アングリマーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アングリマーラ(央掘摩羅、おうくつまら、名前については後述)は、釈迦の弟子の一人。彼の伝記は仏教でも有名である。パーリ語経典の中部(Majjhima Nikaya)『アングリマーラ経』(Angulimala Sutta)及び漢訳大蔵経阿含部『央掘摩羅経』などで言及される。

名前[編集]

彼の名前は、経典などにより表記が異なるため、主なものを表記する。

  • サンスクリット語:Angulimālya
  • パーリ語:Angulimāla अंगुलिमाल
  • 他の音写:鴦掘摩羅、鴦仇摩羅ほか
  • 音写(略):鴦掘摩、鴦掘など
  • 訳(意訳含む)・意味:一切世間現、指鬘など

本名と出身[編集]

彼の本名はもともと、Ahinnsa アヒンサであり、アングリマーラは俗名である(後述)。コーサラ国のシュラバスティー(舎衛城)のバラモン出身。一説では父名 Gagga、母名 Mantaanii という。コーサラ国王プラセーナジットの輔師(Purohita)Bhaggava の子でタキシラに学んだという。また最初は Hinsa と名づけられるも後にアヒンサと呼ばれるようになったともいう。

12歳の時、パーラカシー村のマニー・ヴァードラというバラモンに師事し、四ヴェーダを学んでいた。このバラモンには500人の弟子がいたが、アヒンサはその中でも特に体力があり、また智慧が優れ容姿も端麗であったという。

アングリマーラの名の由来[編集]

ある日、師匠が王の招きにより留守だったが、師の妻がアヒンサに邪に恋慕し誘惑した。しかしアヒンサはこれに応じず断ると、その妻は自らの衣を破り裂き、悲相を装い師の帰りを待って「アヒンサに乱暴された」と偽って訴えた。之を聞いた師は怒り、アヒンサに(一説には術をかけたともいわれるが)、剣を渡して「明日より100人(あるいは1000人)の人々を殺してその指を切り取って、鬘(首飾り)にすれば、お前の修行は完成する」と命じた。彼は悩んだ末に、街に出て師の命令どおり人々を殺してその指を切り取っていった。これにより彼はアングリマーラ(指鬘)と呼ばれ恐れられた。なお仏教では、この頃の彼を指鬘外道(しまんげどう)と呼ぶことがある。

釈迦仏との出会い[編集]

人々はアングリマーラを恐れ、プラセーナジット(波斯匿)王に直訴した。また釈迦仏もこの話を托鉢から帰ってきた比丘からすでに聞いて、彼と街の人々を救わんとして出かけたという。アヒンサはアングリマーラと呼ばれるようになると、次々と人びとを殺し指を取っていき、ついにあと一人で修行が終わるところまできていた。そこへアヒンサの母親が彼の帰りが遅いのを心配して街へ出て行ったところ、アングリマーラとなった彼にばったり出会ってしまった。彼は母親を殺そうとするが、そこへ仏が駆けつけ彼を諭した。そして彼を祇園精舎に連れ帰り、彼はようやく仏弟子となった。彼を征伐しようとしていたプラセーナジット王は祇園精舎に立ち寄り、釈迦仏から事の次第を聞き引き戻ったという。

なお仏典によっては、彼が最後に殺そうとしたのは母親ではなく、釈迦仏に会って殺そうとしたという説もある。ちなみに彼を単なる賊とするものもあればないものもあり、彼の伝記を伝える各経典の成立を紐解く鍵となっている。

人びとからの迫害[編集]

釈迦仏の弟子となった彼は、街へ托鉢に出かけると、今までの経緯から人びとから多くの迫害を受けるようになった。あるときは彼を見た妊婦が難産となったこともあったという。また彼を見ていた少年から暴行されたこともあったという。彼はこれは自分がしたことの報いだと耐えて、ついに証果を得た(悟った)といわれる。

大乗経典である「央掘摩羅経」では、彼の来歴を説いて、彼は実は南方の一切宝荘厳国にいる、一切世間楽見大精進如来の化現の身であるとし、大乗の法を得て、目連舎利弗は小乗であると、また大乗の菩薩である文殊菩薩をも呵責しているという。

出家後の善行[編集]

ある時アングリマーラが托鉢していると難産で苦しんでいる女性がいた。 何もできなかったアングリマーラは戻ってから、どのようにすればいいか釈尊に尋ねると釈尊は「私は一度も人を殺めたことはない、その徳によって母子は安全に出産できるだろう」と言うように答えた。 アングリマーラはそれは本当ではないので功徳はないのではないかと疑問を伝えが、釈尊は自分の言った通りに唱えなさいと答えた。 (ここで釈尊が「では、『私は出家して仏弟子として生まれてから一度も人を殺めたことはない』といいなさい」と答えたという説もある) アングリマーラがそのとおりに母親に唱えると、無事に子供が生まれた。

関連項目[編集]