サム・テイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サム・テイラー(Sam Taylor、1916年7月12日 - 1990年10月5日)は1960年代から1980年代にかけて当時のヒット曲を取り上げて人気を得ていたアメリカのテナー・サックス奏者である。「ハーレム・ノクターン」で知られる。

プロフィール[編集]

エピソード[編集]

日本のクラリネット奏者である北村英治と共演した際「このクラリネット、いい音するね。オレにくれよ」 と持ちかけるが断られる。理由は北村がサム・テイラーの音楽が好きでなかったから。 そのクラリネットは、サム・テイラーのファンである柳家小三治の手に渡った。

1974年12月31日開催の第25回NHK紅白歌合戦にゲスト出演、にしきのあきら「花の唄」の伴奏を担当した。また1978年10月2日放送「夜のヒットスタジオ」にゲスト出演し、都はるみの曲「なんで女に」に合わせサックスを演奏した。

ディスコグラフィー[編集]