ビーレフェルトの陰謀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツにおけるビーレフェルトの位置

ビーレフェルトの陰謀(ビーレフェルトのいんぼう、ドイツ語: Bielefeldverschwörung英語: Bielefeld Conspiracy)は、ドイツインターネット利用者(特にネットニュース利用者)によって語り継がれているジョークビーレフェルトは、ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州にある人口33万人の都市である。ジョークの骨子は、「ビーレフェルトという都市は実在しない」ということ、「ビーレフェルトの存在を信じさせようとする巨大な陰謀がある」という点にある。1994年にはじめて登場したこの「陰謀論」は、単なる都市伝説というよりも一種の風刺であり、サイバーカルチャーとして定着している。

内容[編集]

「実在しない」ビーレフェルト市

「陰謀」のプロット[編集]

※以下は、ジョークとして語られる「陰謀」のプロットである。

ビーレフェルトという都市は実在しない。「やつら」(ドイツ語ではSIE、英語ではTHEY,THEM)は当局と手を結び、「ビーレフェルト」なる架空の都市があたかも実在するかのようなプロパガンダをおこなっているのである。

試みに、相手に3つの質問をしてみよう。

  1. あなたは、ビーレフェルトから来た人を知っていますか?
  2. あなたは、ビーレフェルトに行ったことがありますか?
  3. あなたは、ビーレフェルトに行ったという人を知っていますか?

ほとんどの人は、3つの質問すべてに「いいえ」と答えるはずだ。もしも1つでも「はい」と答えた人物がいたら、その人物(あるいはその知人)は「やつら」の陰謀に加わっているのである。

「信奉者」の行動様式[編集]

「陰謀論の信奉者」は、ビーレフェルトをネタとして、それにふさわしい振る舞いをする。ネットを監視している「やつら」の目を欺くために Bielefeld の一部を伏字にする(B*e*e*e*d, B**l*f*ld, Blfd など)のはその代表的な例である。BIではじまるビーレフェルトの自動車ナンバープレートや、ビーレフェルト大学の卒業証書を「偽造」とこき下ろしたり、ビーレフェルト関連のニュースを「やつらのプロパガンダ」と論評するのも、「お約束」のギャグ (Running gagである。

誕生と展開[編集]

1994年5月16日キール大学 (University of Kielでコンピュータ科学を専攻する学生であったアヒム・ヘルト(Achim Held)が、ニュースグループ de.talk.bizarre にこの「陰謀論」を投稿したのが、ことのはじまりである[1]。「ビーレフェルトの陰謀」はドイツ語圏のインターネットコミュニティに広がり、現在も人気は衰えていない。

「陰謀」10周年を記念するZDFの番組取材を受けたヘルトは、この「神話」のはじまりがほんのジョークとして投稿されたものだと答えている。ヘルトによると、学生パーティーでニューエイジ雑誌の愛読者と話をしたことがきっかけで、このネタが生まれたのだという[2]

このジョークがネット上でなぜここまでの人気を得たのかについては、互いに矛盾する諸説がある。ニュースグループの管理者と、ビーレフェルトを地盤とする掲示板 Z-Netz ユーザーとの間で文字コードエンコードをめぐってフレーミングがあったことが、このジョークの拡大に影響したのだともいう。次節(#流行の要因)に掲げるようなビーレフェルトという都市自体の微妙な存在感もあいまって、ネットユーザーたちによってさまざまなストーリーが追加され、「陰謀論」は発展を見せることになる。

「ありもしない都市が存在するかのように信じさせる陰謀がいつ始まったのか、なぜ仕組まれたか」についてははっきりしたストーリーは定まっていない。CIAモサッド、あるいはビーレフェルト大学 (Bielefeld Universityに宇宙船を偽装させている宇宙人の仕業であろうとされている[3][4]

2009年、ビーレフェルト大学(芸術学部も有する)の学生は、この「陰謀」を題材とした映画『ビーレフェルトの陰謀』(原題:Die Bielefeld Verschwörung)の製作を企画した。映画製作には大学や地元スポンサーからの出資を受けた。スタッフの大部分は学生と大学職員であり、プロの映画人では女優の Julia Kahl やカメラマンの Alexander Böke が参加している。脚本は Thomas Walden。2010年6月2日にビーレフェルトで公開された[5][6]

流行の要因[編集]

「宇宙船が偽装した」ビーレフェルト大学。

「ビーレフェルトの陰謀」の流行を支えたものとして、いくつかの要因が挙げられる。陰謀論の形を取って「陰謀論」そのものを風刺したジョークであり、陰謀論のばかげた論理を笑いものにしている点は要因の一つに挙げられる。

題材となったビーレフェルト市の「大都市なのにぱっとしない」微妙な存在感も、人気の要素である。ビーレフェルトはルール地方ベルリンの中間という国内交通上重要な位置にあり、ドイツの大動脈というべきアウトバーンA2や、高速列車ICEも走っている。また30万を超える人口を持つビーレフェルトは、中小都市の多いドイツでは比較的大きな都市であると言える(2010年の人口統計では全国19位)。しかし、アウトバーンは郊外を通過するだけであり、鉄道駅 (de:Bielefeld Hauptbahnhofは市の中心部にあるものの、かつてはまるで仮設駅のような雰囲気であった(2007年に大規模な改修工事が行われたため事情は変わった)。人々はビーレフェルト市が大きな都市であることに気が付かないまま通過してしまう。

ビーレフェルトは第二次世界大戦で激しい爆撃を受けたために歴史的な町並みや建物も少なく[7]、全国的に知られた観光地もない。また有力な企業や公共機関があるわけでもなく、ニュースに取り上げられることがあまりない。ビーレフェルトに特徴的なものを挙げるならば、標準的なドイツ語から隔たっている方言があるが、ビーレフェルト方言を話す人物と会ったとしても忘れてしまう。市に本拠を置くプロスポーツチームとしてはサッカーのアルミニア・ビーレフェルトがあるが、ブンデスリーガ一部昇格と降格を繰り返している(現在は3部に降格した)。これといった特徴がないビーレフェルトは、他の地域に住む多くのドイツ人にとっては印象に残らない。

市当局の反応や新たなインターネットサービスが、「陰謀論」に新しい題材を提供し続けている。

  • 1999年、市政府は新聞に Bielefeld gibt es doch! (ビーレフェルトは存在する!)と題する広告を載せた。しかし、よりによって掲載日が4月1日であったために、「陰謀論」に新たなネタを提供してしまった。
  • Google マップではビーレフェルト都心部の衛星画像の解像度は長らく低いままであった。また、衛星画像と道路地図のハイブリッド表示は大きくずれていた。「ビーレフェルトの陰謀」に組み込まれたのは言うまでもない。衛星画像のデータは2006年10月に更新され、都心部も詳細に見ることができるようになった。

ビーレフェルト市政府は市のイメージアップのために広報活動をおこなっているが、市長のオフィスには実在を確かめる電話やEメールがしばしば寄せられるという[2]

ドイツ以外のバリエーション[編集]

ドイツ以外でも、いくつかの都市・州はその「存在感が薄さ」がからかわれ、定番のギャグ(Running gag)の対象とされる。こうした地域を対象とした「ビーレフェルトの陰謀」のバリエーションも流行している。

[編集]

  1. ^ The first newsgroup posting (Archived version at Google Groups) (ドイツ語)
  2. ^ a b Transcript of the TV interview with Achim Held in 2004 (ドイツ語)
  3. ^ Die Bielefeld-Verschwörung — German page detailing the conspiracy, as originally setup by Achim Held in 1994. (ドイツ語)
  4. ^ Germany's Latest Conspiracy Theory at the Deutsche Welle website
  5. ^ Bielefake-Satire - Wir sehen uns nur in dieser Welt ... at Spiegel Online (2010-6-4) (ドイツ語)
  6. ^ Die Bielefeld Verschwörung - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  7. ^ 『毎日新聞』2013年2月21日付東京本社夕刊8面。
  8. ^ http://www.cs.indiana.edu/~kinzler/nodak.html

関連項目[編集]

  • アーグルトン - googleによって「実在しない町」が実在するものとして扱われた例
  • 宇都宮市 - お笑いコンビのU字工事がしばしば存在感の薄さをネタにする、人口51万人の都市
  • 鮫島事件 - 「ネットの闇」を象徴するような事件があり、徹底的に隠蔽されている、という陰謀論めいた話題をネタにするジョーク

外部リンク[編集]