カルメル会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルメル会紋章

カルメル会またはカルメル修道会ラテン語:Ordo fratrum Beatæ Virginis Mariæ de monte Carmelo, 略称:O.C.)は、キリスト教カトリック修道会。男子カルメル会と女子カルメル会、および第三会と呼ばれる在俗者会がある。12世紀パレスティナで起こり、現代でも世界中にその修道院がある。

概説[編集]

カルメル会は、12世紀にB修士(原典では「B」という頭文字のみが確認されている。もっともポピュラーな解釈では「ブロカルド」)という修道者がパレスティナのカルメル山中に修道院を築いて暮らしたことが起源とされる。会の名称はその地名からとられている。B修士はもともとカラブリアの出身であったが、巡礼者あるいは十字軍戦士としてパレスティナに赴き、発願して修道者となったといわれている。カルメル山は旧約聖書の『列王記上』で預言者エリヤバアルの預言者たちと対決し、勝利したことで知られる山である。

B修士の修道院に修道士が集まって生活を始めると、会則が出来、1226年に教皇ホノリウス3世に認可されたことで正式な修道会として成立した。13世紀に東方と西方の乖離が進んだため、カルメル会士たちは発祥地のカルメル山を離れてシチリアキュプロスに修道院をつくった。やがて会員の増加と共に、イギリスなどヨーロッパ中にカルメル会の修道院を立てていった。1259年にはルイ9世の援助によってパリにカルメル会修道院が設置されている。

14世紀以降、他の修道会にも見られた刷新運動が勃興し、原点回帰が叫ばれるようになった。その動きの中で特に大きな役割を果たしたのは16世紀の女子修道会におけるアビラのテレサであり、男子修道会における十字架のヨハネである。彼らの思想に共鳴し、後に続いたカルメル会士たちは改革を意味する跣足(せんそく=裸足)のグループと称するようになる。(後の跣足カルメル修道会 O.C.D:Ordo Carmelitarum Discultiatorum)このグループは、1593年に元のカルメル会から分離独立する。改革派は、17世紀には、聖ヨゼフ修族と呼ばれるスペイン派と聖エリア修族と呼ばれるイタリア派に別れ、そのまま独自の会憲、独自の総長をもって活動していたが、1875年、時の教皇福者ピウス9世の命により合併、O.C.D.となり、遵守派はO.Carm.と称するようになる。

その後、フランス革命と近代啓蒙思想の発達によって反カトリック教会・反修道会的風潮がヨーロッパに強まったことで、カルメル会も大きな打撃を受けたが、この危機を乗り越え、現代でも世界中に多くの修道院が存続している。

日本における活動[編集]

最初に女子カルメル会がフランスの詩人で外交官であるポール・クローデルの提案と海軍少尉でカトリック信者である山本信次郎の協力と、最初の邦人司教に叙階された早坂久之助師の招聘努力*[1]により1933年昭和8年)、フランスよりO.C.D.の修道女たちが来日、東京に修道院が設立された。1946年(昭和21年)に第三会員(信徒会)が発足、1951年(昭和26年)に共産主義政権樹立による迫害で中国から逃れてきたO.C.D.イタリア人男子会員が来日、名古屋に修道院を設立した。以来、女子では東京・調布市を始め、京都西宮北海道福岡など、男子は東京・上野毛世田谷区)をはじめ、金沢宇治、名古屋等に修道院が存在する。なお、カトリック東京大司教区補佐司教であった森一弘司教、同教区司祭井上洋治神父、星野正道神父は男子カルメル会出身である。

脚注[編集]

  1. ^ *早坂は女子カルメル会修道院を長崎に招くべく、1929年に最初の日本人志願女性をフランスのショレー(Cholet)に送り、修道院も当初、長崎教区への創立に向けて計画を進めていた。その後、諸事情により最初の創立地は東京に変更された。長崎創立は今日まで実現していない。

著名なカルメル会員[編集]

『カルメル山の聖母とカルメル会の諸聖人』(ピエトロ・ノヴェッリ画、1641年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]