チルドレン・オブ・ボドム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チルドレン・オブ・ボドム
Children Of Bodom
アレキシ・ライホ(左)、ローペ・ラトヴァラ(マスターズ・オブ・ロック 2007年7月12日)}
アレキシ・ライホ(左)、ローペ・ラトヴァラ(マスターズ・オブ・ロック 2007年7月12日)
基本情報
別名 Inearthed (1993 - 1997)
出身地 フィンランドの旗 フィンランド
ウーシマー州 エスポー
ジャンル メロディックデスメタル[1]
パワーメタル[1]
活動期間 1993年 -
レーベル スパインファーム・レコード
ニュークリア・ブラスト
センチュリー・メディア・レコード
トイズファクトリー
ユニバーサルミュージック
アヴァロン・レーベル
公式サイト cobhc.com
メンバー
アレキシ・ライホ (ボーカルリードギター)
ヤスカ・ラーチカイネン (ドラムス)
ヘンカ・ブラックスミス (ベース)
ヤンネ・ウィルマン (キーボード)
ローペ・ラトヴァラ (リズムギター)
旧メンバー
アレクザンダー・クオファラ (リズムギター)
ヤニ・ピリショキ (キーボード、ギター)
サムリ・ミエッティネン (ベース)
著名使用楽器
ESP Signature Models

チルドレン・オブ・ボドムChildren Of Bodom)は、フィンランドメロディックデスメタルバンド。通称チルボドCOB

アレキシのギターとヤンネのキーボード速弾きを中心にしたリフソロが上に載るスピード感のあるクラシカルなメロディックデスメタルを信条としており、そのサウンドはアレキシのデスヴォイスを除けばオーセンティックなヘヴィメタルに近い。

バンド名の由来[編集]

1960年エスポー近くのボドム湖で実際に起こったボドム湖殺人事件がバンド名の由来である。4人の若い男女が湖畔でキャンプをしていたところ3人が斧で惨殺され、残る一人も発狂してしまった。2005年に残る一人が犯人であるとされ逮捕、裁判となるが無罪判決を受けており、依然として謎に包まれた事件である。事件の詳細は、同事件の項目を参照。

略歴[編集]

1993年春に、フィンランドの都市・エスポーで、前身バンドであるInearthedが学校の友人同士で結成される。中心メンバーは、アレキシ・ライホ (Vo/G)とヤスカ・ラーチカイネン (Dr)であった。その2人以外の初期メンバーは、流動的であったが、サムリ・ミエッティネン (B)、ヤニ・ピリショキ (G)が加入し4人体制で一応安定する。その後、1994年に1stデモテープ『Implosion of Heaven』を作成している。続いて、1995年に2ndデモテープ『Ubiguitous Absence of Remission』、1996年には3rdデモテープ『Shining』をリリースしている。また、このデモのリリースの間にメンバーチェンジが起こっており、1994年にヤニ・ピリショキが脱退、1995年には、サムリ・ミエッティネンも脱退した。同年に、アレクザンダー・クオファラ (G)、ヘンカ・ブラックスミス (B)が加入している[2]。また、それに加えて、ヤニ・ピリショキがキーボーディストとして復帰している。

3rdデモテープがきっかけとなり、ヨーロッパの小さなレーベルと契約する。そして、1stアルバムを制作するも、完成直後にスパインファーム・レコードから契約の申し出があり、所属レーベルとの契約を破棄するためにInearthedは解散する[2]。解散後、チルドレン・オブ・ボドム (Children Of Bodom)が結成され、スパインファーム・レコードと契約する[2]。形式上、解散・結成の形をとっていたが、実質的にはバンド名変更であった[注釈 1]。解散・再結成と前後して、ヤニ・ピリショキが解雇され、ヤスカ・ラーチカイネンの学友のヤンネ・ウィルマン (Key)が加入する。加入当初はアルバム作成時のみ参加のセッションメンバーとしての加入であったが、すぐに正式メンバーとして加入することとなった[2]。そして、同年に1stアルバム『Something Wild』でデビューした。同アルバムは、フィンランドのアルバムチャートで、最高20位を記録した[3]。また、1998年のシングル「Children Of Bodom」は、フィンランドのシングルチャートで8週連続1位を獲得した[4]

1999年に、2ndアルバム『Hatebreeder』をリリース。同年には、川崎クラブチッタと大阪で行われたスウェーデンのメロディックデスメタルバンドイン・フレイムスのライブのサポートバンドとして、日本でライブを行っている。そのライブスタイルは、速弾き主体でアンサンブルが崩れがちだがパワフルでスピード感にあふれるモノであった。同ライブの模様は、ライブ・アルバム『Tokyo Warhearts - Live In Japan 1999』として音源化されている。

2000年には、3rdアルバム『Follow The Reaper』をリリース。2001年には、ダーク・トランキュリティと共に再来日している。

2003年、4thアルバム『Hate Crew Deathroll』をリリースする。同アルバムで、フィンランドのアルバムチャートで初の1位を獲得した[5]。しかしリリースから間もなく、アレクザンダー・クオファラがツアーに対する疲れにより脱退。その後、元ストーンワルタリのギタリストで、アレキシと共にシナジーに在籍しているローペ・ラトヴァラをサポートに迎え活動を継続する。このサポート加入は、ローペ・ラトヴァラから参加の話が持ちかけられたことがきっかけであった[2]。当初、アレキシは「2つのバンドでギタリストが同じ」ということに疑問を持っていたことを話していたが、ミュージシャンとしてだけでなく人間的な面でもバンドに合っているということで、セッション参加から1年ほどが経過した2004年にローペが正式なメンバーになる。

2005年に、5thアルバム『Are You Dead Yet?』、2008年に、6thアルバム『Blooddrunk』をリリースする。また、2006年2009年には日本のヘヴィメタル・フェスティバル、「LOUD PARK」に出演した。

2011年に、7thアルバム『Relentless, Reckless Forever』をリリース。同年6月には、アモルフィスとのカップリングで来日。渋谷大阪名古屋横浜でライブを行った。

2012年に、ワールドワイドでは初のリリースとなるベスト・アルバム『Holiday at Lake Bodom: 15 Years of Wasted Youth』をリリースした。また、同年6月には、15年間所属したスパインファーム・レコードからニュークリア・ブラストに移籍した[注釈 2]。更に、10月には日本でのリリース契約をアヴァロン・レーベルと結んだことを発表した[注釈 3][6]。また、同年10月27日に行われたLOUD PARK 12に出演。

2013年、8thアルバム『Halo of Blood』をリリース。

備考[編集]

  • 各アルバムには鎌を持った死神が描かれており、名前は”Roy the Reaper”である[7]
  • 2011年現在、ギターおよびベースを担当する、アレキシ・ライホ、ローペ・ラトヴァラ、ヘンカ・ブラックスミスの3名共、ESPとエンドーズ契約している。
  • アレキシ・ライホとローペ・ラトヴァラは、キンバリー・ゴスのプロジェクトであるシナジー(SINERGY)のメンバーでもある。
  • キンバリーは過去にチルドレン・オブ・ボドムの一部の楽曲の作詞も行っていた。
  • キンバリーはアレキシの元妻。
  • 日本では、1stアルバムから3rdアルバムまでをトイズファクトリー、4thアルバムから7thアルバムはユニバーサルミュージック、8thアルバム以降はアヴァロン・レーベルからリリースを行っている。
  • 現在では、メロディックデスメタルを代表するバンドの一つとなっているが、初期の日本盤のでは、『様式美ブラックメタル』とされていた[注釈 4]
  • アレキシの腕にはキンバリー・ゴスの頭文字(KG)が彫ってある。ちなみにそのタトゥーはアレキシの初めてのタトゥーである。
  • アレキシとキンバリーは同じタトゥー、AK47を彫っている。ちなみにAはAlexi、KはKimberlyの意味で、アサルトライフル銃のAK-47とかけている。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • アレクザンダー・クオファラ (Alexander Kuoppala, 1974年4月11日 - ) : リズムギター (1995年 - 2003年)
  • ヤニ・ピリショキ (Jani Pirisjoki) : キーボード (1996年 - 1997年)、ギター (1994年)
    Inearthed時代のみの在籍。
  • サムリ・ミエッティネン (Samuli Miettinen) : ベース (1994年 - 1995年)
    Inearthed時代のみの在籍。

タイムライン[編集]

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

EP[編集]

  • 2004年 トラッシュド、ロスト&ストラングアウト - Trashed, Lost & Strungout

ライブ・アルバム[編集]

  • 1999年 東京戦心〜トーキョー・ウォーハート - Tokyo Warhearts - Live In Japan 1999
  • 2006年 カオス・リドゥン・イヤーズ〜ストックホルム・ノックアウト・ライヴ - Chaos Ridden Years

ベスト・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 2009年 スケルトンズ・イン・ザ・クローゼット - Skeletons In The Closet

映像作品[編集]

  • 2006年 カオス・リドゥン・イヤーズ〜ストックホルム・ノックアウト・ライヴ - Chaos Ridden Years - Stockholm Knockout Live

注釈[編集]

  1. ^ Inearthed結成から、その解散・Children Of Bodom結成までの経緯に関して、トイズファクトリーからリリースされた日本盤のライナーノーツ(『Something Wild』、『Hatebreeder』)では、Inearthed解散・Children Of Bodom結成の時期(ライナーノーツでは1994年頃とされている)や、メンバーの在籍時期が、Inearthedのデモテープのリリース歴や、バンドメンバーのインタビューなどとの矛盾する点が多く、間違いである可能性が高い。
  2. ^ スパインファーム在籍時にも、地域によってはニュークリア・ブラストからアルバムがリリースされたことがある。
  3. ^ 所属レーベルであるニュークリア・ブラストは日本盤のリリースについて日本コロムビアと契約しているが、なぜか日本コロムビアではなくアヴァロン・レーベルと個別に契約することにとなった。
  4. ^ ライナーノーツでは、メロディックデスメタルないし様式美デスメタルのような表現が用いられている。

参照元[編集]

  1. ^ a b Children of Bodom - チルドレン・オブ・ボドム - キューブミュージック・2014年6月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『Chaos Ridden Years』収録のドキュメンタリーにおけるメンバーのインタビューより。
  3. ^ http://finnishcharts.com/showitem.asp?interpret=Children+Of+Bodom&titel=Something+Wild&cat=a 2013年7月14日閲覧。
  4. ^ finnishcharts.com - Children Of Bodom - Children Of Bodom - 2014年4月17日閲覧
  5. ^ http://finnishcharts.com/showitem.asp?interpret=Children+Of+Bodom&titel=Hate+Crew+Deathroll&cat=a 2013年7月14日閲覧。
  6. ^ Children Of Bodom Hate Crew Official Website - News” (2012年10月3日). 2012年10月6日閲覧。
  7. ^ http://www.metalstorm.net/bands/trivia.php?band_id=72&bandname=Children+Of+Bodom

関連項目[編集]

外部サイト[編集]