ジャクソン・ランディ・ローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャクソン・ランディ・ローズ
Jackson Randy Rhoads
Rhoads 3.JPG
メーカー/ブランド ジャクソン・ギターズ
製造時期 1981年 -
構造
ボディタイプ ソリッド
フレット 22フレット/24フレット
ネックジョイント スルー、ボルトオン
材質
ボディ モデルにより異なる
ネック モデルにより異なる
フィンガーボード モデルにより異なる
ハードウェア
ブリッジ フロイド・ローズまたはTune-O-Matic
電気系統
ピックアップ 1基または2基のハムバッキング
カラーバリエーション
多種多様
その他
元々はランディ・ローズのシグネイチャー・モデル
テンプレート | カテゴリ

ジャクソン・ランディ・ローズ (Jackson Randy Rhoads)は、ジャクソン・ギターズが、1981年から製造しているエレクトリック・ギターランディV (Randy V)と呼ばれることが多い。ランディ・ローズの頭文字をとってRR、またはランディVの頭文字をとってRVと書かれることもある。ジャクソン・ギターズのホームページでは、ローズ (Rhoads)と書かれている。元々は、オジー・オズボーンなどで活躍したギタリストランディ・ローズのシグネイチャー・モデルとして設計された。最初に、シャーベル・ギターのグローヴァー・ジャクソン、ティム・ワトソン、マイク・シャノンによって作成されたローズのプロトタイプは、白色でピンストライプが施された非対称のフライングVであった[1]。このギターには、ネックとボディにメイプル、フィンガーボードにエボニーを用い、ミディアム・フレットストラトキャスタースタイルのトレモロユニット、セイモア・ダンカンピックアップを搭載していた。このプロトタイプは、ジャクソンの名前で、シャーベル・ワークスで作成された。

このギターは、当初「The Original SIN」と呼ばれる予定であったが、ランディ・ローズは、プロトタイプをより洗練させた白いギターを超音速輸送機コンコルドに見立てて[2]Concorde」と呼んでいた[3]。ランディ・ローズは、プロトタイプが元々のフライングVから十分に異なっていないと感じていたので、ランディは次のプロトタイプで、再びデザインを行った。彼のデザイン案は、楽器の"角"をよりサメのように鋭角にすることだった。2番目のプロトタイプは、この改訂されたデザインが採用され、黒いボディーに金色のピックガード、固定されたテイルピースが搭載されていた。

このギターは、グローヴァーのロッキング・チューナーとセイモア・ダンカンのピックアップ (TB-4 bridge and a SH-2 neck)が搭載された。更に2つのプロトタイプ (合計で4本)が作成された。2番目のプロトタイプギター2本が作成される前に、ランディ・ローズは航空事故で死亡したため、それらのプロトタイプはランディ・ローズのフィードバックを得ることができなかった。これらのギターは、ランディの死後、ジャクソン・ギターズのブランドから、販売されるようになった。ランディ・ローズ・モデルの人気は、ジャクソン・ギターの名前を有名にするのに一役買うことになった。

著名な使用者[編集]

当時キッスギタリストであった、ヴィニー・ヴィンセントがキッスのアルバム『Creatures of the Night』と、『Lick It Up』のツアー(1982年から1984年)で使用し、ランディ・ローズの死後、初めてランディ・ローズ・モデルを使用したプロ・ギタリストとなった。キッス離脱後のヴィンセントは2番目のVによりデザインを近づけた。ジャクソン・ギターズは1985年から1988年の間に、ヴィンセントに少なくとも3つのランディ・ローズ・モデルを基にしたギターを提供している。このデザインは、後にカーヴィンアイバニーズワッシュバーンからコピーモデルが販売された。

2001年には、チルドレン・オブ・ボドムシナジーのギタリスト、アレキシ・ライホローペ・ラトヴァラは、彼らのカスタム・ランディー・ローズ・モデルを所有していた。これらは、アルダーのボディーにスルーネック、24フレットでエボニーのフィンガーボードで白いボディー、金色のハードウェアが搭載されていた。また、電気周りは、JE-1000 preampとthe Jackson J-50BC pickupが搭載されていた。このモデルは、『the Jackson Randy Rhoads L/L』 (L/LはLatvala/Laihoの意味)と呼ばれる。ただし、全く同じであったわけではなく、アレキシ・ライホは黒、白/黄のべベル、金色のハードウェアのモデルを使用しており、ローペ・ラトヴァラは反転クロスインレイが施された黒いランディ・ローズ・モデルを使用していた。これらのモデルは、彼らの所属していたバンドのビデオで確認することができる。ジャクソンは、24フレット・ランディ・ローズ・モデルの黄色いべベルが施された黒いボディのモデルを限定で販売したが、短期間ですぐに完売した。

著名使用者一覧[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]