コットン (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コットン』(COTTOn)は、サクセスが開発し、同社やその他の会社から1991年に第1作が発売されたシューティングゲームのシリーズである。

特徴[編集]

スタンダートな2D型横スクロールシューティングゲーム。スクロールは強制型、一部に上下方向のスクロールもある。発売当初は女の子向けの作品と宣伝もしていたが、2008年現在では『萌えキャラ・シューティング』の走り的な存在と認識されている。

大半のシューティングがSFによる近(遠)未来的な世界観にてメカニカルに演出されているのに対し、このゲームはファンタジーの世界観をメインに押し出している。

アーケード版初代作品は、他の作品同様2周クリアで真のエンディングとなるが、2周目のプレイには1クレジット追加投入する必要がある。

システム[編集]

基本は選択自機なしの1人用シューティング。

ステージクリア時のボーナスゲームは、画面上部から湯呑みが降ってきて、それを取るというものである。なお、湯呑みを取らず、全て避けることに成功すると、ボーナス加点となる。

使用魔法[編集]

1ゲーム中にて使える魔法は3種類。

ポイント攻撃系[編集]

火竜(かりゅう) -FIRE DRAGON-
通常シューティングで言うショットに相当。炎の龍を呼び出して敵を倒す。
雷(いかづち) -THUNDER-
ワインダービームもしくはレーザーに相当。電撃で前方の敵を倒す。持続時間が長い。
とんでけ〜 -FIRE FAIRY-
ホーミングミサイルに相当。オプションの妖精を炎で包み敵に体当たりさせて倒す。

広範囲攻撃系[編集]

あわあわ -BUBBLE-
ボム(爆弾)に相当。らせん状に泡を飛ばして近づく敵を倒す。サーチタイプの敵に有効。
ながれぼし -TWINKLE STAR-
広範囲ボムに相当。空から流星雨を呼び出し全画面上の敵全てに当てて倒す。

防御系[編集]

バリア -BARRIOR-
その名の通りバリアを張り巡らす。敵の攻撃や体当たりに対して3回まで有効。

基本のあらすじ[編集]

ナタ・デ・コットンはとっても食いしんぼの魔法使い。特に珍味のWILLOW(ウィロウ)が大好物。現在、世界は魔物で溢れ出し現在進行形で大ピンチを迎えているが、食い気のコットンはそんなコトお構いナシにWILLOWを求めてふらふらしていた。そんな彼女の前に現れたのが妖精のシルク。彼女が語るには世界に出没している魔物とそのボスを倒せばWILLOWをいっぱい食べられるとの事。何も考えていないコットンは持ち前の気楽さで気安く魔物退治を引き受け、食い気オンリーで大きな危険に飛び込んでいくことになる。

キャスト[編集]

  • ナタ・デ・コットン - (声:由口貴恵(アーケード版等)/TARAKO(PCエンジン版)/嶋崎はるか(コットン2及びブーメラン))
  • シルク - (声:笠原留美(PCエンジン版)/チャイルド秋恵(コットン100%にて、シルクのイメージモデルとしてCMやCD等で声を演じていた))
  • アプリ・ケ・パンプキン - (声:横手久美子

シリーズ作品一覧[編集]

コンピューターゲーム[編集]

PCエンジン版『コットン』と、ネオジオポケット版『コットン -FANTASTIC NIGHT DREAMS COTTON-』は日本国外でも発売されている。

音楽CD[編集]

  • 1991年 コットン オリジナルサウンドトラック(ポニーキャニオン
  • 1994年 コットン100% フルアレンジヴァージョン(データム・ポリスター
  • 1994年 コットン100% イメージソング(データム・ポリスター)シングルCD
  • 1997年 コットン2 オリジナルサウンドトラック(ポニーキャニオン)
  • 2012年 コットン オリジナルサウンドトラック(ウェーブマスター) - CD4枚組。
    • DISC 1 『コットン』(X68000版、「Loading」のみ)、『コットン』(業務用)、『コットン オリジナル』(プレイステーション版)、『コットン』(ネオジオポケット版)
    • DISC 2 『パノラマコットン』(メガドライブ版)、『コットン100%』(スーパーファミコン版)
    • DISC 3 『コットン2』/『コットンブーメラン』、『コットン』(SoftBank携帯版)
    • DISC 4 『レインボーコットン』(ドリームキャスト版) を収録。

コミック[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『コットン オリジナルサウンドトラック』(ウェーブマスター)のブックレット
  2. ^ ゲームS!アプリの『コットン』であの"寿湯飲み"が当たる!! 」 ファミ通.com、2007年3月16日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]