 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2006年3月20日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 11
31.1
16
46.54
12
84.51
12
162.15
2006年2月10日-26日 トリノオリンピックトリノ 14
30.90
13
47.15
11
86.43
12
164.48
2006年1月16日-22日 2006年ヨーロッパフィギュアスケート選手権リヨン 10
28.64
10
49.79
8
84.22
10
162.65
2005年12月1日-4日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 3
30.21
4
47.16
4
80.81
4
158.18
2005年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
28.12
5
46.02
7
75.91
6
150.05


2004 - 2005 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 7
29.76
7
44.99
7
81.40
7
156.15
2004年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダハリファックス 6
31.72
6
48.36
6
83.06
6
163.14


2003 - 2004 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 6
28.42
8
37.20
6
82.91
6
148.53
2003年11月11日-15日 2003年ゴールデンスピンザグレブ 4 4 3 3
2003年9月3日-6日 2003年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 2
31.12
4
42.05
2
81.41
2
154.58

プログラム使用曲[編集]

シーズン SD FD EX
2010-2011 ワルツ:Natasha’s First Waltz
歌劇『戦争と平和』より
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
アビイ・ロード
作曲:ビートルズ
オペラ「ユノーナとアヴォーシ」より
作曲:アレクセイ・リブニコフ
シーズン OD FD EX
2009-2010 ピーチェル街道に沿って
ロシア民謡
演奏:ムスリム・マゴマエフ
ポーリュシカ・ポーレ
作曲:レフ・クニッペル
ホテル・カリフォルニア
作曲:イーグルス
火の鳥
作曲:イーゴリ・ストラヴィンスキー
水族館
動物の謝肉祭より
作曲:カミーユ・サン=サーンス
2008-2009 Sam's Blues
by サム・テイラー
踊るリッツの夜
パガニーニの主題による狂詩曲
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
24の奇想曲
作曲:ニコロ・パガニーニ
禿山の一夜
作曲:モデスト・ムソルグスキー
山の魔王の宮殿にて
作曲:エドヴァルド・グリーグ
2007-2008 二つのギター
演奏:ポール・モーリア
禿山の一夜
作曲:モデスト・ムソルグスキー
山の魔王の宮殿にて
作曲:エドヴァルド・グリーグ
ストップ
ボーカル:サム・ブラウン
2006-2007 タンゴ・ジェラシー
作曲:ヤコブ・ゲーゼ
愛のアランフェス
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
Şımarık(Chu!Chu!は恋の合言葉)
曲:タルカン
黒い瞳
2005-2006 Derroche
by Ana Belén
Baila Baila Conmigo
by Domino
フラメンコボレロ
作曲:モーリス・ラヴェル
Şımarık(Chu!Chu!は恋の合言葉)
曲:タルカン
ストップ
ボーカル:サム・ブラウン
2004-2005 シング・シング・シング
作曲:ルイ・プリマ
Fever
パイレーツ・オブ・カリビアン
作曲:クラウス・バデルトハンス・ジマー
ストップ
ボーカル:サム・ブラウン
2003-2004 ハートブレイク・ホテル
すました女
曲:エルヴィス・プレスリー
だったん人の踊り
作曲:アレクサンドル・ボロディン
Şımarık(Chu!Chu!は恋の合言葉)
曲:タルカン

脚注[編集]

  1. ^ ロシア語ラテン翻字: Jana Vadimovna Khokhlova
  2. ^ Фигуристка Яна Хохлова вынуждена искать нового партнера

参考文献[編集]

外部リンク[編集]