Cover Flow

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Cover Flow
開発元 ジョナサン・デル・ストラザー、現在の開発はApple
最新版 RC1.2 (1.997) / 2006年9月11日
対応OS OS XWindows (iTunes)、iOS (iPod Touch、第1、2、3、4世代iPhone第3、4、5世代iPod Nano第6世代iPod Classic
種別 音楽ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
テンプレートを表示
Nuvola apps kview.svg 画像外部リンク
Searchtool.svg Cover Flowのインターフェース

Cover FlowとはiTunesFinder、他のApple製品に組み込まれているアニメーションする3次元グラフィカルユーザインタフェースでドキュメントのスナップショット、ウェブサイトのブックマーク、アルバムジャケット、写真を視覚的にめくる形式になっている。

画面上のスクロールバーやスクロールホイール英語版、ジェスチャーでブラウズしたり、リストにあるファイルを選ぶとき目的の画像が来るまでページをめくる。iPodやiPhoneではタッチスクリーン上で指を使ってスライドするかクリックホイールを使う。

歴史[編集]

Cover Flowはアーティストのアンドリュー・コールター・エンライトが構想し[1]、最初に実現させたのがMacintoshのインディーズ開発者であるジョナサン・デル・ストラザーだった。エンライトは後にCover Flowの実現に伴う混同を避けるためインターアクションスタイルとして「fliptych」と命名した[2]

2006年にアップルはCover Flowの技術を買収し[3]、実装された音楽アプリケーションのiTunes 7.0を同年9月12日にリリースした[4]。当初はスペースの入らない「CoverFlow」という名での実装だった。

スタンドアローンアプリケーションであるSteel Skiesの最終バージョンは2006年9月10日で次の日の終りまで無料配布されていたが、MacUpdateでは未だにダウンロード可能。

2007年1月9日、アップルがiPhoneを発表した時にCover Flowを採用するとも同時に発表した。

Worldwide Developers Conference開催中の同年6月11日にはスティーブ・ジョブズが基調講演でCover FlowをLeopardのFinderにおけるビューオプションとして搭載すると発表した。

同年9月5日、アップルはCover Flowが第3世代iPod nanoである新しいiPod classiciPod touchに搭載されるであろうと発表した。Cover Flowは第4世代iPod nanoに組み込まれ、加速度計を使うことでCover Flowが有効になり水平に回転する。

2008年3月14日、Mirror Worlds LLCはアップルを特許(第6006227、6638313、6725427、6768999)の侵害で提訴した (Mirror Worlds, LLC, vs Apple, Inc; Texas Eastern District Court) [5]

2009年2月24日、Cover FlowはSafari 4の一般公開ベータ版で搭載され正式版の最終バージョンは6月8日に公開された。Safari 4においてCover Flowは履歴、ブックマーク、RSSフィード、Bonjour、アドレス帳をブラウズする時に使用される。

2010年4月、アップルはCover Flowインターフェースのデザイン特許英語版を取得した[6]

同年10月1日、アップルは判決でCover Flowに関する特許侵害が認められるとしてMirror Worlds LLCに6億2500万円の支払いを命じられた[7][8]。2011年4月4日、デイヴィス判事は判決を覆した[9]

他の実装[編集]

  • オープンソースメディアプレイヤーのSongbirdではMediaFlowというCover Flowナビゲーションをアドオンで提供している[10]
  • 同じくオープンソースメディアプレイヤーのBansheeもClutterFlowというClutterツールキット英語版をベースにしたCover Flowライクのアドオンを提供している[11]
  • プロプライエタリメディアプレイヤーのMediaMonkeyではMonkeyFlowというCover Flowアドオンを提供している[12]
  • Unix系システムでCompiz Fusion(シフトスイッチャー)[13]KDE Plasma WorkspacesKWin 4.1以降で動作するカバースイッチ))[14]を使う時、起動しているアプリケーションをCover Flowアニメーションで切り替えることができる。

脚注[編集]

  1. ^ Dissatisfaction Sows Innovation, オリジナルの2005-12-25時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20051225123312/http://thetreehouseandthecave.blogspot.com/200BIH4/12/dissatisfaction-sows-innovation.html 2007年9月30日閲覧。 
  2. ^ The Fliptych Interface, http://thetreehouseandthecave.blogspot.com/2006/08/fliptych-interface.html 
  3. ^ CoverFlow, SteelSkies.com, http://www.steelskies.com/coverflow/ 
  4. ^ Apple Purchased CoverFlow For iTunes 7, http://replay.web.archive.org/20080520233029/http://macslash.org/article.pl?sid=06/09/13/1131238 
  5. ^ http://dockets.justia.com/docket/texas/txedce/6:2008cv00088/108627/
  6. ^ Patent D613,300, http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?patentnumber=D613,300. 
  7. ^ “Apple Challenges Big Award Over Patents”. New York Times. (2010年10月4日). http://www.nytimes.com/2010/10/05/technology/05apple.html?ref=technology 2010年10月5日閲覧. "Apple is challenging a jury verdict that could force it to pay as much as $625.5 million to a company founded by David Gelernter, a Yale computer science professor, for infringing three patents related to how files are displayed on the iPod, the iPhone and Macintosh computers." 
  8. ^ Decker, Susan, Apple Challenges $625.5 Million Mirror Worlds Patent Verdict, bloomberg, http://www.bloomberg.com/news/2010-10-04/apple-challenges-625-5-million-mirror-worlds-patent-verdict.html 2010年10月4日閲覧。 
  9. ^ Judge reverses $625.5 million patent judgement previously awarded to Mirror Worlds, http://www.edibleapple.com/apple-wins-judge-reverses-6255-million-patent-judgement-previously-awarded-to-mirror-worlds/ 
  10. ^ Songbird MediaFlow Add-on, http://addons.songbirdnest.com/addon/238 
  11. ^ Banshee ClutterFlow Add-on, http://sourceforge.net/projects/clutterflow/ 
  12. ^ MonkeyFlow Add-on, http://www.mediamonkey.com/forum/viewtopic.php?t=31402 
  13. ^ Plugins/Switcher (Compiz Fusion Wiki), accessed 2007-10-29.
  14. ^ Cover switch effect (Martin Graesslin, YouTube video)