ミカエル・オーカーフェルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミカエル・オーカーフェルト
Mikael Åkerfeldt
Mikael Akerfeldt 2012.JPG
カナダウィニペグでのオーペスのライヴにて(2012年5月6日)
基本情報
出生 1974年4月17日(41歳)
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
ジャンル プログレッシヴ・メタル
デス・メタル
プログレッシヴ・ロック
ジャズ・フュージョン
エクスペリメンタル・ロック
サイケデリック・フォーク
ドゥーム・メタル
ヘヴィ・メタル
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
プロデューサー
担当楽器 ボーカルギターベースピアノキーボード
活動期間 1990年 -
共同作業者 オーペス
Storm Corrosion
Bloodbath
Steel
カタトニア
ポーキュパイン・ツリー
スティーヴン・ウィルソン
Ayreon
公式サイト http://www.opeth.com/
著名使用楽器
PRS Guitars

ミカエル・オーカーフェルトLars Mikael Åkerfeldt1974年4月17日 - [1])は、スウェーデンミュージシャン

プログレッシヴ・デスメタルバンドオーペス」のリーダーで、ボーカリストギタリストソングライター。 また、デスメタル・バンド「Bloodbath」の元ボーカリストで、「Sörskogen」や「Steel」のメンバーでもあった。 スティーヴン・ウィルソンとは「Storm Corrosion」でコラボレートしている。

プログレッシヴ・ロックから影響を受けたソングライティングで知られ、クリーンバリトンからグロウルまで歌い分ける。

来歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

with Opeth[編集]

  • Orchid (1995)
  • Morningrise (1996)
  • My Arms, Your Hearse (1998)
  • Still Life (1999)
  • Blackwater Park (2001)
  • Deliverance (2002)
  • Damnation (2003)
  • Lamentations (Live at Shepherd's Bush Empire 2003) (2003)
  • Ghost Reveries (2005)
  • The Roundhouse Tapes (2007)
  • Watershed (2008)
  • In Live Concert at the Royal Albert Hall (2010)
  • Heritage (2011)
  • Pale Communion (2014)

with Katatonia[編集]

  • Brave Murder Day (1996)- Harsh Vocals
  • Sounds of Decay (1997) – Harsh Vocals
  • Discouraged Ones (1998) – backing vocals, co-production on vocals
  • Tonight's Decision(1999) - – additional vocal production

with Bloodbath[編集]

  • Breeding Death (2000) - EP
  • Resurrection Through Carnage (2002)
  • The Wacken Carnage (2008, CD/DVD)
  • Unblessing the Purity (2008)
  • The Fathomless Mastery (2008)
  • Bloodbath Over Bloodstock (2011, DVD)

with Steel[編集]

  • Heavy Metal Machine (1998) EP

with Storm Corrosion[編集]

  • Storm Corrosion (2012)

with Steve Hackett[編集]

  • Genesis Revisited II (2012) - vocals on Supper's Ready

脚注[編集]

  1. ^ Mikael Åkerfeldt, Opeth - Official Website, Retrieved 2012-06-03

外部リンク[編集]