高橋祥平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高橋 祥平 Football pictogram.svg
名前
愛称 ショウヘイ
カタカナ タカハシ ショウヘイ
ラテン文字 TAKAHASHI Shohei
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1991-10-27) 1991年10月27日(27歳)
出身地 東京都東大和市
身長 180cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ジュビロ磐田
ポジション DF / MF
背番号 41
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012 東京ヴェルディ 111 (9)
2012-2014 大宮アルディージャ 66 (7)
2015-2016 ヴィッセル神戸 39 (2)
2017- ジュビロ磐田 62 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

高橋 祥平(たかはし しょうへい、1991年(平成3年)10月27日 - )は、東京都出身のサッカー選手。ポジションはセンターバックJリーグ1部(J1)ジュビロ磐田所属。

来歴[編集]

ジュニア、ジュニアユース、ユースと、小学生年代から高校生年代まで東京ヴェルディの下部組織育ち。高校3年次の2009年前年にJ2降格が決まり主力の多くを放出したトップチームの事情もあり、開幕前キャンプにユース所属ながら帯同。新任の高木琢也監督の目に留まり、2月6日2種登録される[1]。さらに開幕スタメンの座を勝ち取りフル出場。17歳4カ月8日での開幕戦先発は稲本潤一の17歳6カ月25日を更新するJリーグ新記録であった。その後もセンターバックとしてスタメンに定着し、5月28日にはA契約を締結[2]。第25節の愛媛FC戦でDF登録ではJ最年少ゴールを決めた。 2010年は土屋征夫富澤清太郎のセンターバックコンビからスタメンを奪えなかったが、左サイドバックとして出場し幅を広げた。2011年はボランチとしても出場し上位進出に貢献、U-22日本代表メンバーにも選出された。

2012年はチーム全体の得点力向上のため川勝良一監督から積極的なシュートを求められ、DF登録でありながらチーム2位の6ゴールを記録するなど得点源としても欠かせぬ戦力となった[3]。リーグ戦では出場停止の4試合を除く全試合(38試合)に出場[4]
同年オフに横浜F・マリノス京都サンガF.C.[5]大宮アルディージャ[6]などの複数クラブが高橋の獲得に動いていると報道された。

2012年12月30日大宮アルディージャへの完全移籍が発表された[7]

2014年12月29日、J2へ降格した大宮からヴィッセル神戸への完全移籍が発表された[8]2015年は開幕戦こそスタメンを外れるが、第2節川崎フロンターレ戦でスタメン出場するとその試合で早速移籍後初得点。負傷による欠場もあったが、それ以外はコンスタントに試合に出場した。2016年8月27日浦和レッズ戦にスタメン出場したことで、J1通算100試合出場を達成。その試合で得点に絡むプレーを見せ、ヴィッセル神戸が試合後に行っているMr.ファイティングスピリット賞を受賞し、インタビューでは独特のキャラクターで会場を盛り上げた。

しかしネルシーニョ監督のもとでは次第に出場機会を失っていったため、守備陣強化を目指していたジュビロ磐田のオファーを受け、2017年シーズンより完全移籍する事が発表された[9]。負傷により出遅れるものの、4月以降先発に定着し年間最少失点と最終ラインからの攻撃の起点として活躍した。

2018年シーズンは、2014年の大宮在籍以来となるリーグ戦34試合フル出場を果たした[10]

プレースタイル[編集]

身長180cmとセンターバックとして大柄ではないが[11][12]、ボールの落下点への到達スピードや読みの鋭さなど相手との駆け引きで勝負するタイプであると評されており、高橋自身もそうしたプレーを好んでいると発言している[11]

本職はセンターバックであるが、東京V時代の2010年より監督に就任した川勝良一の下でサイドバックやボランチとしても起用され、ユーティリティープレイヤーとしても評価されている[5][12]

大宮でのチームメイト・菊地光将から「性格的な熱さは祥平のいいところ」と評される[13]一方で、「自分の短所は短気なところ」と自分でも認めている[14]ように熱くなりすぎる面があり、後述のような問題行動として取り上げられたものも多い。菊地も「熱さをコントロールできれば本当にいい選手になるし、それができると思います」と評している[13]

エピソード[編集]

  • 2012年4月27日アビスパ福岡戦にて、審判員の確認できない位置でプレーと関係なく相手選手の木原正和の後頭部に後ろから頭突き行為を行い、更に相手の観客席に向けて中指を立てる挑発行為をしたとしてJリーグから3試合の出場停止を科され、クラブが公式サイトで謝罪する事態となった[15][16]
  • 2013年4月13日大宮アルディージャの選手として出場したセレッソ大阪戦において、1度目の警告を受けた後、審判員への異議で退場となり、ピッチを去る際にペットボトルを蹴り上げるといった行為をしたためにJリーグから2試合の出場停止の処分を科された[17]
  • 東京V在籍時のチームメイトであった先輩・土屋征夫を尊敬しており[18][3]、大宮移籍後に付けた背番号17、磐田移籍後の41は、どちらも土屋が各所属クラブで付けてきたことがある番号である。なお、磐田移籍後にサポーター会報誌上で「好きな番号」を問われた際にも「17」と回答している[14]
  • 私生活では、2014年3月25日に一般女性と結婚。同年9月9日に第1子男児、2016年12月20日に第2子女児が誕生[19]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 東大和サッカー少年団
  • - 2003年 ヴェルディジュニア
  • 2004年 - 2006年 ヴェルディジュニアユース
  • 2007年 - 2009年 東京ヴェルディユース (ウィザス高等学校)
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 東京V 32 J2 25 1 - 0 0 25 1
2010 23 20 1 - 1 0 21 1
2011 28 1 - 2 0 30 1
2012 4 38 6 - 2 0 40 6
2013 大宮 17 J1 32 1 4 0 3 0 39 1
2014 34 6 6 0 2 0 42 6
2015 神戸 8 26 2 6 0 3 0 35 2
2016 13 0 6 0 2 1 21 1
2017 磐田 41 28 0 4 1 3 1 35 2
2018 34 0 4 0 2 0 40 0
2019
通算 日本 J1 165 9 30 1 15 2 222 12
日本 J2 111 9 - 5 0 116 9
総通算 278 18 30 1 20 2 338 21
  • 2009年はユース所属

その他の公式戦

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 登録選手 追加・変更・抹消のお知らせ
  2. ^ 高橋祥平選手プロA契約締結のお知らせ 東京ヴェルディ
  3. ^ a b 【2013シーズン始動! ニューカマー・レコメンド】責任感備わった愛すべきやんちゃ坊主:高橋祥平 (東京V→大宮) J's GOAL (2013年2月15日)
  4. ^ 2012Jリーグ ディビジョン2 選手出場記録 東京ヴェルディ Jリーグ
  5. ^ a b 横浜 J2東京Vの21歳DF高橋獲りへオファー スポーツニッポン (2012年12月14日)
  6. ^ 大宮 元U-23代表で東京Vの高橋獲得へ! スポーツニッポン (2012年12月29日)
  7. ^ 高橋祥平選手移籍のお知らせ 東京ヴェルディ (2012年12月30日)
  8. ^ 高橋祥平選手 ヴィッセル神戸へ移籍のお知らせ 大宮アルディージャ(2014年12月29日)
  9. ^ 高橋 祥平選手が完全移籍加入 ジュビロ磐田(2016年12月6日)
  10. ^ タフ且つクリーンな証拠! 今季のJリーグで全試合フルタイム出場を果たした選手たちサッカーキング 2018年12月4日
  11. ^ a b 鉄壁守備が売りの大宮で異彩を放つ、“危なっかしい男”高橋祥平の魅力。(2/5) Number Web (2013年5月15日)
  12. ^ a b 大宮DF高橋が東アジア杯候補 日刊スポーツ (2013年7月8日)
  13. ^ a b 鉄壁守備が売りの大宮で異彩を放つ、“危なっかしい男”高橋祥平の魅力。(4/5)
  14. ^ a b ジュビロ磐田サポーターズマガジン Vol.125 「選手解体新書」での本人のコメント
  15. ^ 2012Jリーグ J2第10節における高橋祥平選手(東京V)の行為について Jリーグ (2012年4月29日)
  16. ^ 4/27(金)第10節アビスパ福岡戦での高橋祥平選手の非紳士的な行為について 東京ヴェルディ(2012年4月29日)
  17. ^ 2013 J1第6節 退場に伴う高橋祥平選手(大宮)の出場停止処分について Jリーグ (2013年4月19日)
  18. ^ 大宮アルディージャ 2013年度 選手プロフィール DF17 高橋祥平
  19. ^ “磐田 神戸から加入のDF高橋祥平に第2子誕生”. スポニチアネックス. (2016年12月20日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/20/kiji/20161220s00002000174000c.html 2016年12月20日閲覧。 
  20. ^ 【J2:第33節 FC東京vs東京V】プレビュー J's GOAL (2011年10月30日)

関連項目[編集]