ラファエル・カリノフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラファエル・カリノフスキー

ラファエル・カリノフスキーRafał Kalinowski 本名:ユーゼフ、1835年 - 1907年)は、ポーランドカトリック教会カルメル会修道司祭聖人

生涯[編集]

カリノフスキーはバルト地方のヴィルナに生まれ、大学に在籍していたが1863年、軍隊に入りロシアに対して起こした暴動に参戦した。しかし1864年、ロシア軍に捕らえられ仲間とともにシベリアに送られた。苛酷な環境の中、カリノフスキーは捕虜となった仲間を助け、10年間過ごした。

1874年に解放され、ヴィルナの学校で教師として働き、パリでの家庭教師を経て、リンツのカルメル会修道院に入り、「聖ヨゼフのラファエル」として誓願を立てた。司祭に叙階されツァルナの修道院長に選出され、説教者、霊的指導者として活躍した。1907年、ヴィドーチェで帰天(死去)。その後、教会によって聖性を認められ、1990年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖された。

出典[編集]

  • 『カリットへの旅』 トマス・ロアバック著 サンパウロ 2003年
執筆の途中です この項目「ラファエル・カリノフスキー」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。