ロビン・クロスビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロビン・クロスビー
Robbin Crosby
基本情報
出生名 Robbinson Lantz Crosby
別名 KING
出生 1959年8月4日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンディエゴ ラホヤ
死没 2002年6月6日(満42歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ハードロック
ヘヴィメタル
職業 ギタリスト
活動期間 1978年 - 2002年
共同作業者 ラット
Call of the Wild→Secret Service
著名使用楽器
Jackson King V

ロビン・クロスビー(Robbin Crosby、1959年8月4日 - 2002年6月6日)は、LAメタルの頂点に君臨し、ラット(RATT)のバンドメンバーとして活躍したロックギタリスト

人物[編集]

1991年のRATT最後の来日公演を最後にバンドを脱退。半年後に自己の新バンド、Call of the Wildを結成(初代ドラマーはWingerのリーダーであったKip Wingerの弟であるNate Winger)するも同名バンドが既に存在していた為、バンド名を変名。クロスビーがラット結成前に活動していたバンド名であるSecret Serviceを使用しての活動を試み、プリ・プロダクション等の制作を数回行うが一切の音源発表に至らず。

尚、Call of the Wild結成当初、当時ロスに移住したばかりの日本人ギタリスト、木暮“シャケ”武彦RED WARRIORS)にバンド参加を要請した経緯があるが実現せず。その後、バンド名をSecret Serviceに変名後も激しいメンバーチェンジを繰り返す中に他の日本人らしきギタリスト(Sato FujimotoTommy Asakawa)の参加記録もある程、日本びいきの傾向があった模様。

2m 近い身長のせいかニックネームは"KING"。その圧倒的な存在感と親しみやすい人柄からLAメタル界の"KING"として他のミュージシャンからも敬愛された。1988年にはリリアン・アクス (Lillian Axe) のデビューアルバムをプロデュースしている。

しかし、薬物中毒による注射器の使い回しが祟り、2002年にエイズにより死亡(検死報告によれば直接の死因はヘロインの過剰摂取、エイズの合併症により内臓の機能が著しく低下していたことが影響したとされる。死亡時の体重は180kgを超えていた。[1] 闘病苦からの自殺説あり)。42歳。晩年は車椅子生活を余儀なくされていた。

メガデス(Megadeth)の中心人物であるデイヴ・ムステイン(Dave Mustaine)がトレードマークとして使用し続けているギター(Jackson King V model)は元来、クロスビーのシグネチャーモデルとして開発されたモデルである。

脚注[編集]

  1. ^ Gil Kaufman. “Ratt Guitarist Robbin Crosby Dies”. Vh1.com. 2012年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]