ミカエル・オーカーフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル・オーカーフェルト
Mikael Åkerfeldt
カナダ・ウィニペグでのオーペスのライヴにて(2012年5月6日)}
カナダウィニペグでのオーペスのライヴにて(2012年5月6日)
基本情報
出生 1974年4月17日(40歳)
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
ジャンル プログレッシヴ・メタル
デス・メタル
プログレッシヴ・ロック
ジャズ・フュージョン
エクスペリメンタル・ロック
サイケデリック・フォーク
ドゥーム・メタル
ヘヴィ・メタル
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
プロデューサー
担当楽器 ボーカルギターベースピアノキーボード
活動期間 1990年 -
共同作業者 オーペス
Storm Corrosion
Bloodbath
Steel
カタトニア
ポーキュパイン・ツリー
スティーヴン・ウィルソン
Ayreon
公式サイト http://www.opeth.com/
著名使用楽器
PRS Guitars

ミカエル・オーカーフェルトLars Mikael Åkerfeldt1974年4月17日 - [1])は、スウェーデンミュージシャン

プログレッシヴ・デスメタルバンドオーペス」のリーダーで、ボーカリストギタリストソングライター。 また、デスメタル・バンド「Bloodbath」の元ボーカリストで、「Sörskogen」や「Steel」のメンバーでもあった。 スティーヴン・ウィルソンとは「Storm Corrosion」でコラボレートしている。

プログレッシヴ・ロックから影響を受けたソングライティングで知られ、クリーンバリトンからグロウルまで歌い分ける。

来歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

with Opeth[編集]

  • Orchid (1995)
  • Morningrise (1996)
  • My Arms, Your Hearse (1998)
  • Still Life (1999)
  • Blackwater Park (2001)
  • Deliverance (2002)
  • Damnation (2003)
  • Lamentations (Live at Shepherd's Bush Empire 2003) (2003)
  • Ghost Reveries (2005)
  • The Roundhouse Tapes (2007)
  • Watershed (2008)
  • In Live Concert at the Royal Albert Hall (2010)
  • Heritage (2011)

with Katatonia[編集]

  • Brave Murder Day (1996)- Harsh Vocals
  • Sounds of Decay (1997) – Harsh Vocals
  • Discouraged Ones (1998) – backing vocals, co-production on vocals
  • Tonight's Decision(1999) - – additional vocal production

with Bloodbath[編集]

  • Breeding Death (2000) - EP
  • Resurrection Through Carnage (2002)
  • The Wacken Carnage (2008, CD/DVD)
  • Unblessing the Purity (2008)
  • The Fathomless Mastery (2008)
  • Bloodbath Over Bloodstock (2011, DVD)

with Steel[編集]

  • Heavy Metal Machine (1998) EP

with Storm Corrosion[編集]

  • Storm Corrosion (2012)

with Steve Hackett[編集]

  • Genesis Revisited II (2012) - vocals on Supper's Ready

脚注[編集]

  1. ^ Mikael Åkerfeldt, Opeth - Official Website, Retrieved 2012-06-03

外部リンク[編集]